忍者ブログ
「web-magazine GYAN GYAN」では、第三者的な視点でロックを検証してきましたが、当サイトではプライベートな感覚で、より身近にロックを語ってみたいと思います。
  ★ カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 11 12
14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[09/16 matsuZACK]
[09/15 kisato]
[09/15 matsuZACK]
[09/15 shiba]
[06/09 matsuZACK]
  ★ 最新記事
(10/13)
(10/06)
(09/29)
(09/22)
(09/15)
  ★ プロフィール
HN:
matsuZACK
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1962/02/15
自己紹介:
matsuZACKです。
“下天のうちをくらぶれば~”の年齢に到達してしまいました。
ミュージシャンを目指したり、
音楽評論家や文筆業を目指したり、
いろいろと人生の奔流に抵抗してきましたが、
どうやらなすがままに、
フツーの人におさまりつつあります。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ P R
  ★ カウンター
  ★ お天気情報
[596] [595] [594] [593] [592] [591] [590] [589] [588] [587] [586]
★2019/06/02 (Sun)
2週間のご無沙汰です。

何かトラブルがあったわけではなく、

5/19(日)は、
三島「SKYWALK」という、
伊豆半島の付け根あたりにある、
日本一長い大吊橋(全長400m)へ
日帰りバスツアーで行き…





5/26(日)は、
バンドの練習に向かう際に、
滅多にお目にかかれない、
JR東日本E491系電車(通称 East i-E)
という軌道・架線・信号計測用の車両に
お目にかかったり…
(黄色い新幹線よりレアです)



ネタはいろいろありましたが、
両日共に帰宅が遅くなり、
アルコールが入っていたこともあって、
投稿をサボっていたという次第です(笑)

さて…

GW10連休が明けてから、
よく聴いているのが、
沖縄から取り寄せた、
IRIS(イーリス)の『虹鳥(kotori)』という作品です。

IRISは、
沖縄は石垣島をベースに活動している、
姉妹(デュオ)で、
私は2013年5月に石垣島を訪れた際に、
ライヴを見て感動し、
当時の記事はココをクリック
その後、
彼女たちがIRIS以前に活動していた、
ma-yunというユニットのCDを購入したりして、
その時期、
ひとりで盛り上がっていました。



今回、
何かのきっかけで、
そんなIRISが、
2017年にアルバムを出していたことを知り、
「これはしまった」とばかりに、
慌てて購入したという次第ですが…

果たしてその中身は、
いかがなものであったのでしょう?

簡単に言ってしまうと、
ma-yunが残した2枚のアルバムを、
1枚に凝縮したような感じで、

前半は、
j-pop的(というか、歌謡曲的?)な曲が並び、
後半は、
八重山民謡に現代風のアレンジを施した曲が並んでいます。

ここで特筆したいのは、
その後半の8、9、10が非常に面白く、
私はたいへん感銘を受けてしまった、
ということです。

八重山民謡をビートに乗せ、
三線をペダルポイント的に、
ファンクのベースパターンのように置き、
そのリズムと曲全体のリズムが、
ズレたり重なったり、
いわゆるポリリズムのような構造になっていて、
心地よい高揚感を生んでいます。
(プログレファンに説明する場合は、
Yesみたいな変拍子の組み合わせ…としておきましょう(笑)

その上に、
彼女たちの美しい歌声が、
ユーモアに溢れた歌詞をまとい、
なんとも言えない、
おキャンで華やかな雰囲気を醸し出すのです。

このミクスチュア感…
まるで1970年代前半のマイルス・デイビス…
いや、
もっと新しいところで、
よく似た感じを体験したことがあったような…

そうだ、
Hassan Hakmoun & ZAHARの『Trance』(1992年)だ。

Hassan Hakmounはナイジェリア出身で、
シンティールという三線みたいな民族楽器を弾き、
グナワというファンクみたいな民族音楽をベースに、
ニューヨークでグルーヴィンな音を出していた人ですが…

そういえば、
これと感じがよく似ているのです。

ZAHARには、
Anthony Michael Petersonという、
ビル・フリーゼルみたいな、
モダンなギタリストが在籍して、
存在感を示していましたが、
IRISのバックにもそんな存在がいて、
ジャズっぽい9曲目などで、
かなりぶっ飛んだプレイを聴かせてくれます。

これは面白いですね。

『虹鳥』終盤の3曲の感じで、
アルバム1枚作ってくれたら、
ジェフ・ベックやサンタナのような作品ができると思うのですが、
さていかがなものでしょう?

地元で活動している方々なので、
ライヴを体験するには石垣島へ行かねばならず…
ハワイの後は石垣へ行くか(笑)

何よりも、
私の歌姫が健在であったことが、
ありがたかったですね。
PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao