忍者ブログ
「web-magazine GYAN GYAN」では、第三者的な視点でロックを検証してきましたが、当サイトではプライベートな感覚で、より身近にロックを語ってみたいと思います。
  ★ カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29
30
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[04/04 matsuZACK]
[04/03 shiba]
[04/02 matsuZACK]
[04/02 shiba]
[03/26 matsuZACK]
  ★ プロフィール
HN:
matsuZACK
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1962/02/15
自己紹介:
matsuZACKです。
“下天のうちをくらぶれば~”の年齢に到達してしまいました。
ミュージシャンを目指したり、
音楽評論家や文筆業を目指したり、
いろいろと人生の奔流に抵抗してきましたが、
どうやらなすがままに、
フツーの人におさまりつつあります。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ P R
  ★ カウンター
  ★ お天気情報
[6] [5] [4] [3] [2] [1]
★2008/04/01 (Tue)
さて、
一部の方々には、たいへん長らくお待たせしました、
LOOSE CONNECTIONの最新ライブをレポートします。

date:2007.12.8
place:「吉祥寺 曼陀羅2」
1, TONIGHT I'LL BE STAYING HERE WITH YOU(BOB DYLAN/初演)
2, KNOCKIN' ON HEAVEN'S DOOR(BOB DYLAN)
3, 神曲 煉獄編(オリジナル/初演)
4, SHE'S A WARRIOR(オリジナル/初演)
5, JOB SKIPPER(オリジナル)



 1曲目の「 TONIGHT I'LL BE STAYING HERE WITH YOU」は、BOB DYLANのオリジナルヴァージョンではなく、「JEFF BECK GROUP(通称:オレンジ)」に収録されているサザンソウル風のカバーヴァージョンを採用。昨年も演奏した「KNOCKIN' ON HEAVEN'S DOOR」へつなげて、しっとりとしたオープニングを演出し、観客の意表をつくことに成功。(笑)

 この夜のハイライトは、3曲目の「神曲 煉獄編」。ダンテの「神曲」にインスパイアされたというこの曲は、シンプルな構成ながら情念を放出するサウンドに仕上がり、メンバー全員が自信を持ってオススメできる傑作になった。今後は、バンドの重要なレパートリーになるだろう。ちなみに、この曲の続編として「地獄編」と「天国編」の構想があるということだが、例によっていつ完成するのかは誰にもわからない。(笑)



 4曲目の「SHE'S A WARRIOR」はルーズなノリのロックンロール・ナンバー。覚えやすいメロディのコーラスが印象的である。この曲も、今後のLIVEを盛り上げる、重要なレパートリーになりそうだ。

 5曲目の「JOB SKIPPER」は昨年、新加入のshowtaroさんが床置きのキーボードを抱えて走り回り、衝撃のパフォーマンスを披露した曲。今年のshowtaroさんは、ショルダータイプのキーボードを用意し、それなりにスマートにパフォーマンスをキメた。この曲は、ジミヘンの「WILD THING」みたいな扱いの曲になるのであろうか?(笑)



 さて、
 最後に、当日の素晴らしい画像を残してくれた写真家を紹介しよう。
名前:kenz
プロフィール:
「showtaroの友人、英国王立写真協会に所属するプロフォトグラファー。パイロット&スキューバのライセンスも持ち、日本で唯一、陸・海・空からの単独撮影をこなせるスーパーマンだが、実態は、怪しいベースマン&バイクレーサー。」
 ということで、
 バンド同様、お見知りおきの程よろしく。
 いずれ、どこか場所を見つけて、たくさんの画像を披露したいと思います。

PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする★
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao