忍者ブログ
「web-magazine GYAN GYAN」では、第三者的な視点でロックを検証してきましたが、当サイトではプライベートな感覚で、より身近にロックを語ってみたいと思います。
  ★ カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14
17 18 19 20 21 22
23 25 26 27 28 29
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[02/25 matsuZACK]
[02/25 shiba]
[12/30 matsuZACK]
[12/30 shiba]
[12/29 matsuZACK]
  ★ 最新記事
  ★ プロフィール
HN:
matsuZACK
年齢:
58
性別:
男性
誕生日:
1962/02/15
自己紹介:
matsuZACKです。
“下天のうちをくらぶれば~”の年齢に到達してしまいました。
ミュージシャンを目指したり、
音楽評論家や文筆業を目指したり、
いろいろと人生の奔流に抵抗してきましたが、
どうやらなすがままに、
フツーの人におさまりつつあります。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ P R
  ★ カウンター
  ★ お天気情報
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
★2019/10/06 (Sun)
消費増税でスタートした10月ですが、

私は、
報道で大騒ぎになっていた、
生活用品を含め、
まったく駆け込み消費をすることがなかったので、
ごくフツーに過ごしています。

ということは…

懸念された、
「ギターほしー病」が再発しなかった、
ということになりますが、
そうではなく、
最近少し、
症状(?)が変わってきたようなのです。

つまり…

あまり高級なギターに興味を持たなくなり、
その反面、
低価格帯のものや、
中古ショップで見つける珍品に、
やたら惹かれるようになったのです。

それは、
YAMAHAの「パシフィカ」の、
コストパフォーマンスが抜群であると、
プロの方々がYouTubeで絶賛されていることが、
きっかけでした。

YAMAHA「パシフィカ」は、
私も1990年頃に所有していたことがあり、
その作りのよさ…
とくにネックの弾きやすさが、
今でも印象に残っています。

が…

フロイドローズ・トレモロユニットが扱えず、
数年で手放してしまいました。

↓私が所有していたものと同じモデル(912J)



当時は、
低価格帯ではなく、
現行の倍以上の定価でしたが、
いったいいつから、
こんなに安く販売されていたのでしょう。

実際に店頭で、
現行の「パシフィカ」の中でも、
もっとも価格の低いもの(3万円前後)を、
試奏してみましたが、
当時の記憶の通り、
たいへん弾きやすいギターでした。

生産技術は確実に伝承されているようです。

現行の最上位機種には、
ダンカンのPUが搭載されているのですが、
それでも、
10万円をはるかに下回る定価で…
このあたりが、
みなさんに絶賛される所以なのでしょう。

ARIA PROⅡも、
伝説の「PE」シリーズを低価格で販売しており、
これは、
楽器離れが進む、
若い世代を繋ぎ止めておくための、
戦略なのかもしれません。

ギター好きにとっては、
ありがたい恩恵と言えます。

また、
私が以前から注目していた、
低価格帯のブランドに「ダンエレクトロ」があります。

これは、
ジミー・ペイジが、
ライヴで使用していたことで有名なブランドですが、
同型の12弦仕様が、
発売当初は3万円台で販売されていました。

↓「ダンエレクトロ」を手にしたジミー・ペイジ



このギターは、
発売直後から値上げが始まり、
今では当初の倍ぐらいの価格で販売されています。

そのおかげで、
私は購入するタイミングを逃し、
昨年オーダーメイドで、
エレクトリック12弦を購入するに至りますが…

一方で、
6弦もファッショナブルなので、
気になる存在ではあります。

「ダンエレクトロ」は、
一見するとソリッドに見えますが、
実は中が空洞(つまりセミアコ構造)で、
オリジナルのPUとブリッジが、
独特の響きを生む、
たいへん個性的なギターなのです。

これ1本で、
全ての領域をカバーするのは難しいとしても、
このギターでしか表現できない世界があると思えるので、
それはそれで興味が尽きない部分です。

この1年ほど、
12弦だ、
アコースティックベース(しかもフレットレス)だ、
8弦ウクレレだ、
などと、
いわゆるキワモノばかりを手にしてきたせいでしょうか、
このような個性的な一品に、
限りなく惹かれるのでありました。

重要なのは、
価格ではなく、
センスなんですね…

エレクトリック・シタールなども、
いいかもしれません。(笑)
PR
★2019/09/29 (Sun)
振幅が激しかったので、
“激振”という表現を使いましたが…
9月が終わろうとしています。

極楽のワイキキ、
地獄の天災、
そして…
一週間の休暇を取るために、
仕事の予定を第二週以降に集めてしまったため、
過密ぎみになったシワ寄せスケジュールが、
とりあえず、
予定通り消化されたところです。

ここからは、
釣瓶落としに早くなる、
日暮れと共に、
恐るべき速度で迫ってくる、
年末を迎えるという…
毎年お決まりのパターンがやって来るのです。

さて…
そんな今年の後半は、
どのような日々になるのでしょうか、
などと…

毎年この時期になると、
同じようなことを言っているかもしれません(笑)
★2019/09/22 (Sun)
ハワイで入手したウクレレです。



ハワイに行く前には、

楽器は買わないぞ、
とくにウクレレなどは、
持っていたとしても、
何に使うというのだ…

などと、
固く心に誓っていたのですが、

ホテルのそばにある、
ウクレレショップに、
フラっと入ってしまったのが運の尽き…

なにげに見渡した店内で、
ふと目が合ってしまったのが、
この娘でした(笑)

おおっこれは珍しい…
8弦仕様じゃないか。

生来の珍しいもの好きが災いしたのか、
それとも、
昨年来エレクトリック12弦などを弾くようになり、
複弦の魅力にハマっていたからなのか、
とにかく興味をそそられてしまったのです。

作りを見てみると、
まず指板がちゃんとしているし、
弦を巻くペグも、
ガットギターに使われている、
ギアがついた精巧なタイプで、
しかも、
全体にバインディングが施されています。

これは使えるよ。

試しに弾かせてもらったら、
複弦特有の響きもあって、
実にイイ感じで鳴るじゃありませんか。

値段を見てみると、
271.2…
ああ、3万円しないよ。

これだったら、
遊びで買っても損はしないな、
ということになり、
10分後にはカード決済にサインをしていました。
(請求は29,675円でした)

店内に並んでいたウクレレは、
上は10万円を超えるものから、
下は数千円まで、
実にバラエティに富んでいたのですが、
この娘はまぁ、真ん中程度…
ただし8弦仕様は他になく、
レア度は高いというところでしょうか。

さて、
ウクレレというヤツは、
ギターの1弦から4弦の5フレットが、
開放のチューニングになるので、
コツさえつかめば、
わりと簡単にコードを覚えることができます。

Dのオープンコードを押さえるとGになるのです…

そして、
このウクレレについていた、
製造メーカーのアプリをダウンロードすると、
iPhoneがチューナーになるし、
コードブックも手に入ります。

ギターと同じようなものとはいえ、
そこは4本しか弦がないので、
コードのニュアンスを出すには、
独特のフォームがあり、
新たな発見があったりします。

keyに関してはとりあえず、
ギターでは楽勝のEがキビしく、
Cが楽勝ということがわかりました。

そして、
最初の頃は、
憂歌団がカヴァーしていた、
「All of me」とか
「Raindrops Keep Falling on My Head」
(「雨に濡れても」ですな)
など、
ウクレレに似合う曲を弾いていたのですが、

ハワイアン・ミュージックに興味があるわけでもないので、
ロックの名曲やリフを弾くようになり…
「Across the Universe」
「Stairway to Heaven」
「Smoke on the Water」
「Jumping’ Jack Flash」など…
もうムチャクチャであります(笑)

もともと小さい作りの楽器なので、
ミニギターより完成度は高く、
持ち運びがラクで、
気軽に弾けるので、
宴会芸などに最適と思われます。

marcさんと、
ウクレレ・ロック漫談でもやるかなぁ…
加齢と共に芸風を変えるのもイイかもしれない、
などと、
本気で考える今日この頃でありました(笑)
★2019/09/15 (Sun)
ハワイから帰ってきた翌日は、
日曜日であったこともあり、
旅行の後片付けなどをして、
週明けに予想される激務に備え、
早寝をしました。

というのも、

明朝、
台風が通過するため、
首都圏のJRが20時以降、
運転を止めると聞いていたので、

あ〜明日の朝は、
交通網が乱れるのでユウウツだな…
などと思いながら寝たわけです。

ところが、

就寝してから数時間後、
物凄い家鳴りで目が覚めました。

うわっスゴイ風だよ…

我が家は西側に斜面を背負い、
東側が通りに面しているので、
そちらに面している部屋は、
普段から風の音がスゴイのです。

それにしても、
台風が来るから今夜はとくにスゴイな…

これでは眠れないよということになり、
東の奥にある居間に移り横になったのですが、

一向に風の勢いがおさまる気配がなく、

それどころか、
ますます家鳴りはヒドくなる一方です。

月曜の午前2時ぐらいの時点で、
これは尋常な騒ぎではないと、
眠れなくなってしまったので、
テレビをつけたところ、

NHKは夜中であるにも関わらず、
台風の接近にともない、
暴風がヒドくなっているので、
最大級の警戒をしてください、
と叫んでいるではありませんか。

これは一大事なのかな?

やっと、
事態の重大さに気が付き始めた、
午前3時頃…

バチンっと、
テレビを始めとする、
家中の電化製品が切れてしまいました。

あー停電だ。

それから、
懐中電灯の明かりの中、
私たちは、
かつて体験したことのない、
とんでもない家鳴りを味わうことになるのでした。

正直なところ、
家が吹き飛ばされるのではないか、
と思いましたよ。

暴風に混じって、
あちこちから、
何かが壊れる音や、
風で打ちつけられる音がして、
生きた心地がしませんでした。

この段階で、
避難指示のメールが着いてもねぇ…
一体どこへ逃げろ、
というのでしょう?

午前8時が過ぎ、
ようやく風がおさまってきて、
外へ出てみたら、
これが衝撃でした。

庭を埋め尽くす、
木の葉と枝の山、
そして、
ひっくり返っていた物置の姿…

もう、
今日は出社できないとあきらめ、
家の周囲の清掃などを始めたのですが、

これが、
これから4日に及ぶ、
電気のない生活の幕開けでした。

幸い、
我が家は水道とガスは無事だったのですが、
水風呂とローソクの日々を、
堪能することになったのです(笑)

加えて、
携帯電話やインターネットも繋がらず、
まったく外部からの情報が入らない状況…

ハワイでの極楽のような日々から、
電気のない生活へ…
非日常から非日常が続いたわけですが、
あまりの落差に笑いしか出ませんでした。

それにしても、
人間、
一寸先は闇であり、
備えあれば憂なしのことわざ通りで、
東日本大震災の記憶が薄れる中、
もう一度、
気を引き締めざるを得なくなった、
今回の台風騒動です。

同じ県内では、
まだ停電のままの世帯が多く、
一刻も早い復旧を祈るばかりです。

自然の猛威の前では人間は無力ですね。

こんなとき、
誰かを責めるのはやめましょう。
誰にも予想できなかった規模の災害だったのですから…
★2019/09/08 (Sun)
行くまでは、
なんだかんだと言っておきながら、
実際に行ってみたら、
あまりの居心地のよさに、
日本に帰りたくなくなった、
私です…(笑)

滞在したのは、
ハワイでも老舗のホテル
「Moana Surfrider (Westin)」でしたが、
半分くらいが外人客であったせいか、
リゾート感がハンパなく、
優雅な時間を過ごすことができました。
(一夜、
隣の某有名ホテルの夕食へ行ったら、
子連れの日本人客ばかりで、
まるで熱海のホテルのようでした…(笑)



目の前が、
ホテルのプライベート・ビーチで、
それはそれは、
美しい海が広がっていたので、
これはもう入るしかないだろう、
ということになり、
自慢の裸体(?)をさらし、
数十年ぶりの海水浴をしてしまいました。



水着を持って行かなかったので、
近くの「Quick Silver」で、
現地調達をしたのですが…
ショップの綺麗なおネーちゃんが、
私のウェストサイズをピタッと当てて、
ジャストフィットするものを探してくれたのは、
ちょっとうれしかったですね(笑)


イタリアンレストランに行く途中で、
ストリートミュージシャンを見かけたのですが、
ギターとベースのコンビが、
見事にハモって、
その前でダンサーがフラを踊るという、
たいへん完成度の高いものでした。



映画『フラガール』を何度か見ていたので、
その所作に意味があることは、
よく理解していましたが、
フラダンスというのは、
たいへん優雅でよいですね。
癒されますよ…(笑)

そんなこともあってか、
ウクレレが並んでいる店を見かけて、
つい入ってしまったら、
複弦のウクレレと目が合ってしまい、
見受けすることになりました(笑)



$271.2でございます〜

チューニングは、
ギターの1弦から4弦の、
5フレットと同じなので、
意外とスラスラ弾けます。

この娘は複弦なので、
ニュアンスのある響きが得られるため、
ハワイアン以外にも使えそうです。
これでまた、
少し違う領域に進出できるかもしれませんね。

そして、
アヤシイおじさんが、
割引券を配っていたGUN CLUBで、
念願の、
本物の拳銃を撃つことができました。

なにしろ初体験の、
音と反動にビックリ…

とくに、
ダーティハリーで有名な、
44マグナムはスゴかった…
両手で支えて、
足を踏ん張っていないと、
銃の反動に耐えることができません。

こんなので撃たれたら、
頭吹っ飛んじゃうなぁ…
銃は人を殺すものである、
ということがよく理解できた次第です。



ホテルのある、
ワイキキも素晴らしかったのですが、
世界でもっとも美しいと言われる、
カイルアビーチ(東海岸)の美しさは、
言葉で表せないほどでした。



全米有数の都市でありながら、
これだけ自然に溢れている、
見事なバランス感覚、
そして、
全体に流れる、
なんともユル〜イ雰囲気…

私が帰りたくなくなったのも、
無理のないことだと思います。


ところで今回は、
観光ではなく、
重大なイベントのためハワイに行ったのでは?
というツッコミが聞こえてきますが…

そう、娘の結婚式でした…

そこはやはり、
娘の手を引いて、
ヴァージンロードを歩いていたら、
ウルウルっとなりそうになりましたよ。

前日に、
結婚式用のレンタルをしている、
アロハショップの女性に、
「花嫁のパパは準主役ですよ」
と言われたことが印象に残りましたが、
まさにそういうことでしょう。

いろいろ楽かったけれど、
やはり、
幸せそうな娘の顔を見られたことが、
一番よかったことかもしれませんね。


↓挙式に関する移動はすべてリムジンでした。



日常の移動で使える身分になりたかった(笑)
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao