忍者ブログ
「web-magazine GYAN GYAN」では、第三者的な視点でロックを検証してきましたが、当サイトではプライベートな感覚で、より身近にロックを語ってみたいと思います。
  ★ カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[08/25 matsuZACK]
[08/25 うぃん]
[08/20 matsuZACK]
[08/20 うぃん]
[07/16 matsuZACK]
  ★ プロフィール
HN:
matsuZACK
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1962/02/15
自己紹介:
matsuZACKです。
“下天のうちをくらぶれば~”の年齢に到達してしまいました。
ミュージシャンを目指したり、
音楽評論家や文筆業を目指したり、
いろいろと人生の奔流に抵抗してきましたが、
どうやらなすがままに、
フツーの人におさまりつつあります。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ P R
  ★ カウンター
  ★ お天気情報
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
★2018/03/11 (Sun)
先週は、
妻の実家で法事があり、
(義父の三十三回忌法要)
岩手県宮古市におりました。

7年前の今日…
3月11日は、
東日本大震災が発生した日です。

法事のおかげで、
奇しくも、
被災した現地の、
現在の姿を見ることができました。

まず目立つのは、
沿岸部を走る道路沿いに、
かなりの高さの防潮堤が築かれていることです。

これが延々と続いているので、
海岸の景色を見ることができなくなっています。
(ところどころに小さな窓があり、
ここに透明のアクリルをはめるということですが、
ドライブしながら景色を見ることはできなくなりました)

そして、
住宅を造成する予定地が、
ビルの3階程度の高さまで、
土地をかさ上げしているのが目につきます。

道路の整備状況は驚くべきものがあり、
7年前には存在しなかった、
自動車専用道路が沿岸ではなく、
少し内陸寄りの高台にいくつも建設され、
町から町への移動時間が短縮されました。

どの道路も道幅が広く、
さすがに大物政治家を何人も輩出している県だな、
と感じてしまいます。
(我が家の近辺の道の粗悪さは比較になりません)

そして、
鉄道も着々と整備されており、
かつてJR山田線の一部だった、
宮古・釜石間の沿岸区間は、
線路の敷設がかなり進み、
三陸鉄道の運営による復旧を待つばかりになっています。

↓完成間近の陸中山田駅



↓仮設住宅内にあった商店街は駅周辺に移転し、
駅前の繁華街が復活しつつある



このように、
インフラや土地の復興が進む一方、
岩手・宮城・福島の沿岸部で被災した、
17万人もの方々は他の地域で生活をしており、
元の居住地に戻ることが難しくなっている、
という実状があります。

7年間という歳月は、
小学校に入学した子が、
中学生になっているほどの期間であり、
この間を別の土地で過ごしてしまえば、
もはや帰りたくないという心境も、
わかる気がします。

それほど、
この震災の被害は甚大なものであったと、
あらためて、
復興した街並みを見ながら、
痛感した次第です。

人の往来を含め、
かつての賑わいを取り戻すには、
まだまだかなりの歳月が必要と思われます。

私の半世紀ちょっとの人生で、
東日本大震災、
そして熊本大震災という、
2回の大きな自然災害に遭遇し、
どちらも被災直後に現地を訪問するなど、
何かの因縁を感じずにはいられません。

2020東京で盛り上がる最近ですが、
震災の復興はまだまだであることを、
多くの方に知っていただきたいと思います。

↓復旧した宮古市魚市場から対岸の重茂半島を見る
美しい風景に見とれていたら、
iPhoneをエサと勘違いしたウミネコに襲撃され、
この後ほうほうの体で逃げる私でありました(笑)

PR
★2018/02/25 (Sun)
つい先日、
今年も年が明けた、
などと言っていたような気がしますが、
早いものでもう2月が終わってしまいます。

そして、
私にしては珍しく、
年明けからこの2ヶ月間、
CDやDVDをまったく購入しておりません。

そう、1枚も…です。

これは昨年末に、
ピンク・フロイドやらフォーカスやらを、
“大人買い”したおかげで、
なかなか次に行けなくなっていることが、
理由のひとつとして考えられますが、
(フォーカスの2枚ほどが未聴です)
ここまで毎週のように、
地方へ出張していたことも、
影響しているかもしれません。

ちなみに、
この2ヶ月間に訪問した場所は、
熊本、福山、京都、秋田、博多…
出張すれば、
他にやること(?)がたくさんあって、
音楽のことを考える時間がなくなってしまいます。

そんな今朝、
テレビのスイッチを入れたら、
泉谷しげる×夏木マリ×仲井戸麗市が対談をしていて、
なかなか興味深い話を聞くことができました。
(「ボクら」フジテレビ 7:00〜)

3人とも、
道をミワメルということについて、
まったく見当がつかないようで、
最終的にどんな状態になればよいのか、
何を目指すべきかわからないから、
いろいろ試しているわけで、
それゆえに(それぞれの活動に)興味が尽きないのだ、
ということでした。

おかげでチャボさんは、
音楽を引退するということについては、
まったく考えられないと語っていて、
演奏技術が落ちたとしても、
やめることはないでしょう、
自分はこれしか社会との接点がないんだから、
やめるわけにはいかないと…

なるほど、
そうだよなぁ…

私にしたって、
仕事は社会との接点というよりは、
収入を得るためという意識の方が強いし、
音楽を続けることで、
自分探しをしているようなところがあるので、
チャボさんの言うことはよくわかります。

そう考えると、
仕事に追われて、
音楽のことを考える時間が少なくなるというのは、
あまりいい傾向ではないなぁ…
3月には遠方へ出る用事がないので、
少し状況が変わるかもしれません。

さて、
それでは…
次は何を試してみようかな。

とりあえず自宅でも、
アンプにつないで、
ギターを弾くようにしました(笑)
★2018/02/18 (Sun)
今年も、
2月15日がやってきました。
ヴァレンタイン・デーの次の日?
いえ…私の誕生日です(笑)

当たり前の話ですが、
生きているうちは毎年やってくる日で、
なんと今回が56回目になります。
ごじゅーろくさいっ(笑)

例年、
誕生日の夜に書き込みをしていたのですが、
今年はいろいろ忙しくて、
今日まで放置しておりました。

もはや、
それほどめでたい日ではなくなった、
ということでしょうか。

そんな今年のバースディ・プレゼントが、

先週紹介した、
フライングティーポット…
日本のハンドメイド・メーカーによる、
マーシャル1959の音を作り出すプリアンプですが、
やはりなかなかのスグレモノで、
すっかりハマっております。

愛用のギターたちを次々とつないでみましたが、
個人的にもっとも気に入ってしまったのが、
2016年に購入した、
ギブソンSGジュニアとのコンビネーションです。



このギターのピックアップは、
P-90というシングルコイルPUで、
ハムバッキングほどパワーはないものの、
歪ませると特有の凄みのある音になります。

格好のサンプルは、
THE WHOの『ライブ・アット・リーズ』
(P-90が2つ搭載されたSGスペシャルを使用)
マウンテンの諸作品
(こちらは同じく1PUのレスポールジュニア)
ジョニー・サンダースの諸作品
(こちらは1PUのTV)
それから、
意外なところでオススメなのが、
サディスティック・ミカ・バンドのファースト・アルバム
(高中氏はジョージ吾妻アニキから購入したレスポールジュニアを使用)
というあたりでしょうか。

いずれも、
そのものズバリっの音を堪能することができます。

ハムバッカー搭載のレスポールに近い音ながら、
ヴォリュームを下げると、
シングルコイル特有の繊細なタッチになり、
このあたりのコントロールは、
ピート・タウンゼントが名人で、
たいへん参考になります。

私は以前から、
レスポールの音には興味があるものの、
ハムバッカーと相性が悪く、
どうにもお近づきになれませんでした。

あのパワフルな音に振り回されるというか…
イイ音であることは間違いないのですが、
細かいコントロールができず、
自分の音が作れないような気がしてしまうのです。

ところが、
P-90だとそれがちょうどイイ加減で、
パワフルなのにコントロールしやすく…
自分のニュアンスをうまく出すことができます。

これはイイなぁ…
と思いながら、
この音を生かすとなると、
やはりハードロックしか思いつかず、
思いっきり原点回帰するしかないかな、
などと思う今日この頃です。

ハードロックやるなら、
キーボードがいた方がベターなんですよ。
前述のマウンテンも、
パープルもヒープも、
みんなハモンド・オルガンですからね。

そこへ行っちゃうかぁ…(笑)
★2018/02/12 (Mon)
昨年12月の、
自分の演奏を動画で見て以来、
反省することが多かったのですが、
その中に、
ライブでの音作りがありました。

自宅でギターを弾くことが多くなったのは、
致し方ないこととはいえ…

エレキギターを手にしながら、
アンプを通さず、
生ギターのように弾くばかりでは…

ライブで勝手が違い、
思うような演奏ができなかったとしても、
無理のない話です。

さて私は、
ライブでどのような音を理想としていたのでしょう。

もう一度、
そこへ立ち返って自問自答してみると、
果たして答えは、
マーシャル…
そうマーシャルアンプ直結の音、
ということになります。

リッチー・ブラックモアの、
パワーを上げたマーシャル、
ジミー・ペイジもエース・フレーリーも、
ヴァン・ヘイレンもマーシャルでした。

そう、
歪み系のエフェクターでこねくり回さず、
ストレートなマーシャルアンプの音こそ、
私の理想とする音なのです。

しかし、
オールド・マーシャルの上物など、
もはや入手困難であり、
またそれを、
スタジオやライブハウスに持って行くのも、
面倒な作業…早い話が飲酒ができなくなってしまいます。
(私はカートにこれらを積んで、電車で移動するほど元気ではない)

やっぱ、
アンプの音をシュミレートしたものか、
マルチエフェクターを使うしかないかな…

などと悩むこと数週間、
私の前に神が降りてきました(笑)

それがこれです↓



この立派な木箱の中に鎮座している物体がこれ↓



フライングティーポット(わかります?ゴングのアルバムタイトルですよ)
という、
日本のハンドメイド・メーカーによる、
マーシャル1959の音を作り出すプリアンプです。

基本は日本全国、
どこのスタジオにもライブハウスにもある、
JCに接続することを前提に作られているものですが、
どんなアンプにつないでも、
マーシャルの音になってしまう、
というスグレモノ。

オンオフを持たないので、
つなぐとマーシャルの音しか出せなくなるという、
潔さ…(笑)
(スイッチボックスをつなげば解決しますが…)

4つのインプットを持ち、
チャンネルリンクができるので(いわゆるタスキがけ)
2系統をブレンドした、
より破壊力のあるサウンドを再現することができます。

自宅の古いフェンダーの小型アンプで試したところ…
あら不思議、
どうやってもマーシャルにしか聴こえない音がします。
(この自宅のアンプがショボイのも、
音を出さなくなった一因です…いっそ小型のJCを入手しようかと…)

ストラトをつなぐと、
第2期全盛の頃の、
あの音が出せるじゃありませんか…

こっこれは使えるかも。

このプリアンプの前に、
ヒュース&ケトナーの、
エコープレックスのレプリカをかますと、
なおよろしいようで、
ゴダンのセミアコで、
ヴァン・ヘイレンみたいな音が出せました。

じつはこれ、
マイ・バースデイ・プレゼントとばかりに、
何か一品と思い、
今回購入したものですが、

巷では話題の商品のようで、
品薄&品切れ状態が続いていたとか…
一発で購入できたのは、
ツイテいたとしか言いようがありません。

これに、
CE-1の音を再現したコーラスを加えると、
もう何もいらないかもしれません。

いろいろと紆余曲折して、
試すだけのものを試してきましたが、
結局は原点に帰るということでしょうか。

ギターはストラトかセミアコ、
アンプはマーシャル、
エフェクターはコーラスとエコー、
これで決まりなんですね…私の場合。

不惑で行くのだ。

↓普通のコンパクトエフェクターと比べても、
それほど大きくないところがまたよろし…

★2018/01/28 (Sun)
日本の上空 3,000mと 1,500m付近に、
それぞれ 60年に一度、30年に一度という、
記録的な寒波がハモっていて(笑)
私の半世紀余りの人生でも、
かつて体験したことのないような、
寒い寒い日々を過ごしております。

先週は、
近畿方面へ出張があり、
東海道新幹線を利用しましたが、
名古屋〜京都間の豪雪エリアは、
例年よりも雪が深く、
吹雪であったことも重なり、
車窓が見事にホワイトアウトしていました。





そんな寒さのせいか、
週末に何か企画する気にならず、
ひたすら家にコモっていたおかげで、
年末に購入したフォーカスの13枚組BOXセット
『HOCUS POCUS BOX』を2/3程度まで、
聴き込んでしまいました。

ここまで、
フォーカスの活動を俯瞰して見ることは、
いまだかつてなかったことですが…

先に述べたように、
ユーロロックの最高峰と称賛されたグループが、
どのようにして現在に至ったのかよくわかり、
たいへん興味深いことは確かです。

ライヴアルバムをはさみ、
一般的に全盛期とされる、
5枚目の作品『HAMBURGER CONCERTO』までの彼らは、
文字通り、
クラシックをベースにした、
ユーロロックの王道とも言えるサウンドを奏でておりますが、
後で振り返って見ると、
3枚目『FOCUS 3』に少々、
不穏な気配を感じてしまいます。

それは、
ギタリストである、
ヤン・アッカーマンの曲を中心に、
ジャズの匂い…
というか当時の最先端である、
フュージョン(クロスオーバーとも言いましたね)
の雰囲気を漂わせていることです。

大ヒットした「Sylvia」はもちろん
「Answers? Questions! Questions? Answers!」とか、
ファーストに収録されていた「Anonymus」のロングヴァージョンが、
それに当たりますが、
これはそのまま、
ヤンのソロ作品に受け継がれていきます。

『FOCUS 3』の後の2枚の作品では、
いったんこれは感じられなくなるのですが、
6枚目に当たる『MOTHER FOCUS』は、
もはやフュージョン一色に染まっており、
これが「よいろろ、よいろろ、ろんぱっぱ〜」と歌ったバンドの、
その後の作品であることが信じられないサウンドになっております。

『MOTHER FOCUS』制作時は、
バンドの2枚看板である、
ヤンとタイ・ヴァン・レアが、
それぞれのソロ活動に夢中で、
アルバムに楽曲を提供できなかったことから、
ベーシストであるバート・ルイターが奮戦し、
なんとかアルバムに仕上げたと言われています。

このサウンドがソロの方向とよく合っていたらしく、
とにかくヤンのプレイが切れっ切れ!なのです。

発表当時は、
このようなサウンドの変貌についていけなかったファンから、
非常に酷評されたそうですが、
今になって聴いてみると、
たいへんカッコイイ。

すべての曲が3分台でまとまっているのもよい点ですが、
何しろタイトル曲は絶品でしょう。
(もっと言うと『SHIP OF MEMORIES』に収録されている、
同曲の別テイク「Glider」の方が絶品です)

ファンの思惑とは別に、
バンドもこの方向性に手応えを感じたのか、
続く『FOCUS CON PROVY』でも、
この延長上にあるサウンドを展開していますが、
ヤンは脱退し、
2人のギタリストとヴォーカリストを加え、
もはやフォーカスとは言えないバンドになっています。

(ただこの作品は、
『MOTHER FOCUS』ほど新鮮なサウンドではなく、
いわゆる、“よくありそうなフュージョンサウンド“ですが…)

やはり、
キーマンはヤン・アッカーマンだったといえるでしょう。

この方のギターはテクニックだけでなく、
センスも突出しているのです。

そんなヤンが、
経歴から考えると意外なことですが、
あくまでもロックギターのマナーに従っていることは、
特筆すべきことだと思います。

ハムバッキング系PUを中心に、
かなりヒステリックなトーンで、
派手にチョーキングをかます彼の運指は、
ペンタトニックスケールに慣れた私にも、
容易に理解できるものです。

クラプトンと比較されることを嫌がり、
ロックギターを下に見るような発言のあった彼ですが、
そのよさはわかっていたんでしょうね。

この事実に思い当たった私は、
ここ数年の、
ジャズギター・コンプレックスから解放されたような気分になりました。

たしかに、
ジャズ側からロックやファンクへアプローチするよりも、
ロック側からジャズへアプローチした方がカッコイイことは、
ジェフ・ベック師匠を見ればわかること…
まったく迷う理由などありませんでしたね。

そんなジェフ・ベック師匠の、
第1期ジェフ・ベック・グループ時代の、
BBCセッションの録音が月末に発売されるのです。

それまでに、
このボックスセットを聴き終えていなければ…(笑)
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao