忍者ブログ
「web-magazine GYAN GYAN」では、第三者的な視点でロックを検証してきましたが、当サイトではプライベートな感覚で、より身近にロックを語ってみたいと思います。
  ★ カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[06/09 matsuZACK]
[06/09 サキツミベイビー]
[05/16 matsuZACK]
[05/15 サキツミベイビー]
[01/14 matsuZACK]
  ★ 最新記事
  ★ プロフィール
HN:
matsuZACK
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1962/02/15
自己紹介:
matsuZACKです。
“下天のうちをくらぶれば~”の年齢に到達してしまいました。
ミュージシャンを目指したり、
音楽評論家や文筆業を目指したり、
いろいろと人生の奔流に抵抗してきましたが、
どうやらなすがままに、
フツーの人におさまりつつあります。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ P R
  ★ カウンター
  ★ お天気情報
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
★2019/06/16 (Sun)
先週は仕事で、
岐阜県の産地見学会というツアーに参加し、
農業・水産・畜産の現場を訪問、
飛騨牛と長良川鮎を堪能しました。

そして、
週末の昨日は大雨の中…

例の12弦「FREEDOM」を片手に、
LOOSE CONNECTIONのリハに参加、
いつになく創作意欲を刺激されたおかげか、
次から次へとリフを繰り出し、
他のメンバーを困惑させ…(笑)

その後、
毎年恒例になっている、
6月第三土曜日、
高校のクラス会に参加してきたのです。

さすがに、
この年齢の同世代の集まりとなると、
どうしても話題が、
病気のこと、定年のこと、親の介護のこと、
などと…(笑)

あまりポジティヴな内容にならないのですが、
話している当人達の表情は、
案外そうでもなく、
これはこれでストレスの発散になっているのでは、
などと思ったりしました。

あらためて、
高校を卒業して40年になる、
という事実を認識し、
その時間の経過に呆れると同時に、

(スタジオ帰りだったので)
ギターを持参した我が身を振り返り、
やっていることは、
当時とほぼ変わっていないことに気がつき、
古文調で表現するならば、
「いとおかし」と思ったところです。

あと、
何年ぐらいクラス会を開催できるだろう、
という話になって、
平均寿命を考えると、
20年ぐらいは楽勝でいけるのでは?
となりましたが、
私は20年後もギター持参で行くのでしょうか?(笑)

来週の週末は、
高知県で開催される「食のプラットフォーム」
というイベントにゲスト参加する予定で、
(クリックしてみてください)
今度はカツオと
底なしの日本酒を堪能することになると思いますが(笑)

いちおうマジメに仕事もしているので、
公私のバランスが取れている、
と言えるかもしれません。

今年は、
このようなイベントにあちこち顔を出すので、
どこかで見かけるかもしれませんよ。

↓郡上の長良川あゆパーク





↓古い町並みにはアンバランスな、高山駅のモダンなデザイン

PR
★2019/05/01 (Wed)
おめでとうございます、
と言いたくなりますね(笑)

さきほど「剣璽等承継の儀」をTVで拝見しました。

「令和」になりました。

やはり、
おめでとうございます、
と言っておきましょう。

今年は、
正月が2回やってきたような感じです。

♪タリラリラリラ〜ン「レイワーっ」か…(笑
★2019/04/30 (Tue)
今「退位礼静電の儀」をTVで拝見しました。

2019年4月30日
31年目を迎えた平成最後の日です。

思い起こせば、
1989年1月7日
64年目を迎えた昭和最後の日は、
上の子が生まれて、
まだ半年だったこともあり、
静かに、
自宅で特別番組を見ていました。

あれから31年、
2人の子を育て上げたことを考えると、
私にとっての「平成」とは、
家庭を築いた時代だったと言えるかもしれません。

長かったような短かったような、
なにしろ無我夢中の31年であったと思います。

あと3年で、
企業の定年を迎えることを考えると、
これからの時代「令和」は、
次のステージを築く時代になることでしょう。

これからは、
無我夢中ではなく余裕を持って、
毎日を充実させたい…そんな気持ちになっています。

さて「令和」では、
どのような世の中を見ることになることでしょう。

↓そんな連休の初めに、
祖父が57年前に私のために購入してくれた、
五月人形をフルセットで出してみました。





一緒に新しい時代を迎えるのです。
★2019/04/07 (Sun)
暖かくなったと思ったら、
急に真冬の寒さへ逆戻りしたおかげで、
満開の時期が冷蔵保存されてしまい(?)
例年より長く楽しめたのが、
今年の桜です。

まずは、
私の勤務先近く、
溜池山王あたりの桜を紹介します。









このあたりは、
ビルの間に桜並木が多く、
満開ともなると、
桜のトンネルを歩いているような気分になります。

私には、
無機質なビルと桜のコントラストの妙が面白く、
毎年ほぼ同じ場所で撮影しています。





一方こちらは、
桜並木を走るローカル線ではなく…

幼稚園の敷地に展示されている車両と
桜のコントラストです。

ここは、
週末に食料品を仕入れに行く
スーパーの裏手ですが、
何気に眺めていたら車両があることに気づき、
さらに、
その横に桜並木があることに気がつきました。

マニアなら、
すぐにわかると思いますが…

この車両の独特のカラーリング、
そして車体側面の戸袋の丸い窓は、
長野県の上田交通のもので、
車両自体は、
東急電鉄から譲渡された7200系…
東急時代は大井町線をはじめ、
目蒲線や池上線を走っていた車両です。

車体はアルミ合金で、
もともとの車体の色はシルバー。
前面貫通扉の両側がくの字に出ている、
特徴のあるマスクが印象的です。

この車番7255は、
資料によると、
大井町線を走っていた編成で、
巡り巡って、
こんなところで出会うとは、
感慨深いものがあります。



この角度から捉えると、
まるで走っているようですね。

まだ、
それほどサビが出ていないので、
ここに置かれてから、
それほど時間が経っていないと思われます。

美しい自然の中の桜も綺麗ですが、
無機質で人工的なものとの対比にも、
また格別のものがあります。

最後に紹介するのは、
桜ではなく、
我が家の庭に咲きほこる、
ハナカイドウです。
(漢字は難しいので…カナにしました)



この花が咲き、
ウグイスが鳴き始めると、
「ああ…春が来たなぁ」となるのです。

こうなると妙に気分が高揚してきて、
生来アウトドアはあまり好きではありませんが…
家の外で一日を過ごしたくなります。

今年の桜が咲きましたよ。
★2019/03/10 (Sun)
昨年の12月30日に、

「さて、
来年は何をやるのだろうか、
『西郷どん』の後はキツイぞ、
と思っていたら…

マラソンの話ですか?

いくら2020直前とはいえ、
これはねぇ…
雰囲気がなんとなく、
大河というよりは朝ドラっぽいという…
『まんぷく』の後の方が似合うのでは?(笑)

2019年の日曜8時は、
ウッチャンの出番ですかねぇ…」

などと言っていたのですが、

結局、
毎週『いだてん』を見ている私です(笑)

見始めたら、
やめられなくなった、
というか、
さすがにクドカン、
話のテンポがリズミカルで、
見る側を飽きさせないのです。

その一方で、
15分という短い時間だった、
『あまちゃん』とは違う演出が、
色々と仕掛けられていることに気づきました。

例えば…

主人公が、
輿入れする幼馴染への想いを断ち切り、
ストックホルムへ向かうシーンなどは、
映画のワンシーンのように美しくて、
冷水浴の後の「よしっ」というセリフに、
思わず泣けてしまいました。
(最近、歳のせいか涙もろい(笑)

ほとんど…
というか、
まったく予備知識のない話なので、
かえって感情移入することができるのでしょうね。

大河らしくない、
と批判する方が多いようですが、
まぁ…日曜夜8時の、
1時間枠のドラマ、
と捉えれば、
何の抵抗もなく楽しめるのではないでしょうか?

年末にもう一度、
コメントするかなぁ…

ところで…

役所広司がイイ味出しています。
えー格好しいで、
パワハラっぽい情熱家…

最近めっきり見かけなくなった、
管理職の姿です。
こういう人がいなくなるのは、
ちょっと寂しくありませんか?
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao