忍者ブログ
「web-magazine GYAN GYAN」では、第三者的な視点でロックを検証してきましたが、当サイトではプライベートな感覚で、より身近にロックを語ってみたいと思います。
  ★ カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[09/15 kisato]
[09/15 matsuZACK]
[09/15 shiba]
[06/09 matsuZACK]
[06/09 サキツミベイビー]
  ★ 最新記事
  ★ プロフィール
HN:
matsuZACK
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1962/02/15
自己紹介:
matsuZACKです。
“下天のうちをくらぶれば~”の年齢に到達してしまいました。
ミュージシャンを目指したり、
音楽評論家や文筆業を目指したり、
いろいろと人生の奔流に抵抗してきましたが、
どうやらなすがままに、
フツーの人におさまりつつあります。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ P R
  ★ カウンター
  ★ お天気情報
[2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
★2019/01/27 (Sun)
最近になって、
幼少の頃に見たアニメやドラマのDVDを
集めるようになりまして…
これは“子供返り”の一種かと、
少々オソロシクなっているところです(笑)

その中で、
もう一度見たいけれど、
入手困難であった作品として、
手塚治虫先生の『どろろ』がありました。

ご存じの方も多いと思いますが、
この作品は、
48の魔神に奪われた体を取り戻すために
旅を続ける百鬼丸と、
不幸な生い立ちでありながら、
逞しく生きる盗人どろろの物語です。

目も鼻も口も手足もない百鬼丸が、
妖怪を1匹退治するたびに、
体の一部が戻ってくるという設定が、
いろいろな方面に支障があり、
初演以降、
再放送されたことがありません。

しかし、
私もそうですが、
『どろろ』を手塚作品の名作として、
高く評価する方が多いだけでなく、
室町時代後期の設定であることから、
我が国における伝奇小説の先駆的存在として
評価されることが多いのも事実です。

そんな私の『どろろ』初体験は、
コミックではなく、
テレビ放送されたアニメであったので、
これをもう一度見たいという想いは、
募る一方でした。

それが…なんと、

1月中旬以降、
2002年に限定販売された、
『どろろ Complete Box』が新品で再入荷される、
という知らせを聞き、
さらに、
コミックス全4巻も新品で入手可能とのこと。

もちろん、
速攻で両方ともゲットしましたが、
コミックスの帯を見てビックリ…
2019年1月からリメイクされたアニメが放送開始、
(TOKYO MXまたはBS11で)
3月からは舞台化されて公演スタートとのことです。

なぜ、なぜなんだ?このタイミングで…

とにかく、
そういうわけで、
私は念願のアニメ版『どろろ』を
手に入れることができたのです。

放映は、
1969年4月6日から9月28日までで、
全26話。
チャンネルは8(フジテレビ)で、
時間帯は日曜の夜7時30分からの30分間。
終了後の作品が『ムーミン』…
ということは、
あの時間帯だったわけです。
カルピス子供劇場…(笑)

(当時の私は7歳ですから、
小学校2年生です。
日曜の夕食後にこれを見ていたわけです…)

音楽は冨田勲さん…
この頃の子供向け作品で、
記憶に残るサントラがあれば、
だいたいこの方の作品です。
(『マイティジャック』、『キャプテンウルトラ』など)

有名な「ほげほげたらたら」の主題歌以外は、
『七人の侍』やNHK大河ドラマのような、
重厚なコーラスが多く、
ところどころに挿入される琵琶の音色と相まって、
強烈な印象を残してくれます。

今回、
あらためてこのアニメを見ましたが、
音楽の印象だけでなく作風自体が、
アニメというより、
黒沢作品のノリであることがよくわかりました。

日曜の夜に子供が見る作品でないことは確かです…(笑)

アニメはコミックスより、
劇画タッチの絵となっていて、
手塚先生もこれは別の作品と捉えて、
若いスタッフをリードしていたようです。

コミックスでは、
手塚先生特有の丸っこい絵のおかげで、
悲惨なストーリーに救いが生まれているのですが、
この劇画タッチのおかげで、
悲惨さがより強調されている感があります。

おかげで、
流して見ることができず、
一話一話に集中して、
食い入るように見ています。
(そのため、とうぶん見終わりそうにありません)

スゴいなぁ…
あの時代にこの仕事をしたスタッフには、
畏敬の念が湧き上がってしまいます。

そして、
『どろろ』のメインテーマは、
どんなに辛くても、
人は逞しく生きるということ、
そして、
生きるということは素晴らしいという、
ある種の人間礼賛であるわけで、
ここはしっかりと、
作者のメッセージを受け止めたいところです。

昨年末以降、
QUEENとか『どろろ』とか、
なぜかこのタイミングで、
私の周りに集まってくるものがあり、
秘かに盛り上がっていますが、
後で振り返れば少々稚拙だったり、
粗っぽかったとしても、
オリジナル作品に敵うものはありません。

ということで、
リメイク版には見向きもせず、
ひたすら白黒の映像に熱中する、
最近の私でした。

PR
★2019/01/20 (Sun)
昨年末から聴いているディスクの中に、
MOGWAIの『Every country’s sun』があります。

このアルバムは、
2017年9月に発表された、
彼らの最新作ですが、
私は発表から1年以上経過した、
昨年の12月に入手しました。

MOGWAIは、
1996年にデビューした、
イギリスはスコットランド出身の
ポスト・ロックの旗手で、
インストを主体に、
轟音と静寂の対比、
美しくもはかない旋律を奏でる、
個性的なバンドです。

私は、
2005年のLOOSE CONNECTIONのライヴで、
オープニングに、
彼らの「Hunted By A Freak」という曲をテープで流し、
エンディングにフィードバックをかぶせ、
ステージの幕開けを演出したことがあります。
(同曲は『Government Commissions (BBC Sessions 1996-2003)』に収録。
オリジナルは『Happy Songs For Happy People』に収録)

それ以降は、
あまり接点がなかったのですが、
数年振りに新作を発表すると聞いたので、
ひそかに注目しておりました。

『Every country’s sun』は、
2005年当時に聴いていたMOGWAIサウンドのまま、
まったく変化をしておらず…
いやこの場合、
悪い意味ではなく…
かえって、
安心して聴くことができました。
(まぁ…このサウンドは、
変わりようがないのかもしれませんが…)

彼らのように、
自分たちのサウンドを頑なに守るのは、
どちらかというと、
イギリス勢に多いのですが、
MOGWAIも例外ではないようです。

収録曲で秀逸だったのは、
2曲目の「Party in the dark」
4曲目の「Crossing the road material」でしたが、
どことなくCHEMICAL BROTHERSを想起させる、
無機質な音がたいへん心地よく、
深夜に聴くことが多くなっています。
(睡眠薬代わり?)

しばらく、
新譜から遠ざかっていたのですが、
古くても新しくても、
イイものはイイ!

MOGWAIには、
このまま変わってほしくないなぁ…


★2019/01/14 (Mon)
昨日から、
少々気が抜けていて、
ボーッとしています。
(チコちゃんに叱られるかな?(笑)

なぜかと言えば、
ウチの娘が嫁に行きまして…
正確に言えば、
入籍をして新居に移りまして、
気が抜けているのです。

昨今は、
入籍、同居が先で、
その後に結婚式を挙げるのが、
標準ということで…

ウチの娘も、
昨年の夏頃に、
先方からのご挨拶を受け、
2019年の9月に挙式という段取りを済ませ、
晴れて同居という運びになりました。

我が家はとくに、
ベタベタした親子関係ではなく、
どちらかと言えば、
素っ気ない感じですが、

さすがに今回ばかりは、
私も普通の父親になってるようです(笑)

以前であれば、
結婚式が先で、
新婚旅行を済ませ、
その後で同居ということになるので、
今回のような気の抜け方、
プラス、
結婚式という大イベントの後の疲労感で、
もっと重症になったことでしょう。

そう考えると、
現代の婚姻の流れは、
うまくできている、
と言えるのかもしれません。

実は、
かくいう私も、
32年前の年明けと共に、
妻と同居して、
その数ヶ月後に結婚式を挙げたのです。

同じことをやって来たので、
新郎新婦の提案に、
異論を唱えることはできなかったわけです。

娘は大学3、4年と、
埼玉の奥地の校舎へ通わねばならず、
その近辺の寮へ送り出したことがあります。

その後、
就職と同時に戻って来て約3年、
今度は戻って来ては困る前提で、
再び送り出したことになるわけですが、

今回は、
この「戻って来ない」という前提のおかげで、
前回と違う心境になるのでしょうね。

こういう時は、
やはり…
音楽などに没頭するのが良さそうで、
ロケンロールはLoserのゲームだとは、
イアン・ハンターもよく言ったものです。

心の隙間を埋めるのがロケンロールなんだぜい、

それにしても、
ボーッとしているなぁ…
私も人の親だったんだなぁ…(笑)
★2019/01/06 (Sun)
正月が過ぎ、
普通の生活に戻り始めています。

年末年始に増えた体重が、
まだ元に戻っていないことを除けば、
2019年は順調なスタートといえるでしょう。

私は年末に見た
『ボヘミアン・ラプソディ』以来、
クイーンの古い音源を聴き返しているのですが、
すっかりブライアン・メイのトーンにハマってしまい、
研究(?)に没頭しています。

リアルタイムでは、
エース(フレーリー:キッス)や
ジョー(ペリー:エアロスミス)に熱狂し、
少々控えめだったブライアンには、
それほど興味を持たなかったのですが、

あらためて聴いてみると…

これはおもしろい。
その後の自分のエレキギターの嗜好と、
よく似た部分があり、
非常に興味をそそられるのでありました。

まず、

例の自作ギターの、
シングルコイルPUで、
線の細い歪んだトーンを基本としていますが、
このトーンが絶妙です。

思い切りピッキングをした時に、
やや歪む程度の微妙なセッティングですが、
これはやはり、
VOX(アンプ)によるところが大きいと思われます。

初期のロリー・ギャラガーが同じように、
VOXを使用して、
こちらはバリバリに歪ませているのですが、
少しヴォリュームを落とした時の感じが、
ブライアンにそっくりなのです。

マーシャル系を使うと、
どうしても、
リッチー(ブラックモア)になってしまうので、
アンプもしくはプリ・アンプに、
VOXを使用してみようか、
などと考える、
今日この頃です。

私は長いこと、
この歪みを探していたのかもしれません。

そして、

ブライアンといえば、
エコーを駆使したプレイですが、
私もその初期から、
エコー系のエフェクトが大好きで、
テープエコー、アナログ・ディレイ、
そしてデジタル・ディレィと、
いつも足元には、
エコー系のエフェクトが常備されていました。

彼は、
リピート音をそれぞれ、
別のアンプに通していたぐらい、
残響音にこだわっていたのですが、
残響音のトーンはそれほど重要なのです。

そこは、
アンプを含めて、
いつも自分のセットを持っていかないと、
維持することは難しいのですが、
ちょっとコダワリたいところです。

さらに、

コーラスやフランジャーといった、
モジュレーション系のエフェクトを好むのも、
私の嗜好とよく似ております。

最近になってわかったことですが、
ブライアンもそうですし、
ポリスのアンディ・サマーズもそうですが、
イギリス系のギタリストは、
コーラス?と思われるトーンに、
フランジャーを使っていたようで、
フランジャー(当時はアナログ)を、
マイルドにセッティングして、
コーラス的な効果を出しているのです。
(これを擬似コーラスと呼ぶ)

当時、
コーラス(日本製BOSSのCE-1)を使っていたことが
確証できるのは、
ジェフ・ベックとラッシュのアレックス・ライフスンぐらいで、
あとはどうやらフランジャーを使っていたようです。

フランジャーというと、
かなりキワモノ的なイメージが強く、
なかなか使いずらい印象がありますが、
この際、
しっかり取り組む価値があると思いました。

ということで、

年末あたりから、
エフェクターをいくつか手に入れて、
研究しているところです。

どんなものを入手したかは、
次回にでもお話しすることとして、
今年はまず、
エレキギターの出音にコダワリたいと思います。
(いきなり、年頭の抱負か?)
★2019/01/01 (Tue)
新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao