忍者ブログ
「web-magazine GYAN GYAN」では、第三者的な視点でロックを検証してきましたが、当サイトではプライベートな感覚で、より身近にロックを語ってみたいと思います。
  ★ カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[05/17 matsuZACK]
[05/16 shiba]
[05/10 matsuZACK]
[05/10 shiba]
[04/18 matsuZACK]
  ★ プロフィール
HN:
matsuZACK
年齢:
58
性別:
男性
誕生日:
1962/02/15
自己紹介:
matsuZACKです。
“下天のうちをくらぶれば~”の年齢に到達してしまいました。
ミュージシャンを目指したり、
音楽評論家や文筆業を目指したり、
いろいろと人生の奔流に抵抗してきましたが、
どうやらなすがままに、
フツーの人におさまりつつあります。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ P R
  ★ カウンター
  ★ お天気情報
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
★2020/06/28 (Sun)
人類がかつて経験したことのない、
悪夢のような日々となった2020年も、
そろそろ半年が過ぎようとしています。

明日からの一週間で7月になってしまうのです。

一方、
先週は私の自宅方面で、
そこそこの規模の地震があり、
こちらも、
記憶から遠去かっていた悪夢を蘇らせました。

首都圏直下型地震発生の確率は年々高まるばかり…

そして、
ここ数日の雨です。

西日本では、
猛烈な降り方をした所があるようですが、
雨雲レーダーの予報で、
赤や紫のエリアが表示されると、
これまたゾッとしてしまいます。

避難せよと言われてもどこが安全なのだろうか。

このように、
常に日常生活の危機にさらされていると、
強いストレスを感じるようで、
一瞬でいいから逃避できる時間がほしくなります。

ここは音楽…
エレキギターとリッチー研究だけで
十分と思われたのですが、
どうやら物足りなくなったようで…

最近はこれに加えて、
少年の頃に熱中した、
テレビ番組のDVDやコミック収集にも
余念がありません。

外食や旅行に行かなくなり、
浪費する対象が大きく変化していると言われる昨今、
ポストコロナの生活をイメージすると、
何のことはない…
これまでの自分の趣味が、
大きく引き伸ばされただけのようです(笑)

つまり、
インナー派には、
家に籠ることなど、
まったく抵抗はないのです。

老眼のおかげで、
手先の緻密な作業がアヤシク(笑)
模型製作だけは復活しておりませんが、
後は、
いままで仕事が忙しくて遠ざけていたものが、
また手元に戻ってきた感じです。

これは、定年後の生活のイメージなのだろうか?
そんなことを考えるせいか、
このような生活パターンは、
仕事に向かう姿勢に影響を及ぼしているようで、
どうもモチベーションが上がりません。
おかげで毎週月曜日がユウウツです。
ブームタウンラッツのカバーでもやりますか?(笑)
PR
★2020/05/31 (Sun)
緊急事態宣言が解除され、
明日からは、
元の生活に戻る方も多いと思います。

私もとりあえず、
通常の勤務になるのですが…

4月の第2週以降は、
(月)(水)(金)一日おきの出社で、
(火)(木)については、
最初のうちは有給休暇を取得し、
後半は在宅勤務…
いわゆるテレワークとしていました。

通勤電車が空いていることもありますが、
慣れてしまったら、
このような勤務は、
体に負担がかからず、
私たちの世代にはいいかもしれない、
などと思うようになりました。

私の仕事は、
完全にテレワークで対応できるものではありませんが、
マニュアルなどの文書作成や、
研修プログラムを策定するには、
雑音の入らない自宅は最適なので、

日々のテーマさえ決めてしまえば、
在宅勤務を有効に利用することができました。

もう、
あくせく働く世代ではないのかもしれませんね…

今回の新型コロナウイルスについては、
まだ有効な治療方法が確立されておらず、
ワクチンの開発もまだ時間がかかりそうなので、
決して終息ではないことは、
みなさんご存知の通りですが、

働き方を劇的に変革させるには、
第2波、第3波の衝撃がないと、
難しいかもしれません。

それほど、
私たちの労働には、
ある種の価値観に従ったパターンが、
定着しているのです。

生きるための糧を得る労働ですら、
この状況ですから、
芸術活動などに新しい形が見えないのは、
当然のことといえるでしょう。

さて、
明日から…そうですね、
2週間程度も様子を見れば十分でしょうが、
どのような展開が待ち受けているのでしょう。

今後の音楽活動は、
その状況を見ながら判断するとして…

とりあえず、
明朝の通勤電車がコワイ私です(笑)
★2020/05/17 (Sun)
新型コロナウイルスの感染拡大が、
かなり抑えられて来た感がありますね。

我が家に長期滞在していた、
娘と孫は昨日自宅へ帰したので、
そろそろ、
以前の生活パターンに戻さなければ、
と思うのですが、
あちこちで言われているように、
そのまま戻すわけにはいかないところです。

まず、
他人との距離、
対面する必要性、
そして移動することの必要性…
私生活はともかく、
業務は大きく見直すタイミングになると思います。

音楽活動などは尚更で、
スタジオという密閉された空間で練習し、
クラスターの発生事例があった
ライブハウスで発表ですからね…

有効な治療法や予防対策が確立されるまでは、
宅録でもやるしかないかもしれません。

そして、
これから夏に向けて、
2度目の感染ピークが想定される中、
果たして我々は、
どのような事態に立ち向かうことになるのでしょう。

marcさんの還暦ライブは、
実現できるのだろうか?
それがいちばん問題です(笑)
★2020/04/12 (Sun)
ついに、
私が住んでいる千葉県でも、
店舗の営業自粛が始まるようで、
必要最低限の生活必需品以外を、
店頭で購入することが出来なくなります。

そんな昨日、
孫の初節句を祝うために、
県内にある、
五月人形の専門店へ行ってきました。

今回訪問したのは、
昭和3年創業という老舗で、
国内有数の職人の作品が手に入る、
いわゆる“通好み”のお店です。

ここでは、
ネット通販もやっているのですが、
画像ではサイズ感や、
微妙な色彩が伝わってこないので、
このような時節柄ではありますが、
店舗で実物を見ることにしたのです。

これは、不要でも、不急でもない用事ですね…

カタログを見ていて、
鈴甲子雄山(すずきねゆうざん)という甲冑師の
作品が気に入ってしまい、
最初から目星をつけて行ったのですが、

仕事では調理人、
趣味ではギタービルダーと、
職人と関わりの多い私ですから、
そこは「この眼に間違いはない」とばかりに、
妙な自信を持っているのです。 

果たして、
店内に飾ってあった、
雄山さんの作品は見事の一言で、
国宝模写といわれる、
有名武将の甲冑のレプリカなどは、
ため息が出るほどの完成度です。

こういうのを、繊細にして大胆、とでも言うのでしょう

個人的には、
真田幸村や源義経の、
やや派手な甲冑が気に入ったのですが、
このシリーズはサイズが大きく、
(1mぐらいの高さ)
贈られた方が持て余すと思い、

60cm程度で、
とくに誰といわず、
一般的な意匠の甲冑を選びました。
(ちなみに木製の銘に、子の名前が入ります)



細工の見事さが伝わりますか?

娘と孫は、
我が家への滞在期間を
GW明けまで延長することにしているので、
今年の五月の節句は、
私の段飾り(58年前に母方の祖父から送られたもの)と
これを並べて盛大に祝うつもりです。

このような年に生まれた子だから、
普段の倍の魔除が必要でしょう?

鯉のぼりも倍の6尾流すのだ(笑)
★2020/03/29 (Sun)
東京五輪開催どころか、
地球規模の危機になってしまいましたね。

出口の見えない状況の中、
まだしばらくの間、
耐えることを求められそうです、

家にこもって自己啓発に励むにしても、
限界があるので、
次の対応も考えておく必要がありそうです。

長期戦になりそうだなぁ…

生命の危機、経済の危機、
いろいろやって来そうですが、
まずはやれることをやって、
耐えるのみです。
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao