忍者ブログ
「web-magazine GYAN GYAN」では、第三者的な視点でロックを検証してきましたが、当サイトではプライベートな感覚で、より身近にロックを語ってみたいと思います。
  ★ カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[09/18 matsuZACK]
[09/17 サキツミベイビー]
[09/07 matsuZACK]
[09/07 kisato]
[09/07 matsuZACK]
  ★ プロフィール
HN:
matsuZACK
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1962/02/15
自己紹介:
matsuZACKです。
“下天のうちをくらぶれば~”の年齢に到達してしまいました。
ミュージシャンを目指したり、
音楽評論家や文筆業を目指したり、
いろいろと人生の奔流に抵抗してきましたが、
どうやらなすがままに、
フツーの人におさまりつつあります。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ P R
  ★ カウンター
  ★ お天気情報
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
★2016/12/18 (Sun)
なんだかんだと言いながら1年間、
1回も欠かさず見てしまいました。

この作品は、
真田信繁の生涯というよりは、
真田信繁という人の目で見た、
戦国時代の終焉…
さらに、
きりという女性の目で見た、
そんな真田信繁の生涯…

念入りに、
二人の目を使い、
客観性を強調したため、
視聴者がストーリーに入りやすくなっていたのです。

本能寺の変と関ヶ原の合戦、
そのどちらも戦闘シーンを描かず、
情報だけで伝えたあたりは、
まさにそれを象徴していました。

そのため、
真田昌幸たちの受けた衝撃が伝わってきたのです。
「それはマコトか…?」

真田信繁に関しては、
中学生の頃、
「新八犬伝」の後の人形劇が、
「真田十勇士」であったこともあり、
何度となく、
その生涯を描いた物語を読みました。

日本の歴史には不思議なことに、
動乱期の節目に、
同じようなタイプの人物が現れます。

室町幕府ができた頃の楠木正成、
江戸幕府末期の土方歳三…
いずれも徹底して、
時流に抵抗して生涯を終えています。

真田信繁もその一人。
判官びいきの日本人にはたまらない、
典型的なヒーローです。

私が興味があるのは、
そんな彼らが、
実際のところ、
どんな人だったのだろうか?
そして、
何を考えて生きていたのだろうか?
ということです。

したがって、
小説でも映像作品でも、
リアリズムを重要視します。

「真田丸」では、
真田信繁が九度山を脱出して大坂へ向かうあたりが、
じつにリアルな心理描写でした。

秀吉の小姓として、
歴史の大舞台を体験し、
偉大な戦略家である父と身近に接した前半生を送りながら、
15年近くの幽閉生活は、
さぞかし無念であったことでしょう。

その鬱屈が一気に噴出したのが、
大坂冬の陣と夏の陣だったとすれば、
それは自然な流れといえます。

劇中、
真田信繁は、
自分がこの世に生きた証を残したのか、
と問うシーンがありましたが、
それは何よりも自身が納得した生涯を送ったか、
ということであり、
証などはどうでもよいのかもしれません。

芸術作品というのは、
そんな、
生きた証の最たる例かもしれませんが、
長くその意思を伝えるものなどはきわめて稀であり、
多くは、
時間の経過の中に埋もれてしまいます。

考えてみれば、
100年も経たない過去の人が、
どんな人で、
何を考えていたのかすら、
正確に伝えることが難しいのが、
人の世の常…

真田信繁のように、
後世の多くの人が、
その生涯に思いを馳せるなど、
珍しいことかもしれません。

先月、
大阪城へ行ったので、
感慨ひとしおではあります。

ああ…この世は無情なり。


追記:
物語の最後で活躍していた、
毛利勝永という人は、
実際スゴかったらしく、
徳川方の名だたる武将、
数名の首を上げています。
ちょっと興味ありますね。
真田信繁と同じタイプかもしれません。
PR
★2016/11/13 (Sun)
昨年もそうでしたが…
今年もこの時期に休暇を取り、
年末の繁忙期に向けて気分をリフレッシュしてきました。

どこへ行ってきたかといえば、
USJをメインに(ミーハーですな)
大阪と京都をブラブラと…
外国人観光客に紛れて散策してきたのです。

今回は例によって、
iPhoneで撮影した画像で、
秋の風景を紹介することにしましょう。



USJはさすがにベタなので割愛しますが、
夜のイベント「天使のくれた奇跡」で、
天使に扮したダンサーが、
建物の屋上から宙を舞ったのは驚きでした。



終盤を迎えた「真田丸」で盛り上がる大阪城。
さすがに威容ですね。



こちらも、
下から見上げるとスゴイ迫力の
清水の舞台。



舞台の目の前には紅葉が…



いつ見てもシブい銀閣寺。
ここでお抹茶でもいただきながら、
一日過してみたいですね。



そして、
古都の秋…





日本の秋は美しいですね…
なにげに撮ったどのカットも、
絵葉書になりそうです。







さて、
これからは忙しくなります。
まずは、
12/3(土)恒例の忘年会LIVEから、
でっす。


「俺の車だ」と言っている54歳(笑)

★2016/10/30 (Sun)
私が大学に入学した頃…
1980年前後のことです。

フランシス・F・コッポラ監督の「地獄の黙示録」に続き、
我が国では「野獣死すべし」が発表され、
その強烈な世界観が世間を騒がせていました。

生意気盛りだった私は、
平常の倫理が逆転することがあるのだから、
この世に絶対的な価値観など存在しない、
などとノタマヒ、

その後、
バタイユやユイスマンスといった、
フランス文学に傾倒していったのです。
(いちおう文学部なもので…)

あれから36年…

私に当時のことを思い出させる、
トンデモナイ個性が現れました。

仲間内では、
Crazy 沙耶香と呼ばれているらしい、
村田沙耶香さん。
そう、
今年の芥川賞を受賞した方です。

芥川賞受賞の「コンビニ人間」では、
コンビニという、
現代を象徴する機能に同化することでしか
社会と接点を持つことができない主人公を通して、
現代社会を鋭く観察しています。

あまりにも突拍子のない発想が、
次から次へと飛び出してくるので、
ページをめくるたびに、
ゲラゲラと笑いころげてしまいます。

しかし、
ひとしきり笑った後で、
背筋がゾッとしてきます。
こういう考えの人、
隣にいるかも…

そして、
「コンビニ人間」より先に発表されていた「消滅世界」では、
もっと凄まじい世界が描かれています。

こちらは、
戦争に徴兵された男性たちが、
子孫を残すために精子を保存し、
その後、
人工授精が当たり前になってしまったという…

村上龍さんの「五分後の世界」のような…

こちらは、
日本軍が本土決戦を選び徹底抗戦をしていたら、
というテーマでしたが…

バーチャルな現代が舞台になっています。

そんな社会に生きる、
普通の女性の日常を通じて…
価値観が変わってしまったら
当たり前になる会話を中心に、
家族や愛情について描かれています。

これは凄い…

こちらは、
あまりにヘヴィなテーマのため、
「コンビニ人間」のように、
軽やかに読み進めることは難しいと思いますが…

私は、
かつて倉橋由美子さんの「ポポイ」
を読んだときの感覚を思い出しました。
(こちらは、
処刑されて首だけになって生きている少年を飼う、
という話でした…)

女性が、
極端にブッとんだ発想をしたときは、
本当にとんでもないことを考えるものです。

おそろしや、おそろしや…

この2作を読んで、
この方が “Crazy” と呼ばれている理由がよくわかりました。

ブッとんでいるんです…
それもハンパなく。
ハンパなくブッとんでいるんです。

ただ、
精緻な文体で、
水彩画のように淡々と描かれているので、
まったくイヤな感じにはなりませんが、

ポップスに毒を埋めこんだ、
そう、
トッド・ラングレンみたいな作風なのです。

この世に絶対的な価値観など存在しないよ…

この年齢になって、
ふたたびそのようなことを言うことになるとは、
まったく予想していなかったことです。

村田沙耶香さんは、
半世紀に一度出るか出ないかという、
異彩だと思います。

さてこの後、
どのような妖しい花を咲かせるか、
たいへん興味深いところであります。

★2016/09/11 (Sun)
アンニュイ(死語?)ですなぁ…

毎週台風が来ていたかと思ったら、
今日は朝からバケツをひっくり返したような大雨…
(我が家のある千葉県だけのようですが)
そのため、
目の前の庭が池のようになっております。

今年は湿気が多いのか、
コケが庭を占拠することが多くなり、
何度も駆除を試みたものの、
大雨の後カラッと晴れないと、
また出てきそうです。
(コケを見るたびにワイアール星人を思い出す)

そんな今週は、
ずっと曇りや雨と予想されています。

こんな気候のせいでしょうか…
朝からグダグダと、
何もやる気になれず、
困っております。

例年、
9月あたりから何かと忙しくなり、
予定に追いまわされるようにして、
年末を迎えるという展開になるのですが、
出足からこれでは先が思いやられます。

そう考えると、
文化的な活動というのは、
比較的涼しく、
雨の少ない地方で花開きそうな気がするのですが…
たしかにそうかもしれませんね。

誰か文化人類学のテーマとして、
研究してみませんか?
気候と文明の相関…なんて。


休日の夜は、
話題の大河ドラマ「真田丸」を見ることにしていますが、
関ヶ原を前にして、
そろそろ佳境に入るタイミングですね。

ドラマを見るたびに、
日本人の「判官びいき」に感心してしまうのですが、
およそ、
歴史上の勝者で、
よく描かれる人はおりません。
明治新政府、
徳川家康、
足利尊氏、
源頼朝…

それぞれに何か確立しているにもかかわらず、
物語の中ではあまり扱いがよろしくなく、
同情することしばしです。

ところで、
日本人の習俗を考えると、
室町幕府の成立から戦国時代を経て、
江戸幕府が開かれるまでの時期は、
たいへん興味深く、
もっとリアルに雰囲気を感じてみたい、
などと思ってしまいます。

タイムマシンがあったら、
まず行ってみたい時代です。

この時代の日本人は、
歴史上もっとも自由奔放で、
制約を嫌ったらしく、
文化も百花繚乱…
まばゆいほどきらびやか…
そしてどことなく退廃的な匂いがします。

そんなところが、
ずっとロックなんか聴いているヤツには、
たまらないのでしょうね。

そういう雰囲気を統制してしまったのが、
江戸幕府であり、
日本人の生真面目さ、勤勉さは、
江戸幕府によって作られたものかもしれません。

大阪の陣は、
統制を求めた側と、
自由奔放を求める側の戦いと見ると、
たいへんおもしろいのです。

真田幸村(信繁)は、
後者の代表のような人物なので、
人気があるのでしょうね。

私も思春期には、
自由奔放な生き方を求めていたものの、
いつのまにか統制されてしまい、
どちらかというと統制する側にまわることが多くなりましたが、
さて、
定年後のセカンドライフもそのまま行くのでしょうか。

案外、
いままでの反動と地が出て、
自由奔放な生き方をしたりして…(笑)

雨で外に出ないと、
ロクなことを考えません。

★2016/08/14 (Sun)
日本中が夏休みですね…

私もご多分にもれず、
休暇をいただいておりますが、
どこかへ遠出をすることもなく、
だららんと過ごしております。

夏休みと言えば、
宿題…
小学生の頃は自由研究なるものがあり、
工作や標本を作るための昆虫採取に励んだものです。

大人になってから気づいたことですが、
戦車や戦闘機、戦艦などのミリタリーものに興味を持つ人は、
小さい頃に、
昆虫や海洋生物が好きだった人が多いようで…
じつは私もその一人であります。

これらの生物の形状や動きに、
メカニカルな魅力を感じたんですね…

最近は水族館がひそかなブームで、
訪れる機会も多いのですが、
そんな私は、
時間を忘れて水槽の世界に見入ってしまいます。

ということで今回は、
夏休みの自由研究として、
品川アクアパークで撮影した、
動く兵器たち…
ミリタリーマニアが見ると、
海の生き物たちはこう見える、
というお話しです。


↓メカニカルな動きでピカイチなのは、
やはりエビでしょう。
そういえば、
ゴジラシリーズにエビラってのがいましたね。
(マンマや…)



↓潜水艦というより、
ジェット戦闘機のような、
エイやサメの姿





↓こちらもメカニカルで、
まるで装甲車のような、
イグアナとバジリスク。
バジリスクは水の上を走るので
水陸両用車ですね。





↓まさに潜水艦のような、
ミノカサゴ。
素晴らしいデザインとしか言いようがありません。



↓ドクヤガエルは迷彩塗装でしょう。



↓かわいい顔のハリセンボンも、
戦闘ボートにみえます。
(アメリカ軍は兵器の前面に顔を書いたりします)




品川アクアパークは、
同じ系列の仙台水族館などに比べると、
演出に凝っていて、
少し大人向けになっています。

とくに、
ライトアップされたクラゲの姿は、
たいへん幻想的でありますが、
私には、
パラシュート部隊が降下しているように見えます。




明日は終戦記念日だから、
こんなことを感じるのかな?

無心に水槽を見入る子供たちの横顔を見ていると、
平和な世界は素晴らしいと思いますね。

兵器は模型の世界だけで十分です。
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao