忍者ブログ
「web-magazine GYAN GYAN」では、第三者的な視点でロックを検証してきましたが、当サイトではプライベートな感覚で、より身近にロックを語ってみたいと思います。
  ★ カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10
11 13 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[06/09 matsuZACK]
[06/09 サキツミベイビー]
[05/16 matsuZACK]
[05/15 サキツミベイビー]
[01/14 matsuZACK]
  ★ 最新記事
  ★ プロフィール
HN:
matsuZACK
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1962/02/15
自己紹介:
matsuZACKです。
“下天のうちをくらぶれば~”の年齢に到達してしまいました。
ミュージシャンを目指したり、
音楽評論家や文筆業を目指したり、
いろいろと人生の奔流に抵抗してきましたが、
どうやらなすがままに、
フツーの人におさまりつつあります。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ P R
  ★ カウンター
  ★ お天気情報
[600] [599] [598] [597] [596] [595] [594] [593] [592] [591]
★2019/07/15 (Mon)
ジーン・シモンズは70歳になったら、
ツアーから引退すると公言していたそうで、
KISSにとって今回の日本ツアーは文字通り、
ファイナルツアーとなりそうです。

思い起こせば、
1977年4月、
高校入学を目前に控えた春休み、
私は地獄の軍団の初来日を体験しました。
あれから45年…
(つまり当時ジーンは25歳だったのか)
感無量な思いがあります。

ロックが巨大な産業になる過程で、
アメリカン・ドリームを体現するかのような、
サクセス・ストーリー、
そして、
浮き沈みを繰り返しながらの原点回帰…

今や、
中身が違う人であっても、
メイクが同じであればKISSとして成立してしまう、
と言えるほどのキャラクターになってしまった、
怪物バンドの誕生から終焉までの軌跡の、
最初と最後のタイミングに立ち会ったことになるわけです。

最初は、
エースが来ないと聞いたので、
一瞬、
ためらっていたのですが、
いろいろ思いを巡らし、
やっぱり、
12/11の東京ドームへ行くことにしました。

などと言っていたら…

その前の週に、
U2が、
名盤『ヨシュア・トゥリー』を再現するツアーで、
来日することになり、
このアルバムから多大な影響を受けた私としては、
ココをクリック
これまた、
見逃すわけには行かず、
先行予約に応募したと思ったら、

今度は、
10月にSTINGが来るという…(笑)

今回は、
POLICEナンバーも含む、
彼のベストヒットで構成するツアーなので、
これまた期待度は上がる一方です。

ここ数年は、
外タレのコンサートに行っていないので、
(2014年のストーンズ以来…)
数年分がまとまってやってきた感じです。

来る時は来るんだなぁ…

KISSは別格として、
私にとって、
U2もPOLICEの影響は意外と大きく、
無視するわけには行かないのです。

そして、
年末の忘年会ライブでは、
それっぽいギターを弾くんだろうなぁ(笑)
PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao