忍者ブログ
「web-magazine GYAN GYAN」では、第三者的な視点でロックを検証してきましたが、当サイトではプライベートな感覚で、より身近にロックを語ってみたいと思います。
  ★ カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14
17 18 19 20 21 22
23 25 26 27 28 29
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[02/25 matsuZACK]
[02/25 shiba]
[12/30 matsuZACK]
[12/30 shiba]
[12/29 matsuZACK]
  ★ 最新記事
  ★ プロフィール
HN:
matsuZACK
年齢:
58
性別:
男性
誕生日:
1962/02/15
自己紹介:
matsuZACKです。
“下天のうちをくらぶれば~”の年齢に到達してしまいました。
ミュージシャンを目指したり、
音楽評論家や文筆業を目指したり、
いろいろと人生の奔流に抵抗してきましたが、
どうやらなすがままに、
フツーの人におさまりつつあります。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ P R
  ★ カウンター
  ★ お天気情報
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
★2019/11/10 (Sun)
ロキシーミュージックのギタリスト、
フィル・マンザネラのプロジェクトである、
『801 Live』の、
2019リマスター紙ジャケ仕様を購入した際に、

HMVオンラインショップで、
いろいろと特典があったため…

購入のタイミングを逃していた、
数枚のアルバム(すべて紙ジャケ)を一気に、
揃えたのですが、

なぜかプログレ系作品が並ぶことになりました。

その中で、
フランスはアトールのデビュー作『Musiciens magiciens』
そしてユーライア・ヒープが、
アンプラグドでセルフカバーに挑戦した『Acoustically driven』
に感銘を受けた私は、

その後、
迷うことなく、
四人囃子の
『一触即発デラックスエディション』を予約したのです。
(2019/10/23発売)

これは、
説明の必要がない、
我が国が誇る名バンドの、
衝撃のデビューアルバムをリマスターし、
未発表音源(ライブ)を加えた3枚組で、

目玉は、
1973/7/21杉並公会堂で行われた、
四人囃子初のワンマンコンサート、
「ミラージュ・オブ・四人囃子」の、
全演奏が収録されていることです。

すでに、
このコンサートの翌月に当たる、
1973/8/21六本木俳優座のライブは、
『’73 四人囃子』として、
1978年にLPレコードで発表され、
CD化もされていますが、

今回発表された
「ミラージュ・オブ・四人囃子」の音源が揃うことで、
アルバムデビューする前の、
貴重な演奏を堪能できるようになりました。

初期の四人囃子というと、
ピンク・フロイドと比較されがちですが、
実際にこの時期の彼らを見た人によると、
「いや、むしろ“ディープ・パープル”っぽかった」
という答えが返ってきます。
(BOWWOWの山本恭司氏は当時、
松江で「Burn」を演奏する彼らを見たそうな…)

今回収録されている、
「ミラージュ・オブ・四人囃子」のアタマ2曲を聴くと、
その発言に頷けます。

オープニングの「ライト・ハウス」は、
彼らにとって、
初のオリジナル作品ということですが、
冒頭の、
ハウリング&フィードバックに、
派手なアーミングの応酬があるところは、
初めは「ジミヘンだな…」と思うのですが、
次第に「リッチー?」と思えてきます。

第2期ディープ・パープルのライブ映像…
2期でも初期の頃の映像(1期の曲をやっているヤツです)ですが、
あのあたりでよく見かける、
リッチーのアドリブパートの感じに、
そっくりなのです。

当時は、
これらの映像はあまり一般的ではなかったはずで、
森園氏はどこからインスパイアされてのでしょう?
もしかして、
ジミヘン好きにプログレ色が入ると、
こうなるのかもしれません。

そして、
フィードバックさせながら、
なんと!
我が国の国歌が…
ジミヘンのアメリカ国歌よろしく、
登場するところがあり…

これは、
竹中茶々丸先輩の、
JL&Cのファーストアルバム(ライブ)で、
冒頭に出てくるヤツ…

先輩はもしかすると、
森園氏をパクったのでしょうか?(笑)

そして、
「ライト・ハウス」本編に入ると、
ギターとオルガンによる、
ヘヴィーなリフがメインで、
まさにディープ・パープル!です。

2曲目は、
「羅生門」という舞台で使われた、
「藪の中」という、
これまた未発表曲ですが、
こちらのイントロでは、
絶妙なエコーのかけ方がいくつか披露され、
格好イイこと、
この上ありません。

これ、
ハタチそこそこの若造の演奏じゃないよ〜
スゴ過ぎて言葉が出ません。

それにしても、
森園氏のストラトはエエ音してはりますなぁ…
やっぱストラトはエレキの王様です。

「藪の中」はインストで、
ここから「ピンポン玉の嘆き」につながり、
(これライブでやるとは思ってもいませんでした)
これ以降は、
すでに発表されている俳優座のライブと、
同じ選曲になっています。

「おまつり」
「空飛ぶ円盤に弟が乗ったよ」
「中村君の作った曲」(タイトル考えろよ〜(笑)
「泳ぐなネッシー」
「一触即発」

(「泳ぐなネッシー」は、
LP時代の『’73 四人囃子』には、
時間の関係で収録されなかった曲ですが、
CD化に際して収録されています)

1ヶ月後の俳優座ライブと比べると、
かなり荒々しい音で、
(あっちは綺麗にまとまっています)
「空飛ぶ円盤〜」のドラムソロも、
たいへん長尺になっていますが、
若さというか、
エネルギッシュな熱気があって、
これはこれで面白いと思います。

何度も言いますが、
これがハタチそこそこの若造の演奏とは…
とうてい信じられないことであります。

笑えるのは、
この異常にボルテージの高い演奏の合間に入る、
森園氏のボソボソしたMC…(笑)

神奈川の奥で合宿していたので、
疲れ果てていますとか…
虫と蒸し暑さに悩まされたとか…
親父ダジャレを交え、
なぜか饒舌に喋るのでした(笑)

『’73 四人囃子』は、
「ネッシー」を加えてCD化された際に、
ものの見事に、
このようなMCがすべてカットされてしまい、
何だか物足りなく感じた覚えがあります。
(冒頭「4番エコーを切ってください」から
「最後に出るから偉いんじゃなくて〜」
という内輪にしか受けないネタばかり続くのですが…)

まぁ…このへんの朴訥さというか、
飾らない感じが、
独特の日本語の歌詞に表れているわけで、
これを含めて四人囃子の魅力、
と言えるわけです。

それにしても、
改めて再認識した、
四人囃子のスゴさ…

これは後世に語り継がれるべきものですよ。

ちなみに私は、
名曲の誉れ高い「一触即発」よりも、
「おまつり」と「空と雲」が好きで、
そして「なすのちゃわんやき」が好きです。

あんな感じのストラトサウンドが再現できたら、
サイコーなんですけどね。
言ってしまえば、
我が国では珍しい、
トリップ・ミュージックなんですよ。

気持ちよくなれる?(笑)
PR
★2019/11/04 (Mon)
一週間が経ちました。

周囲も落ち着き、
生活は当然のごとく、
元通りになりましたが、
どことなく、
鬱屈とした気分が残っており…

これを、
災害ストレスと呼ぶのかもしれません。

我が家の近くで、
崩落した土地は、
いまだに立入禁止になっており、
倒壊を免れた、
周囲の何軒かの住民も、
公営住宅への転居を促されました。

そして、
災害危険区域の指定、
千葉県知事を初めとする、
行政の対応など、
いろいろな問題に焦点が当たり、
あちこちで論争になっています。

そこで明らかになってきたのが…

今年9月以降の、
台風15号、19号、そして今回の、
21号通過の影響による大雨の被害が、
驚くべきほど広範囲に及び、
しかも、
被災の認定に該当しない被害が、
驚くべきほど多い、
という実態です。

これでは、
国も行政もお手上げ状態になってしまいます。

どうやら、
この秋の風水害は、
東日本大震災以来、
それに次ぐ規模の、
自然災害であったようです。

毎年このような騒ぎが起こったら、
そのうち、
日本には誰も住まなくなってしまうのでは?
などと心配になってしまいます。

そんなこの頃…

音楽とは離れているのか、
と言えばそうでもなく、
今回はわりと、
いろいろやっているので、
ご安心ください。

なぜか、
マイ・ブームはプログレで、
さらに、
自分のバンドの過去の映像を見て、
モチベーションが上がったりしています。

おおっ…
この頃のオレ頑張っているじゃん、
なんて、
自然と笑顔になるわけですよ(笑)

そこで、
気が付いたわけです。

物質はお金で買えるけれど、
思い出…つまり、
人生の記録だけは、
一度失ってしまったら、
二度と取り返すことができないのだと…

時を遡ることはできないので、
過去は記録で振り返るしかなく、

家族の写真や映像は当然のこととして、
楽器やCDよりも、
演奏の記録(録音や録画したもの)を、
保管しておくことを考えた方がよさそうです。

先週の金曜日に、
もしかすると我が家も倒壊するかも、
と思いながら帰宅する道すがら、
楽器は仕方ないか、
と案外サバサバしていたことを思い出しました。

いっそ、
すべて失なって、
一からやり直したら、
また違う世界が見えるかも、
などと開き直っていたのです。

こういうことがあると、
大切にすべきものがわかるのかもしれませんね。

断捨離とは違う意味で、
これからの人生で意識するべきものを、
しっかり管理するということなんでしょう。

次回は音楽の話題をやるかーっ
★2019/10/27 (Sun)
10月25日(金)
日本の東の海上を北上した、
台風21号の影響を受けた、
低気圧の通過にともない、

千葉県では、
10月1ヶ月間の雨量に相当する雨が、
半日ほどの間に一気に降り、
千葉市緑区誉田町では、
3軒の住宅が土砂に押し流され、
2名の尊い命が失われました…

NHKのニュースなどで映し出された、
この住宅は、
私の自宅から、
ほんの200〜300m奥に入った場所で、
うち1軒は、
私の長男の同級生の家…
つまり、
顔見知りの家族だったのです。

幸い、
その家族は不在であったため、
難を逃れたものの、
映像の通り、
家屋は道路に横倒しになり、
1階部分は崩壊してしまいました。

災害発生と同時に、
私の自宅を含め、
周囲にすべて避難命令が出て、
立ち入り禁止区域になりました。

避難した家族から、
悲報を受け、
私は急いで帰宅しようとしたものの、
千葉から先の鉄道は、
すべて運転を中止している状態でした。

それでも、
かろうじて、
自宅の最寄り駅までの折り返し運転が、
発車時刻未定ながら、
数本運転されることを知り、
私は当日の21時頃、
電車で最寄り駅に到着しました。

避難所へ向かう前に、
自宅が無事であるか確認しようと考え、
自宅周辺へ歩いてきたところ、
ちょうど避難指示が解除されるタイミングで、
我が家に入ることができました。

停電以来使い慣れていた、
iPhoneの懐中電灯を使い、
自宅周辺の暗がりを照らしたところ、
少々の泥の流入はあったものの、
ありがたいことに、
我が家は無傷でした。
(もちろん電気も使えました)

翌日、
明るくなってから確認したところ、
泥の流入が少々の他、
大量の雨水が流れたせいか、
庭の隅に小さく陥没したところが見つかりましたが、
いずれもたいしたことはありませんでした。

隣家の庭は、
裏の斜面から、
かなりの量の泥が流入し、
クーラーの室外機が半分埋まっていたため、
ボランティアの力を借りて、
泥の除去をしました。

台風19号のときだったと思いますが、
テレビの取材で、
千葉県は、
過去に大きな災害に見舞われたことが少なく、
今回のようなことは初めてだ、
と答える方を見ました。

私もそう信じていた一人です。

しかし、
今年の後半になって、
これで2回、
かつてない風雨の被害を受けたのです。

あり得ない話が現実となりました。

これは疑うことのできない事実です。

有識者の中には、
地球温暖化が進めば、
今回のような規模の災害が、
年間に数度やってくるようになる、
と警鐘を鳴らす人がいます。

いまや私は、こちらを確信するようになりました。

地震と風雨…
もしかすると、
冬の雪害もあるかもしれません。

自然災害にどう備えるか、
住居をどうするか、
マジメに考える必要がありそうです。

そして、
度重なる自然災害が、
心身にプレッシャーを与えるのか、
何事に対してもモチベーションが向上せず、
困っています。

音楽はこのような時に、
たいして役に立ちませんよ…本当の話。
★2019/10/20 (Sun)
台風19号の襲来を受ける2日前…
10月10日の夜に、
幕張メッセで行われた、
STINGの東京公演に参加してきました。

今年68歳になるSTINGは、
5月に自己のキャリアを総括した、
『マイ・ソングス』を発表し、
韓国を皮切りにワールドツアーを敢行、
その2番目の訪問国が日本だったのです。

ツアーは、
『マイ・ソングス』のプロモーションであるため、
アルバム同様、
POLICEとソロアルバムの曲が
バランスよく配分され、
とても楽しめるものでした。

当日の演奏曲は以下の通りです。
(by Shibaやんメモ)

※はPOLICEナンバーです。

1.Message In A Bottle(※)
2.If I Ever Lose My Faith In You
3.Englishman In New York
4.If You Love Somebody Set Them Free
5.Every Little Thing She Does Is Magic(※)
6.Brand New Day
7.Seven Days
8.Whenever I Say Your Name
9.Field of Gold
10.If You Can’t Find Love
11.Shape of My Heart
12.Wrapped Around Your Finger(※)
13.Walking on the Moon(※)
14.So Lonely(※)
15.Desert Rose
16.Every Breath You Take(※)
アンコール
17.King Of Pain(※)
18.Roxanne(※)
19.Driven To Tears(※)
20.Fragile

個人的には、
POLICE時代の好きな曲が、
ほとんど聴けたので、
大満足でした。
(「Can’t Stand Losing You」があれば、
完璧でしたね…)

そして、
休むことなく、
オープニングからエンディングに至るのは、
見事としか言いようがありませんでした。

今回は、
iPhoneによる撮影が許可されていたので、
写真を撮りまくったのですが、
ご覧の通り、
STINGは何も飾ることのない、
自然体そのものであり、



その強靭な肉体を強調することなく、
じつに軽やかに20曲を歌い、
そしてベースを弾いたのです。



これはスゴイことです。

名曲の数々は、
今のSTINGが表現することで、
単なる再演ではなく、
新しい曲として聴こえるのでした。

自然体で音楽と対峙する…

何か、
これからの人生において、
座右の銘となるような、
貴重な時間をいただいた気がします。

ちなみに、
こんな哲学めいた思考には、
後から辿り着いたことで、
当日は「♪So Lonely〜」などと歌いながら、
キャ〜キャ〜騒いでいただけです(笑)

そして、
このサンバースト、ハゲハゲ仕上げは…



いいですね〜
こんな感じのストラトキャスター、
一本欲しいです。

あー
「ギターほしー病」が再発した(笑)

↓ラストはシブくアコギで締めました。



PS:
「Message In A Bottle」と
「Every Breath You Take」は、
それぞれ1曲まるごと動画におさめたのですが、
さすがに公開するわけにもいかず、
個人的に楽しんでいます。
希望があれば、
アクセス制限をつけてYouTubeにアップしますが…
★2019/10/13 (Sun)
この2日間に、
年間降水量の、
30〜40%に当たる量が降った地域があるとは…

おそろしいことです。

今回やって来た台風19号は、
事前に言われていた通り、
数十年に一度の災害であった、
ということです。

幸い、
私の住んでいる千葉市では、
前回(9月初旬の台風15号)ほどのことはなく、
大事に至りませんでしたが、

被災された方々には、
心からお見舞い申し上げると共に、
一刻も早く、
元の生活に戻れることをお祈りしております。

ところで…

前回ほどではなかったとはいえ、
我が家は昨日、
3回ほど停電しました。

最初は朝の8時過ぎ…
ちょうど朝食を食べていた時で、
「今回は早いなぁ〜」などとボヤいていたら、
10分ちょっとで復旧…

ヤレヤレとひと安心していたら、
またすぐにブツっと切れて、
今度はすぐには復旧しません。

「ああっ今回もこのまま暗闇の生活か…」
と覚悟し始めていたら、
およそ3時間後の11時過ぎに復旧しました。

後でわかったことですが、
1回目の停電は送電線のトラブルで、
千葉県のかなり広い範囲が停電したそうですが、
これはすぐに復旧しています。

2回目の停電は、
ちょうどこの時刻(8時30分頃)に、
隣の市原市で発生した竜巻(?)が、
電線を破壊したことによるもので、
復旧まで時間を要したということでした。

竜巻が発生したのは、
私の自宅から車で15分程度のところで、
南房総へ行く時には必ず通る、
見覚えのある土地だったので、
思わずゾッとしました。

その後、
風雨が強くなり、
早めの夕食を取り、
「今回は持ちこたえているね」
などと家族と話していた夜の8時過ぎに、
またもやブツっと切れて、
今度は今朝まで復旧しませんでした。

私は前回の台風の後、
すぐに、
いろいろな防災グッズを仕入れていたので、
とり合えず、
慌てることはありませんでしたが…

グッズには、
使えるものと使えないものがあり、
やはり実際に使ってみないと、
良し悪しがわからないことを実感しました。

まぁ…個人的な感想ですが、
ランタンなどの灯については、
ソーラータイプが便利ですが、
小型バッテリーにソーラーは不向きです。
(文字通り、“日が暮れて”しまいます…)

また、
小型バッテリーは、
コンセントを差し込めるようになっていても、
電圧が小さいものが多いので、
家電が使えなかったりします。

やはり、
価格は少々お高いのですが、
家電が使える、
燃料タイプの方がよろしいようですが…

ガソリンを使うタイプは、
メンテナンスが面倒なので、
カセットコンロの燃料を使えるものが、
使い勝手がよいようです。

そして、
灯はソーラーでも、電池式でも、
とにかく数があった方がよいと思います。

お湯については、
原始的ですが、
とにかくいつでも、
お風呂の浴槽にいっぱいのお湯を、
用意しておくことです。

給湯器を使用しなくても、
お湯が作れるグッズはありますが、
電源の問題がつきまとうので、
あまりおススメできません。

こうなると、
災害は他人事ではないので、
いつ何が起こってもいいように、
備えだけはしておくべきでしょう。

ちなみに…

今回も風雨は強かったのですが、
前回のような恐怖を感じることはありませんでした。
「まぁ…こんなもんだよね」
と思ったわけですが、

それほど、
台風15号の際に体験した、
中心付近の暴風の凄まじさは、
並大抵なものではなかった、
ということになります。
(加えて、陸地に上陸せず、
東京湾を北上したので、
中心から東側の地域はたまらなかったわけです)

それにしても、
突然やってくる、
停電のブツっには、
とんでもなくストレスを感じるのですが…

何しろ今回も、
ミョーに疲れましたね(笑)
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao