忍者ブログ
「web-magazine GYAN GYAN」では、第三者的な視点でロックを検証してきましたが、当サイトではプライベートな感覚で、より身近にロックを語ってみたいと思います。
  ★ カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20
22 23 24 25 26 27
28 29 30
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[01/14 matsuZACK]
[01/14 うぃん]
[11/14 サキツミベイビー]
[11/13 matsuZACK]
[11/12 サキツミベイビー]
  ★ プロフィール
HN:
matsuZACK
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1962/02/15
自己紹介:
matsuZACKです。
“下天のうちをくらぶれば~”の年齢に到達してしまいました。
ミュージシャンを目指したり、
音楽評論家や文筆業を目指したり、
いろいろと人生の奔流に抵抗してきましたが、
どうやらなすがままに、
フツーの人におさまりつつあります。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ P R
  ★ カウンター
  ★ お天気情報
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
★2019/01/06 (Sun)
正月が過ぎ、
普通の生活に戻り始めています。

年末年始に増えた体重が、
まだ元に戻っていないことを除けば、
2019年は順調なスタートといえるでしょう。

私は年末に見た
『ボヘミアン・ラプソディ』以来、
クイーンの古い音源を聴き返しているのですが、
すっかりブライアン・メイのトーンにハマってしまい、
研究(?)に没頭しています。

リアルタイムでは、
エース(フレーリー:キッス)や
ジョー(ペリー:エアロスミス)に熱狂し、
少々控えめだったブライアンには、
それほど興味を持たなかったのですが、

あらためて聴いてみると…

これはおもしろい。
その後の自分のエレキギターの嗜好と、
よく似た部分があり、
非常に興味をそそられるのでありました。

まず、

例の自作ギターの、
シングルコイルPUで、
線の細い歪んだトーンを基本としていますが、
このトーンが絶妙です。

思い切りピッキングをした時に、
やや歪む程度の微妙なセッティングですが、
これはやはり、
VOX(アンプ)によるところが大きいと思われます。

初期のロリー・ギャラガーが同じように、
VOXを使用して、
こちらはバリバリに歪ませているのですが、
少しヴォリュームを落とした時の感じが、
ブライアンにそっくりなのです。

マーシャル系を使うと、
どうしても、
リッチー(ブラックモア)になってしまうので、
アンプもしくはプリ・アンプに、
VOXを使用してみようか、
などと考える、
今日この頃です。

私は長いこと、
この歪みを探していたのかもしれません。

そして、

ブライアンといえば、
エコーを駆使したプレイですが、
私もその初期から、
エコー系のエフェクトが大好きで、
テープエコー、アナログ・ディレイ、
そしてデジタル・ディレィと、
いつも足元には、
エコー系のエフェクトが常備されていました。

彼は、
リピート音をそれぞれ、
別のアンプに通していたぐらい、
残響音にこだわっていたのですが、
残響音のトーンはそれほど重要なのです。

そこは、
アンプを含めて、
いつも自分のセットを持っていかないと、
維持することは難しいのですが、
ちょっとコダワリたいところです。

さらに、

コーラスやフランジャーといった、
モジュレーション系のエフェクトを好むのも、
私の嗜好とよく似ております。

最近になってわかったことですが、
ブライアンもそうですし、
ポリスのアンディ・サマーズもそうですが、
イギリス系のギタリストは、
コーラス?と思われるトーンに、
フランジャーを使っていたようで、
フランジャー(当時はアナログ)を、
マイルドにセッティングして、
コーラス的な効果を出しているのです。
(これを擬似コーラスと呼ぶ)

当時、
コーラス(日本製BOSSのCE-1)を使っていたことが
確証できるのは、
ジェフ・ベックとラッシュのアレックス・ライフスンぐらいで、
あとはどうやらフランジャーを使っていたようです。

フランジャーというと、
かなりキワモノ的なイメージが強く、
なかなか使いずらい印象がありますが、
この際、
しっかり取り組む価値があると思いました。

ということで、

年末あたりから、
エフェクターをいくつか手に入れて、
研究しているところです。

どんなものを入手したかは、
次回にでもお話しすることとして、
今年はまず、
エレキギターの出音にコダワリたいと思います。
(いきなり、年頭の抱負か?)
PR
★2019/01/01 (Tue)
新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

★2018/12/30 (Sun)
2018年の最後に、
何を語るか考え、
ここは、
大河ドラマの『西郷どん』だな、
ということになりました。

今年の大河ドラマの主人公が、
西郷隆盛と聞いた時には、

また幕末〜明治維新モノか…
新選組、坂本龍馬、会津藩、吉田松陰ときて、
今度は薩摩ねぇ…
NHKも芸がないなぁ、
などと思い、

日曜の夜8時は、
ウッチャンが司会の裏番組を見るか、
と思っていたものです。

それが、
物は試しとばかりに、
最初の放送を見て以来、
引き込まれるように、
最後まで見てしまったのですから、
世の中わかりません。

その上、
ある種の感動まで覚えてしまったのですから、
『西郷どん』は大したもの、
と言わざるを得ませんね(笑)

その理由のひとつは、

西郷隆盛は知っていますが、
明治維新後の動向がよくわからず、

歴史の教科書にある、
「征韓論に敗れて下野し、
西南戦争を起こした」
というくだりが理解できず、

この際、
しっかり把握しておこう、
と思ったことによります。

『西郷どん』はこのあたりの話が丁寧で、
しかも心理描写に無理がなく、
おかげで、
よく理解することができました。

とくに西南戦争は、
意図的に始まったものではなく、
偶発的なものであり、
なおかつ、
反乱に向かって誘導された形跡があることが、
上手く表現されていました。

ここは、
このドラマのポイントといえます。

主演の鈴木亮平と瑛太が、
「明治維新以降を見てほしい」
と言っていた意味がよくわかりますね。

そして、

初期の頃の、
どこから見ても、
好感度の高いイナカの青年が、
どのようにして、
倒幕の巨魁に変身していくのか、
ここにも興味をそそられたのでした。

このへんは、
主演の鈴木亮平が巧かったですね。

(ちなみに、
終盤になったら、
もうどこから見ても西郷隆盛になっていた彼ですが、
収録を終えてしばらくしたら、
見事に元のスリムな体型に戻っていました…さすがプロです)

それにしても『西郷どん』

人望があり、
仕事ができる人間が、
必ずしも評価されるとは限らず、
むしろ、
イヤなものを全て背負い、
それと心中してしまうことになることが多い、
ということがテーマであり、

さらに、

明治維新というのは、
そのような一級の人材ほど、
早くに消えてしまい、
それほどでもない人材が幅を利かせ、

なおかつ、
このときの幻想を引きずったまま、
太平洋戦争に至る、
という最近の歴史観が、
しっかり描かれていた点が評価できると思います。

私は自分で言うのも何ですが…

少しばかり、
『西郷どん』と似たような資質を持っているので、
とくに理解できるシーンが多く、
これもポイントであったと思います。

さて、
来年は何をやるのだろうか、
『西郷どん』の後はキツイぞ、
と思っていたら…

マラソンの話ですか?

いくら2020直前とはいえ、
これはねぇ…
雰囲気がなんとなく、
大河というよりは朝ドラっぽいという…
『まんぷく』の後の方が似合うのでは?(笑)

2019年の日曜8時は、
ウッチャンの出番ですかねぇ…
★2018/12/24 (Mon)
ロードショーから1ヶ月以上が経ち、
大ヒットで世の中を騒がせていますが、
私は本日ようやく観ることができました。

映画の評価については、
すでにいろいろな場所で語り尽くされているので、
あえてここで言及することはやめますが、
月並みな表現ですけれど…
タイヘンカンドウシテシマイマシタ(笑)

先に体験していた先輩諸氏から、
ラスト20分で、
拳を振り上げて立ち上がりたくなった、
と聞いていたのですが、
それもよくわかりました。

ライブ・エイドの再現の部分、
とくに「We are the champions」で、
ピアノ以外の楽器が入るところ…
私も思わず立ち上がりそうになりましたが、
おそらくココでしょう。ココ!

なんでみんな座っているんだよーっ
と心の中で叫びながら、
ささやかな抵抗で、
拳を前に突き出すにとどめた、
“小市民”な私です(笑)

クイーンについては、
リアルタイムでは正直なところ、
あまり好きではありませんでした。

どうも、
あの白っぽいヒラヒラした衣装のせいなのか、
『ミュージック・ライフ』の取り上げ方のせいなのか、
“アイドル”的なイメージが強くて、
中学時代には、
キッスやエアロスミスほどには熱狂できませんでした。

ところが、
高校の後半で一緒にバンドをやっていたベーシストが、
大のクイーン・ファンで、
遊びに行くと、
まず「Keep yourself alive」を聴かされる
という日課のせいで(笑)
少しずつそのサウンドを理解するようになりました。

そして今では、
黒人音楽からの影響を強く感じさせない派として、
ディープ・パープルやユーライア・ヒープ、
プログレッシヴ・ロックと同じカテゴリーで、
評価するようになっています。
(ブライアンはリッチー・ブラックモア、
ジョンはユーライア・ヒープのファン
だったこともわかっていますね…)

ちなみに、
『オペラ座の夜』は中学時代…
「ボヘミアン・ラプソディ」がヒットした頃から、
よく聴いています。

ですから、
映画の中で演奏される曲は、
みんな知っている…
どころか、
歌えたりするので驚きです。

そんな私がまず感動したのは、
俳優陣の健闘ぶりでした。
フレディ役の主演はもちろん、
ブライアンやジョンもよく似ていること…
(ロジャーはイマ0.5ぐらいでしたが…)
とくにブライアンはよく似ていましたね。
(雰囲気や話し方が、
インタビュー映像で見る彼そのものでした)

そして、
フレディの救いようのない孤独な魂に触れ…
新世代のミュージシャンとして
語られることの多い彼らですが、
こうしてみると、
フレディだけはその前の世代、
例えば…ジミ・ヘンなどと
同じようなタイプだったことがわかり、
これは新鮮な驚きでした。
(取り巻きがクソだったことも共通していますね)

この映画によって、
老若問わず、
クイーンが再評価されているようで、
いまさらながらに、
彼らの音楽の素晴らしさを実感するわけですが、
それを生み出す側は、
このように熾烈な生みの苦しみを味わい、
不幸にして、
人生の幕を早く下ろしてしまうことがあるということ…
これもロック・ミュージシャンの性でしょうか。

私はAM局の電話リクエスト番組で、
リアルタイム(1975年)に、
「ボヘミアン・ラプソデイ」を聴きましたが、
AM局ゆえに、
ギター・ソロのあたりでファイド・アウトされ、
LPを聴くまではこの曲の全貌を知りませんでした。

初めて聴いたときの衝撃は、
劇中のレコード会社のお偉いさんと同じく…
「なんじゃコレ」でした(笑)

さて、
今日行った映画館には、
エリック・クラプトンの
ドキュメント映像の広告(『12小節の人生』)がありましたが、
コレも見ることになりそうです。

初期のロックが映画になり、
古典作品のように扱われる時代が
ついにやって来たか、
という感じですが…

年末に、
いいモノを見せてもらいましたよ(笑)

↓やっぱ、コレでしょう

★2018/12/16 (Sun)
さて、
今年も残りわずかとなったところで、
例年同様、
恒例の「2018年マイベストアルバム」の発表です。

と言いたいところですが…

今年は、
突発性難聴の治療に専念したり、
いつもと違うメンバーで懐古的な音を出したり、
その流れで、
ギターパートをフルコピーすることに熱中したりしたせいか…

発売される音源や映像を、
リアルタイムで追いかけておらず、
ここで発表するネタがあまりありません。

とはいえ…

そんな今年の終盤に、
とんでもない新譜に出会いました。

まさに、
今年の新譜はこれに尽きる、
と言っても過言ではないでしょう。

【新譜部門】
☆ミシェル・ンデゲオチェロ『カヴァーズ〜ヴェントリロクイズム』

ミシェルは、
ベーシスト兼シンガー/ソングライターで、
1993年にデビューした、
ベルリン生まれでワシントンDC育ち、
バイセクシャルを公言する女性です。

我々の感覚からすると、
90年代のデビューなんて、
まだ新人の域という印象ですが、
とんでもない、
ミシェルはデビューしてから25年が過ぎ、
今やベテランの領域に達しているのです。

そんな円熟期の彼女が、
1980〜90年代のR&Bのヒット曲を、
独自の感覚でカヴァーしたのが本作で、
2018年3月に発表されました。

私は本作に、
発売当初から興味を持っていたのですが、
冒頭で述べたような、
諸般の事情により、
入手したのは、
半年以上過ぎてからになりました。

そして、
一聴した瞬間に、
ノックアウトされてしまったのです。

これは素晴らしい…

どの曲も、
現代風にアレンジされているのですが、
彼女の柔らかく澄み切った歌声が、
冷たさや鋭さを緩和していて、
本来は最先端の尖った音のはずなのに、
妙に心安らぐ懐かしい音に聴こえてしまいます。

聴きモノは、
2曲目の「Nite and day」
そして続くプリンスの
「Sometimes it snows in April」
さらに「Waterfalls」への流れです。

「Nite and day」の美しさは、
ため息が出るほどですが、
このようなアレンジに出会うと、
結局、
楽器は人の声にかなわない、
ということを気付かされてしまい、
歌が不得手な私としては、
少々妬ましい思いになります。

プリンスは…
なぜかこの方の曲は、
女性シンガーがカヴァーすると、
何倍も説得力が増し、
名曲になってしまうのです。

1990年に、
シンニード・オー・コナーが発表した、
「Nothing compare to you」
のカヴァーも衝撃的でしたが、
今回の「Sometimes it snows in April」からは、
それと同じクラスの衝撃を受けました。

「Nothing compare to you」は、
あなたと別れてから15日と7時間…
いろんなことをしているけれど、
あなたに変わるモノなんてありゃしない…

「Sometimes it snows in April」では、
ときどき4月でも雪が降るよね、
私はときどき悲しくなるんだよ…

両者とも、
ブツブツと独り言のように、
虚ろな心情を吐露するのですが、
この女々しさ!(笑)

プリンスの詞は、
女性的なのでしょうね…

なので、
彼が歌うより女性シンガーが歌った方が、
曲の魅力が倍増するのだと思うわけです。

それにしても、
この曲の諦観とでも言いたくなるような、
疲労感は、
心地よいなぁ…

このまま語っていると、
この作品だけで本が一冊書けそうになってしまうので、
このへんでやめておきますが、
それほど『カヴァーズ~ヴェントリロクイズム』は素晴らしい作品です。

正直なところ、
このような新譜には数年ぶりで出会いました。

その他、
ちょっと実験し過ぎたかな?
と思われるものの、
カート・ヴァイルの新作『Bottle it in』は、
よく比較されるボブ・ディランというよりは、
ルー・リードっぽいサウンドで、
なかなかの聴きモノでした。
(ヴェルヴェットっぽいのだ)

この方、
かなりの音響マニアと見ましたが、
イーノあたりがプロデュースをしたら、
面白くなるかもしれません。

それと、
これは新譜と言ってよいと思いますが、
ジミヘンの『Both sides of the sky』も名作と思います。
なにしろ音が良くて、
彼が何をやっていたか、
がよくわかる仕上がりになっていたのが印象的でした。

が…
ミシェルがすべてを凌駕してしまったのです。



【再発部門】
ここは、

昨年暮のピンク・フロイドの紙ジャケ…
『炎』以降の作品から始まり、
ビートルズの『ラバー・ソウル』以降を揃え、

同じく、
昨年のマイ・ブームからの流れで、
ジャズ・ファンクの傑作、
バディ・マイルズの『ゼム・チェンジズ』を聴き、

これまた『Guitar Magazine』の特集から、
ベンチャーズを集め、

その後、
キッス、ディープ・パープル、エアロスミスなど、
コレクションとして欠けていたアルバムを、
紙ジャケで揃え、

なぜか最後はサンタナにハマったりして…(笑)

いろいろありました。

が…

ここでもっとも衝撃的だったのは、
映像作品で、
☆『Still on the run The JEFF BECK story』

これはもうタイトルが全てを表しています。

Still on the run
そうです。
師匠はまだ走り続けています、
まだ現役で最先端のシーンに立っているのです。

この作品は、
師匠の50年に及ぶ活動を振り返る内容で、

ロッド・スチュワートとの時代、
そしてコージー・パウエル、
第二期ジェフ・ベック・グループから『Blow by blow』、
唐突にBBA、
あたりの貴重映像満載で、
ファンにはそこだけでも垂涎モノでありますが…

その延長上に現在の活動があり、
DiSC2に「Live at Montreux 2007」
が収録されているのがポイントです。

ここまで見て、
誰もが思うことは、
「ジェフ・ベックって、年々ギター上手くなってるじゃん」
です…(笑)

確かに、
私も来日のたびに、
師匠のステージには接していますが、
来るたびに上手くなっているのです。

これには驚きです。

そして、
毎回ライヴのコンセプトを変えてくる。

ここには脱帽です。

ということで、
まだまだ、
その動向から目が離せないジェフ・ベック師匠ですが、
その凄さを堪能できるのが、
この作品です。

これを今年の年頭に見たのがいけなかったのかな?
(忘年会で「Superstition」を演奏してしまったことに対して…)

師匠に始まりミシェルで終わった…
まぁ、そんな2018年であります。

例年同様ですが、
あと2週間で今年も終わりですね。


↓オマケが欲しくて買ったわけではない(笑)

忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao