忍者ブログ
「web-magazine GYAN GYAN」では、第三者的な視点でロックを検証してきましたが、当サイトではプライベートな感覚で、より身近にロックを語ってみたいと思います。
  ★ カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[08/25 matsuZACK]
[08/25 うぃん]
[08/20 matsuZACK]
[08/20 うぃん]
[07/16 matsuZACK]
  ★ プロフィール
HN:
matsuZACK
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1962/02/15
自己紹介:
matsuZACKです。
“下天のうちをくらぶれば~”の年齢に到達してしまいました。
ミュージシャンを目指したり、
音楽評論家や文筆業を目指したり、
いろいろと人生の奔流に抵抗してきましたが、
どうやらなすがままに、
フツーの人におさまりつつあります。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ P R
  ★ カウンター
  ★ お天気情報
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
★2018/04/15 (Sun)
あらためて確認しておきますが、
ジミ・ヘンドリックスが
メジャーデビューしたのは1966年12月、
逝去したのが1970年9月18日、
活動期間は4年にも満たない短さです。

その間に発表した作品は、
ベストアルバムを除き、アルバムが4枚、
シングルが5枚…
そして、映像に記録された、
いくつかのライヴ・パフォーマンス…
これが公式には、
ジミヘンのすべてということになります。

しかし、
この間に彼は、
その後のエレクトリック・ギターのあり方を提示し、
死後およそ半世紀が過ぎようとしている現在でも、
人々に影響を与え続けています。

そして、
限られた記録からだけでは、
彼の真意を読み解くことができず、
未発表の音源や映像が発掘されるたびに、
新たな検証が加えられ、
ようやく、
少しずつ実像が見えるようになってきた、
というところでしょうか。

歴史上、
このようなミュージシャンは他に例がなく、
月並みな表現ですが、
孤高の天才とでも呼ぶしかありません。

そんなジミヘンですが…

じつは、
スタジオ・ワークが好きだった、
ということがわかっていて、

自身でスタジオを所有しただけでなく、
(エレクトリック・レディ・ランド)
ヒラメクものがあるとすぐに録音し、
そこで最新の機材(エフェクター)を試しながら、
曲のイメージを創り上げていったようです。

彼にとって、
エフェクターとスタジオ・ワークに長けたエンジニアは、
とても重要だったといえます。

3月中旬に発売されたジミヘンの最新作、
『BOTH SIDES OF THE SKY』は、
そんな彼が信頼したエンジニア、
エディ・クレイマーが制作に携わった、
未発表音源集です。

ジミヘンの未発表音源集といえば、
1970年代には多数発売されていて、
それこそ玉石混交の状況でした。

その多くは、
おそらく本人が生きていたら、
100%世にでることはなかったであろう、
と思われる作品ばかりでしたが、
何枚か素晴らしい内容のものがあったことも事実です。

例えば、
逝去していなかったら、
次のスタジオ・アルバムになる可能性が高かった、
とまで言われた『CRY OF LOVE』は、
まさにその話が真実であったと思わせる内容であったし、
ライヴ音源集の『THE JIMI HENDRIX CONCERTS』などは、
邦題そのままの(邦題は『炎のライヴ!! 68〜70』)
火を噴くようなパフォーマンスの連続に圧倒されたものです。

その後、
1990年代に入り、
ジミの遺族が版権を管理するようになってからは、
未発表音源も整理され、
以前のような混乱した状況は解消されました。
(一方で、『CRY OF LOVE』はタイトルが変わり、
2枚組になってしまい、
『THE JIMI HENDRIX CONCERTS』は廃盤のままで、
少々残念だったりもします…)

今回発売された、
『BOTH SIDES OF THE SKY』は、
その2枚に匹敵するような素晴らしい内容でした。

まず何が素晴らしいといって、
エディ・クレイマーが関わっているせいか、
圧倒的に音質がよいことが挙げられます。

おかげで、
あちこちで使用ギターやアンプ、
それからエフェクターの種類などが議論されています。

次に、
先ほど述べたように、
スタジオ好きのジミが、
かなりギターを重ねている曲と、
ジャムっぽい、
作曲の原型と思われるものがバランスよく収録されていることです。

ジャムといえば、
バンド以外のミュージシャンが参加している曲もあり、
こちらは違った楽しみ方ができます。

オープニングは、
マディ・ウオーターズでおなじみの、
「Mannish Boy」を、
ストラトとユニ・ヴァイブの組合せで、
派手にアレンジしています。
(ヤードバーズのカヴァーより派手です)

続く「Lover Man」は、
BBの「Rock Me Baby」を倍速でアレンジしており、
(映画『天才ジミ・ヘンドリックスの生涯』のオープニングで有名)
こちらはハムバッキングPUのギター(おそらくSG)
を使ってシンプルなオーヴァードライヴだけで弾いています。

どちらもピッキングの音が聴こえるほど、
クリアな音質で、
まずは、
この2曲に圧倒されてしまいます。

そして、
ジミがスタジオで作り込んだ音として、
「Stepping Stone」と「Power Of Soul」は、
ポップスの主流が16ビートになった、
現代でも十分に新鮮に聴こえるナンバーです。

どちらもジミの最後期の録音であり、
「もし、あそこで逝去しなかったら…」
と想いを馳せてしまいます。

「Send My Love To Linda」と「Cherokee Mist」は、
まだ曲として成立していない段階ではあるものの、
ジミのギターだけ聴いてみれば、
もう完成の領域に入ったことを伺わせる、
貴重な音源。
ヴィブラフォンが入った、
歌なしの「Angel」である「Sweet Angel」と合わせて聴くと、
たいへん興味深いものが感じられます。

やはり、抜群にギターうまいですね。

バンド以外のメンバーとのセッションでは、
ステファン・スティルスと2曲、
(1曲でジミはベースを弾き、ギターを弾いていない)
ジョニー・ウィンターと1曲、
そしてサックス奏者のロニー・ヤングブラッドと1曲、
となっていて、
ジミがゲストを引き立てる側に回り、
控えめなプレイに徹しているおかげで、
それぞれの持ち味を楽しむことができます。

ということで、

予想以上によい出来であった
『BOTH SIDES OF THE SKY』は、
うれしい誤算でしたが、
あらためてジミ・ヘンドリックスの偉大さに触れ、
研究意欲が旺盛になってしまった、
今日この頃ではあります。

この方はもう、
バッハやベートーベンのレベルですよ。

PR
★2018/04/08 (Sun)
さて、
前回紹介した、
「Guitar Magazine」3月号の詳細です。

1968年から1972年に発表された、
埋もれた名盤を掘り起こす特集ということで、
大きく3つのカテゴリーに分け、
以下のグループ(ギタリスト)にスポットを当てていました。

ブルース・ロック:
カクタス(ジム・マッカーティ)
ラヴ・スカルプチャー(デイヴ・エドモンズ)
グラウンドホッグス(トニー・マクフィー)
テイスト(ロリー・ギャラガー)
ジェイムズ・ギャング(ドミニク・トロイアーノ)

サイケデリック・ロック:
トゥモロウ(スティーヴ・ハウ)
ナッズ(トッド・ラングレン)
テリー・リード
ブルー・チアー(リー・ステファンズ)

プログレッシヴ/ジャズ・ロック:
フラッシュ(ピーター・バンクス)
KHAN(スティーヴ・ヒレッジ)
コロシアム(デイヴ・クレムソン)
トニー・ウィリアムス・ライフタイム(ジョン・マクラフリン)

さすがにカクタスやジェイムズ・ギャングは、
いくつかの作品を持っていますが、

ジェイムズ・ギャングについては、
初代のジョー・ウオルシュと、
3代目のトミー・ボーリンではなく、
わざわざ2代目のギタリストを取り上げたり、

スティーヴ・ハウはイエス以前、
ピーター・バンクスはイエス脱退後、
スティーヴ・ヒレッジもゴング以前という、
マニアックな選び方で…

まさに「B級」ロックの特集です。

目次を見ただけでワクワクしてしまいました(笑)

そして、
「Apple Music」に用意されたプレイリストには、
ほとんどのミュージシャンの曲が用意されていて、
とくにブルース・ロックは、
特集の追加として用意された15枚のアルバムから選ばれた、
パート2のプレイリストもあり、
ドップリとこの世界に浸ることができました。

そういうわけで、
まずはかなりの曲数を聴いた、
ブルース・ロックですが、
そのほとんどがクリームの影響下にあると思われる、
ギタートリオのスタイルで、
彼らがロック界に与えた衝撃の大きさが伺えます。
(とくに、デイヴ・エドモンズのラヴ・スカルプチャーはクリソツです)

そして、
どのライヴ・テイクでも、
ロリー・ギャラガーのストラトは極上トーンを響かせ、
カクタスはクリームというよりは、
ジェフ・ベック・グループやZEPの初期に近い印象です。

ここで気に入ったのは、
名前も知らなかった、
トニー・マクフィーというギタリストです。
グラウンドホッグスだけでなく、
(この曲の展開部分は「ホワイト・ルーム」にクリソツです)
インド風のアコースティック・ブルースを聴かせる、
ソロアルバムの曲も用意されていて、
繊細なタッチが耳に残りました。

誌面では「落武者」などと言われていましたが(笑)
この方の作品は集めてみようと思っています。



続いて、
サイケデリック・ロックですが、
残念だったのは、
ナッズだけ音源がなかったことで、
これは、
ジミヘンやザッパと並び版権管理が厳しい
トッド・ラングレンゆえのことと思われますが、
すべてが廃盤になり、
なおかつ紙ジャケにプレミアがついている現在、
音源を紹介してくれたら、
表彰モノだったでしょうね。

そして、
ここでは、
これまで聴いたことがなかった、
テリー・リードの「Speak now or forever hold your peace」
という曲が気に入ったのと、
誌面に掲載されていた、
リー・ステファンズ(ブルー・チアー)の写真が
素晴らしかったことを伝えておきましょう。



ミーハー的な興味はさておき、
テリー・リードという方は、
まず声が素晴らしくて、
さすがジミー・ペイジに誘われただけはある、
と納得してしまいました。

この方の作品も集めてみたいなぁ…

最後に、
大好物のプログレッシヴ/ジャズ・ロックですが、
すでにコロシアムやライフタイムは知っていましたが、
スティーヴ・ヒレッジのKHANは未聴でした。

この方は独特のトリップ感を持っていて、
それが心地よく、
ソロやゴングの作品を愛聴した時期があったのですが、
それ以前のキャリア…
これまたマニア受けする
EGGのメンバーと活動していたという、
このグループがこれほどの完成度を誇っていたとは、
少々驚きでした。

また、ヒレッジにハマるかなぁ。

ということで、

「Apple Music」の登録されている、
ブルース特集、
ジャズファンク特集、
ジャマイカ特集など、
以前の特集のプレイリストまでたどり着くには、
まだまだかなりの時間を要するかな?
と思えるようになった今日この頃ですが、

やはり「B級」発掘は楽しいですぜ〜(笑)
★2018/04/01 (Sun)
2月中旬に発売された
「Guitar Magazine」3月号は、
「Rock Diggers 1968-1972」と銘打ち、
1968年から1972年に発表された、
埋もれた名盤を掘り起こす特集でした。

いわゆるB級ロックの特集です。



『web-magazine GYAN GYAN』で触れているように、
このような企画は大好物の私ですが、
今回の特集で取り上げられたミュージシャンの中には、
名前を知らなかった人や未聴の作品が多く、
ロックと出会って半世紀になっても、
まだまだ道は究められないことを痛感しました。

そして、
このような特集があるたびに、
コレクター魂を刺激され、
以降数ヶ月は蒐集の鬼と化すのが常ですが…
今回はそうなっておりません。

なぜなら、
「Apple Music」という強い味方がいるからです。

当初このシステムの勧誘を受けた際には、
「こんなにたくさん聴いているヒマないよーっ」とばかり、
無視を決め込んでいたのですが、
最近の「Guitar Magazine」は毎号、
「Apple Music」にプレイリストが用意されていて、
誌面で紹介されている曲を聴くことができるようになっています。
(あくまでも「Apple Music」に登録されている曲のみですが…
かなりマニアックな曲まで揃うのが実態です)

これは加入するしかないじゃん…
とばかりに誌面のバーコードを読み込むと、

あらら…

昨年このブログで話題にしていた、
ブルース特集に始まり、
ジャズファンク特集、
そしてジャマイカ特集まで、
じつにたくさんのプレイリストが
用意されているじゃありませんか…

今回は特集のプレイリストをダウンロードし、
それを聴きながら誌面を読んだので、
まったくストレスなく、
スラスラと内容を理解することができました。

便利な時代になったもんですね。

弱点は、
退会すると、
入会中にダウンロードした曲はすべて
聴くことができなくなってしまうところですが、

まぁ…お気に入りの曲は、
あらためてiTunesで購入するとか、
CDでアルバム単位で購入するとか、
それなりの対応をすればよく、

事前に作品の良し悪しを判断できる分、
無駄な買い物をしなくて済みそうです。

昨年のジャズファンクやジャマイカの特集も、
かなりマニアックだったので、
このシステムは大いに役に立ちそうです。

新たに掘り起こしたミュージシャンについては、
また別の機会に紹介しますが、
現代社会の情報ツールの発達に、
あらためて驚いた次第です。

やっぱり、
今は21世紀だ(笑)

そのおかげで、
今月はピンク・フロイドとビートルズの
紙ジャケの未入手分を購入することができ、
コレクションを補強することができました。

なんだかんだ言って、
ピンク・フロイドはほとんど手に入れてしまったんですよ〜(笑)
★2018/03/25 (Sun)


このテレキャスは何?
戦車と同じサイズなの?
デカっ!

いや…そうではなくて。

これは、
私の1/35スケールのプラモデルを
ディスプレイしてある棚に並べただけのことで…

実物はこの通り、
CDの紙ジャケよりも小さいのです。



これは何かと言えば、
ジェフ・ベック師匠の愛機を、
1/12スケールにした模型です。

金属パーツを金属で再現してあるだけでなく、
弦までちゃんと張ってあるスグレモノ…
いやいやコイツの自慢をするつもりではなく、
コイツはブルーレイディスクの初回限定盤についていた、
オマケなのでありました。

何のディスクかといえば、
それは、
『STILL ON THE RUN THE JEFF BECK STORY』
師匠の半世紀にわたるキャリアを映像化した作品なのでした。

この作品では、
幼馴染だったジミー・ペイジ、
そしてヤードバーズの前任ギタリストだった、
エリック・クラプトン、
(そういえば、
この3人を3大ギタリストと呼んでいた時代がありましたなぁ…)
デイヴ・ギルモア、
ジョー・ペリー、
スラッシュ…
そして、
現在に至るまでの各時代に、
バンドのメンバーとして関わったミュージシャンのインタビューを中心に、
貴重な映像を交えながら、
ジェフ・ベックの活動を振り返るものです。

それも、
キーとなる曲に焦点を当てながら、
それぞれの活動の転換となるきっかけが語られるという、
優れた構成になっています。

映像のツナギに使われるのが、
自宅ガレージで車を組み立てている師匠の姿というのも、
なかなか粋な演出であります。
(車を運転しているシーンも頻繁に登場します)

個人的には、
ジェフ・ベック・グループから、
BB&Aを経て、
『ブロウ・バイ・ブロウ』『ワイアード』に至るあたりに、
ものすごくコーフンしてしまいました。

ロッドがレスポールを抱えた師匠と渡り合う映像は、
まさにレッド・ツェッペリン!
ここは狙っていたんだろうなぁ…
それにしてもロッドって歌うまいなぁ…
この人に逃げられたのは相当ショックだったんだよねーっ
などと感慨深い思いに浸っていると、

コージー・パウエル登場!
「ディフィニットリー・メイビ」にスポットが当たり、
今度はスティーヴィー・ワンダーの「迷信」誕生秘話が語られ、
「この曲はカヴァーが難しいね」というコメントの後に、
カーマイン・アピスの重戦車のようなパワーで、
まるで別の曲のようになった「迷信」が登場、
(しかも貴重なライヴ映像!)

そして、
ステーヴィー・ワンダーつながりで、
「悲しみの恋人たち」が登場し、
ジャズの匂いをまとったインスト路線に突入、
ここではジミー・ペイジから絶賛の言葉をいただきます。

多くのヒストリーものは、
このあたりでピークを迎え、
(1970年代後半から1980年代前半あたりですか)
その後は余生のような印象になるのですが、

師匠のオソロシイのは、

そうはならず、
1990年代以降の演奏が、
さらに高みを目指す一方で、
ぜんぜん衰えないところです。

「ホエア・ワー・ユー」や「ナジャ」などは、
鳥肌モノで、
ディスク2に収録されている、
モントルー・ジャズ・フェスティバルにおける演奏(2007年)も、
それはそれは素晴らしく、
師匠が前人未到の領域に到達しつつあることがわかります。

さらに、
2009年にロックの殿堂入りをした際に、
プレゼンターであるジミー・ペイジとのセッションで、
打ち合わせになかった「移民の歌」を披露し、
(本来は「ベックス・ボレロ」のみの予定)
ロバート・プラントのヴォーカルパートを、
モノノミゴトに再現したりします。

私も師匠が来日するたびに、
そのお姿を拝見していますが、
年々ギターの腕が上がっているように思えて仕方ありません。

そんなギタリストって他にいますか?

「STILL ON THE RUN」という、
タイトルが全てを語っていますが、
まさに言葉通りの師匠の姿には、
ただただ敬服するしかないというところです。

最初は、
冒頭で紹介した模型ほしさに購入した私ですが、
すっかり圧倒されてしまい、
師匠のスゴさにあらためて襟を正した、
という次第です。

亡くなって伝説になるより、
ずっと活動を続けて
道を究めることの方がスゴイことでしょう。

全ギタリストは、
ジェフ・ベックの前にひれ伏すべし、
でっす…

★2018/03/18 (Sun)
昨夜は、
武蔵野の森総合スポーツプラザ・メインアリーナで開催された、
「SONGS & FRIENDS」を観てきました。

ほんの軽い気持ちで、
ユーミンのデビューアルバム
「ひこうき雲」を再現するライヴがあるらしい、
という話を聞き、
チケットぴあの先行予約を申し込んだのですが、
行ってビックリ!
どうやら、
歴史的な一夜に立ち会ってしまったようです(笑)

前半は、
6人のシンガーによる、
ユーミン・トリビュートで、
各人がお気に入りの曲を2曲ずつ、
歌うというものでした。

6人のシンガーは出演順に、

原田知世
YONCE(Suchmos)
家入レオ
横山剣(クレイジーケンバンド)
JUJU
久保田利伸

という面々で、
大胆にアレンジを加えているため、
一瞬ユーミンの曲とわからないものが多かったのですが、
それも含めて楽しめる内容でした。

まず私は、
このYONCEというニーチャンを知らなかったのですが、
透明感のある歌声が、
大好物のエレピとヘヴィーなドラムにマッチして、
それはそれは心地よかったのです。
(とくに「Hello, my friend」)
このSuchmosというグループは、
最近のユーミンのお気に入りだそうで、
そちらも聴いてみようかと思ったりしています。

また「Silly」がお気に入りであった、
家入レオのハイトーンは素晴らしく、
「卒業写真」は震えが走るほどの出来でした。
余談ですが、
彼女はテレビで見るよりずっとチャーミングで、
本格的なファンになりそうです…(笑)

そして、
久保田利伸!
存在感が違う。
この人の圧倒的なパフォーマンスに、
まさか目の前でお目にかかる機会があるとは…
これは想定外の出来事でした。

ここまででもお腹イッパイの感があるのに、
第2部が今回のメイン企画、
レコーディングメンバーによる、
アルバム「ひこうき雲」の再演でした。

レコーディングメンバーは、
当時キャラメル・ママと名乗っていた、

細野晴臣(ベース)
鈴木茂(ギター)
林立夫(ドラムス)
松任谷正隆(キーボード)

の面々で、
アルバム発表後は、
荒井由実&ティン・パン・アレーと改名しました。

さすがに、
ご高齢のメンバーなので、
アルバム全曲ではなく、
半分の演奏にとどまりましたが、
(ちなみに、全体を通じると全曲演奏されていました)
存在感というか独特のオーラが感じられる時間でした。

松本氏は、
伝説となっている、
1962年製ストラトキャスターで、
乾ききった極上のトーンを奏でておりましたが、
これを体験できたのも想定外の出来事。

オープニングではユーミンがアガッテしまい、
ピアノも歌もグダグダだったのですが、
徐々に盛り返してきて、
最後は感動の「ひこうき雲」でした。

振り返れば、
一コマ一コマが貴重なシーンだったのです。

また、
このセットに、
予告されていなかった、
大物ゲスト、
井上陽水の登場があり、
会場は大ウケになりました。

ブラっと出てきて、
1曲歌って、
特に何も喋らず、
サッサと帰る後ろ姿を見て、
スゴいなぁ…と感心することしきりです。

エンディングは、
現在のバックバンドに戻り、
先の6名も登場し、
フィナーレに突入。
ここでも、
久保田利伸の存在感がダントツでした。

アンコールは、
今回の企画のプロデューサー、
武部聡志氏のピアノだけの伴奏による、
(彼は今回、全編の演奏にも参加していました)
「やさしさに包まれたなら」でした。

企画の趣旨は、
途中で何度も語られたのですが、

ひとつは、
iTunesの普及で、
単曲購入が当たり前になった現代に、
あえて、
アルバムという単位の作品の意義を問いかけること。

そして、
最近のミュージシャンが、
ファンや大衆の求めではなく、
自分の表現したいものを追求するという、
基本的な姿勢を忘れかけていることに対する問いかけ、
でした。

後者はユーミン自身が、
観客に向かってコメントしていたこともあって、
かなり強調されておりました。

そんなユーミンが、
荒井由実として、
十数年間にわたり育んできた、
世界観が詰まった作品、
それが「ひこうき雲」なのです。

そして、
この作品を聴くと、
1970年代という時代が、
映像と共に鮮やかによみがえってくるのでした。

個人的に思い入れのある作品なので、
余計そう思うのかもしれませんが、
素晴らしい夜をプレゼントしてくれた、
武部さんに感謝です。
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao