忍者ブログ
「web-magazine GYAN GYAN」では、第三者的な視点でロックを検証してきましたが、当サイトではプライベートな感覚で、より身近にロックを語ってみたいと思います。
  ★ カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[10/30 shiba]
[10/29 matsuZACK]
[10/29 shiba]
[10/23 matsuZACK]
[10/23 kisato]
  ★ 最新記事
  ★ プロフィール
HN:
matsuZACK
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1962/02/15
自己紹介:
matsuZACKです。
“下天のうちをくらぶれば~”の年齢に到達してしまいました。
ミュージシャンを目指したり、
音楽評論家や文筆業を目指したり、
いろいろと人生の奔流に抵抗してきましたが、
どうやらなすがままに、
フツーの人におさまりつつあります。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ P R
  ★ カウンター
  ★ お天気情報
[2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
★2017/04/23 (Sun)
もうすぐ4月も終わり…
ということは、
今年も3分の1が過ぎてしまった、
ということになります。

などと言っていると、
GWがやって来て、

私が一年でもっとも苦手な、
雨がメインの季節…
梅雨がやって来て、

また暑い暑い夏が、
あっと言う間にやって来るのでしょうね。

誰か時間の流れを遅くしてくれないだろうか?(笑)

私はというと、

2月あたりから悪化した、
左の五十肩のおかげで、
何をすることもなく、
ただただ怠惰な日々を送っております。

今回の五十肩はかなり痛みが激しく、
重いものが持てないだけでなく、
長時間にわたってギターを弾いていると、
その後痛いやら痺れるやらで大変な騒ぎになるので、
なるべく左肩に負担をかけないように…
ギターにもできるだけ触らないようにしていましたが、
4月の中旬あたりから少しおさまってきたようで、
今日あたりはかなり楽になっています。

もうしばらくかかるかな?
このまま「引退」はしたくないのですが…

ギターを弾かない一方で、
最近ヤル気満々の「Guitar magazine」の特集に影響され、
ジャズファンクだの、
歌謡曲だの、
とにかくポップで耳障りのいい音楽を…
暇に飽かせて聴きまくってます。

ここが結局、
1970年代中盤以降のアメリカで、
売れる条件を満たしたハードロックとは?
などというテーマに興味を持ち、
エンジェルなどを研究するに至ったのであります。

このような流れの発端は…

1月に、
『KISS ALIVE! 1975-2000』という、
4枚組のCDを安価で手に入れたことからでした。

この作品は、
KISSのライヴアルバム3枚に、
(『ALIVE!』『ALIVEⅡ』『ALIVEⅢ』)
オクラ入りになっていた、
オリジナルメンバーによる再結成のステージを収めた、
『The Millennium concert 2000』を加えたものです。

じつは私、
『ALIVE!』をCDで持っておらず、
何回か購入するタイミングを逃していたため、
今回は迷うことなく手に入れたのです。

意外だったのは、
素顔になっていた『ALIVEⅢ』(1993年)よりも、
ずっと高齢になっていたはずの、
『The Millennium concert 2000』の方がずっと出来がよかったことで、
(ここに収録されている「狂気の叫び」は、
全ライブアルバム中でもっともよいと思います)
やはりオリジナルメンバーの力はスゴイと、
あらためて感心してしまった次第です。

さて、
数十年ぶりで耳にした『ALIVE!』は、
やはり素晴らしく、
忘れていた、
あの遠い日々の熱狂が蘇ってきました。

すぐにギターを手に取り、
曲に合わせて弾いてみると、
さすがに、
中学生当時とは段違いな腕前になっているので、
自分でも驚くほど、
ソックリに弾くことができるではありませんか。

KISSは、
ギターの全ての弦を、
半音下げてチューニングしているため、
チューニングメーターなる文明の利器が、
容易に手に入らなかった、
1970年代中盤の中学生には、
少しハードルが高かったようで、
当時はそれほど追求できず、
中途半端なコピーで終わっていたものです。

それを今回は、
チューニングメーターでバッチリ!
半音下げチューニングをキメ、
なおかつ、
YouTubeに上がっている、
完全コピー教則動画を参考にしたものですから、
中学生当時とは比べものにならないほどの完成度で、
定番曲を弾くことができるようになったのでした。

そこで、
3曲ほどコピーして気がついたことは…

バッキングのリフにしても、
リードギターのフレーズにしても、
おそるべきほど…
ワンパターン!(笑)
なこと。

3曲もフルコピーしてしまうと、
他の曲のパターンが完璧に予測でき、
ワクワク感がなくなってしまいます。

よくこれで、
毎回2時間近くのステージを、
まったく同じ構成で、
年に何十回もこなしていたなぁ…
プロフェッショナルとはこういうことか?

「Guitar magazine」で特集されていた、
日本のスタジオミュージシャンたちの証言を合わせると、
ミョーな説得力があり、
感心することしきりです。

そして、
エースのギターは、
チョーキングでかなり大胆に、
音程を引っ張り上げるだけでなく、
ハンドビブラートも強力なので、
左腕に相当の負担がかかります。

もしかして…

私の五十肩を悪化させたのは、
エースのギター?

ジャズギターで、
指に過酷な動きを要求するより、
チョーキングやビブラートの方が、
腕にはツライということになりますが…

ギターは若者の楽器なのでしょうか?

こういうギターを延々続けていると、
「北斗の拳」みたいな腕になると思いますよ(笑)

PR
★2017/04/16 (Sun)
4月に入り、
我が国の周辺がキナくさくなってきましたが…

今年の3月は気温の変化が激しく、
桜がいつ花を咲かせたらよいか判断できなくなり、
それぞれに開花したおかげで満開がなく、
いまでも咲いている木があるのだそうです。

珍しい現象ですが、
長い期間にわたり桜を愛でることができるので、
これはこれで悪くないかな、
と思う今日この頃です。

おかげでこの2週間ほど、
いろいろな場所で桜を見ることができました。


↓平日の昼下がり、
桜とビルと青空のコントラスト





↓桜は古いお寺の境内によく似合う



↓ピンクとグリーンのコントラストには、小川がよく似合う



長年、通勤時に、
近所の桜の古木を眺めることが
恒例になっていましたが、
数年前に宅地造成で伐採されてしまい、
今ではそれが叶わなくなってしまいました。

冒頭に話した珍しい現象ですが、
古木は迷うことなく、
例年と同じように、
花を咲かせる時期を判断したと言われており…

あの古木が残っていたら、
今年も正確に春を告げたことでしょう。


何はともあれ、
今年も春がやって来ました。

↓すでに5月の節句の準備が始まっている

★2017/04/09 (Sun)
前回に続き、
エンジェルの話題です。

すでにお話しした通り、
エンジェルは、
1975年のデビュー以来、
一部のファンの間では話題になるものの、
大きくブレイクすることなく、
時が過ぎて行きました。

1980年になり、
ジョディ・フォスターが主演し、
ランナウェイズにいた、
シェリー・カーリー等が出演した映画、
「FOX」で劇中にライヴバンドとして出演、
「20th Century Foxes」がサントラに収録されるなど、
少しは風向きが変わるかに見えたのですが、
同年発表のライヴアルバム『Live Without A Net』リリース後、
解散してしまいます。

急激な変化が予測された80年代のシーンに向けて、
もはや万策尽きたと言うところでしょうか。

『Live Without A Net』は
日本国内ではリリースされることもなく、
もはや誰も、
そのバンド名を口にすることがなくなっていましたが、
Player誌でジョージ吾妻アニキが、
このアルバムを絶賛しているのを見て、
私は輸入盤を手にしました。

たしかに、
高い完成度を誇るライヴ盤であります。

そして…

今になって、
あらためて聴いて見ると、
このバンドの正体、
そしてアメリカの音楽シーンで果たした役割が、
よくわかります。

『Live Without A Net』は、
前回紹介した、
サードアルバム『On Earth As It Is In Heaven』
(邦題:舞踏への誘い、1977年発表)の後、
2枚のスタジオ作品を経て発表された作品で、
当時とラインアップはほぼ同じ、
ベースだけが、
ミッキー・ジョーンズから、
フェリックス・ロビンソンに交代しています。

この後任ベーシストはなかなかの剛腕で、
当時の流行もあってか、
チョッパーをビシビシ、
骨太なトーンで決めているのが印象に残ります。
これにより前回指摘した、
アメリカンなノリがより強調されることになります。

前述の
「20th Century Foxes」などは、
KISSの「I was made for loving you 」に似ていて、
当時の時代背景がわかる曲調ですが、
このベーシストがいたからこそ、
といえるナンバーではないでしょうか。



ライヴは、
メンバーのソロを盛り込んだ、
ちょっと時代遅れの感がある構成ですが、
そのおかげで、
それぞれの個性がよくわかります。

前回の話題の通り…

ドラムスはボンゾ、
ヴォーカルはポール・ロジャース。

キーボードはいろいろあるけど…
ソロパートを聴くと、
これはリック・ウェイクマン!
そして、
同じくソロパートから、
ギターはリッチー・ブラックモア!
と言う結論に達します。

で、ベースはチョッパーをビシビシ…

アルバムは2枚組ですが、
どちらかといえば、
Disc2の方がスピード感があり、
一気に聴くことができます。

こちらのオープニングは、
ボウイ作、
モット・ザ・フープルがヒットさせた、
「All the young dudes」(すべての若き野郎ども)です。

これはMCで、
バンドにとって、
かなり古いレパートリーであると言っていますが…

そうなんです、

エンジェルもKISSと同様に、
グラムロックから強い影響を受けているのです。
そういえば、
SLADEやSWEET
あたりによく似た曲調が多いことに気がつきます。

つまり、
基本的には、
ポップなハードロック、
を目指していたのですが、

ここにプログレの要素と、
アメリカンロックの王道的なノリ、
そしてコーラスワークが加わる…

これは、
1980年代に確立される、
アメリカン・ハードロックの典型的なパターン、
ではありませんか?

パンクの出現から、
ジャーマンロックの要素の導入により、
ニューウェイヴが起こり始めたイギリスと違い、
アメリカのシーンはひたすら巨大化し、
ヒット曲を量産する方程式が求められていました。

ジャーニーなども同じパターンで、
ジャズっぽいプログレからスタートし、
スティーヴ・ペリーの加入、
クイーンを手がけた、
ロイ・トーマス・ベイカーをプロデューサーに起用し、
ヒットメイカーにのし上がっていきます。

STYXやBON JOVIなどは、
まさにこのパターンを踏襲しているわけですが、

本来ここに見事にハマるパターンを持ちながら、
その時代の到来を目前に、
解散を余儀なくされたエンジェルは、
いったいどこで、
歩む道を間違えてしまったのでしょう。

『Live Without A Net』を聴くと、
それを痛感してしまうのですが、
この作品はライヴの隠れ名盤と呼ぶにふさわしい作品です。
軽やかに聴いて楽しんじゃいましょう。

『Frampton Comes Alive』や
『KISS ALIVE』が好きな方には、
おススメです。

↓アルフィーの高見沢氏が5人いる、などと言わない(笑)

★2017/04/02 (Sun)
ボンゾを彷彿とさせるドラムスに、
ハイトーンの伸びやかなヴォーカル、
キース・エマーソンやリック・ウェイクマンの影響を受けた
シンセのトーンに、
リッチー・ブラックモアやブライアン・メイのような
繊細なギター、
おおらかなノリのベースにのみアメリカの匂いがするものの、
全体的にはヨーロッパのテイストが感じられる、
メロディアスなハードロック…

何の情報もなく、
音だけが聴こえてきたら、
多くの人が「おっ、これカッコイイじゃん」
と思うであろうサウンドですが、

このバンドのメンバーが全員、
白い衣装を身にまとい、
「エンジェル」と言うバンド名であったら、
果たしてみなさんは、
そのアルバムに手が伸びるのでありましょうか?



最近、
話題に上ることが少なくなった“紙ジャケ”ですが、
今年初めの目玉は、
そんな「エンジェル」の作品群でしょう。

私は「Telephone Exchange」(邦題:魅惑のテレフォン・コール)
という曲がお気に入りなので、
サードアルバム『On Earth As It Is In Heaven』
(邦題:舞踏への誘い、1977年発表)をまず入手しましたが、
この曲のコード進行はステキです。
私のツボにぴったりハマる、
「Across The Universe」っぽい響き…
(ちなみに、
カヴァーするなら、
このツインリードはウザいので外しますね)



アルバムを冒頭から順に聴いていくと、
まずはドラムスの音に耳がいってしまいます。
間の取り方だけでなく、
皮の張り方、
音の取り方含め、
とにかく“ボンゾ”!

この頃はこういう音が流行っていたのでしょうか?
同時期に売り出し中だった、
ディティクティヴのドラムスもこんな音でした。

そして、
ヴォーカルの声質が魅力的です。
少しハスキーで野性的ですが、
伸びやかで艶っぽいトーンが特徴…
ロバート・プラントとポール・ロジャースを足して
2で割ったような感じです。

アルバムはポップな曲調が多く、
前述のお気に入り以外でも、
「Can You Feel It」(邦題:幻想の美学)
「She’s A Mover」(邦題:妖しい美貌)
「On The Rocks」(邦題:オン・ザ・ロックス)
(どうでもいいけど、邦題なんとかなりませんかね?(笑)
などなど…
非常に完成度の高いハードロック・ナンバーが並んでいます。



とはいえ…

バンド名が「エンジェル」です。

ネットでCDを買うことが普及している今では
想像もつかないことですが、
私たちがティーンだった1970年代には、
レコード店のレジへ持って行くことに抵抗があるLPがありました

それはエロいジャケットだけでなく、
ダサいジャケットや、
「オマエ、こんなの聴いてるの?」と言われた場合に、
抗弁できないような作品が含まれています。

「エンジェル」買うところを誰かに見られたら、
それは恥ずかしいことだったと思いますよ。

それにしても、
このバンドを売り出すに当たって、
なぜこのバンド名とあの衣装を選んだのでしょう?

カサブランカ・レーベルから、
すでに売り出し中だったKISSに対して、
対極のイメージ戦略だったとは言われていますが…
「悪魔」に対して「天使」
「黒」に対して「白」というのは…
はっきり言って、
小学生なみの発想だと思いますが、
みなさんはどう思いますか?(笑)

これが、
すでに巨大産業化していた、
当時の音楽業界のプロモーション会議の決定とは、
にわかには信じられないことです。

「エンジェル」は、
そんなプロモーションの失敗のみならず、
いくつかの不幸なできごとが重なり、
たいした評価もされず、
忘却の彼方に追いやられてしまった感がありますが、

この文を読んで、
なんとなく気になった方は、
ぜひこの機会に入手して、
私の言っていることを実感してください。

なにしろ、
素晴らしいミュージシャンなのです。

トミー・ボーリンとは違ったパターンですが、
復権を呼びかけたくなる気持ちは同じです。
★2017/03/26 (Sun)
「木綿のハンカチーフ」は、
遠距離恋愛の破綻をテーマに、
切ない乙女心を吐露している名曲ですが、
さすがにこの年齢になってみると、
素直にそこだけに感動するのではなく、
色々と歌詞の意味を考えてしまいます。

つまり…

この曲の歌詞は、
男性と女性のコール&レスポンスになっていますが、
それぞれの側を並べて見ると、
お互いの主張が明確に見えて興味深いのです。

以前だったら考えもつかなかった聴き方ですが…(笑)

まず、
1番の歌詞です。

男性は上京する途中ですが、
感傷的になっておらず、
かなり気合が入っています。
どこかの都市でふと恋人を思い出し、
何かプレゼントを買うと言っています。

これに対して女性は、
プレゼントなどいらないから、
「都会の絵の具に染まらないで」
つまり、
ずっと今のままでいてほしい、
と言っているのです。

2番になると、
男性はなかなか帰郷できないので、
お詫びのつもりか指輪を送ると言ってきます。

これに対して女性は、
「何を送られてもあなたのキスほどトキめかない」
つまり、
指輪なんかいらないから帰ってきてよ、
スキンシップがしたいと言っているのです。

これは、
絢香さんの「三日月」にも似たような表現があるので、
女性の心理としては一般的なものなのでしょう。

とはいえ、
男性側の心理としてはいかがなものでしょう?

まず、
決意の上京に対して欲しかったのは、
「がんばって」という励ましの言葉であり、
安月給をはたいて送った指輪に対しては、
「ありがとう」と言ってほしかったのではないでしょうか?

ところが、
女性の方は一貫して、
「ずっと変わらずそばにいてほしい」ということで、
そもそもスタートの段階から、
感情がすれ違っていると思えて仕方ありません。

このすれ違いが決定的になるのが、
3番の歌詞です。

男性は都会の生活にも慣れ、
スーツ姿の写真を送ってきます。
オレがんばっているでしょう?
スーツ姿かっこいい?
今度こそ褒めてほしかったところです。

ところが、
女性は相変わらず、
「草に寝転ぶアナタが好きでした」って…
それはないですよね?(笑)
私はここで、
少々この男性に同情的になりました(笑)

ただおもしろいのは、
ここでこの女性も、
「ちょっと言い過ぎかな?」
とズキンとしたらしく、
「木枯らしのビル街、体に気をつけてね」と、
蛇足的に男性を気遣う一言を入れてくるのです。

でも…
ここでの継ぎ足しでは、
もう遅いですね。

フツーはこの時点で、
「もーいいかーっ」となりますよ。

案の定、
4番で男性はもう帰れないと、
この意味は、
「他に大事な女性ができたから…」
ということでしょう。

ここに至って、
事態の重大さを知った女性は、
反省する部分もあったのでしょうが、
最後の抵抗とばかりに、
「涙拭く、木綿のハンカチーフください」
となるのです。

最近の日本の男女の感覚は、
この時代とかなり変化しているようですが、
かつての日本では、
男性は志に殉じ、
そして今でも女性には、
遠くの恋人より近くの友人、
という感情が残っているのです。

これを、
私の補足にあるような、
直接的な言葉をまったく使わずに、
ここまで想像が膨らむ情景を描いた、
作詞家(松本隆氏)の文学的センスは、
素晴らしいものであるといえます、
(一説には、
もっと長い歌詞であったものを、
編曲家の要請で短くしたとか…)

さらに、
このような女性の感情を、
サラッと歌いこなした、
歌手のキャラクターも的確で…
これを中島みゆきさんとか、
演歌系の歌手が歌ったら、
”怨み節“になってしまうところでした(笑)

すべてがうまくハマった、
職人による分業作業の傑作であると、
感動せずにはいられません。

ヒット曲というのは、
うまくできているのですね。

ここまで分析するなって?(笑)

忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao