忍者ブログ
「web-magazine GYAN GYAN」では、第三者的な視点でロックを検証してきましたが、当サイトではプライベートな感覚で、より身近にロックを語ってみたいと思います。
  ★ カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[11/14 サキツミベイビー]
[11/13 matsuZACK]
[11/12 サキツミベイビー]
[08/25 matsuZACK]
[08/25 うぃん]
  ★ 最新記事
  ★ プロフィール
HN:
matsuZACK
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1962/02/15
自己紹介:
matsuZACKです。
“下天のうちをくらぶれば~”の年齢に到達してしまいました。
ミュージシャンを目指したり、
音楽評論家や文筆業を目指したり、
いろいろと人生の奔流に抵抗してきましたが、
どうやらなすがままに、
フツーの人におさまりつつあります。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ P R
  ★ カウンター
  ★ お天気情報
[541] [540] [539] [538] [537] [536] [535] [534] [533] [532] [531]
★2018/05/06 (Sun)
GWも終わりですね。

このGWの最中に、
ギブソン社が経営破綻を発表し、
新聞やニュースで取り上げられていたことは、
記憶に新しいと思います。

数年前に、
山野楽器が日本総代理店の契約を解除したときに、
少し変な感じはしたものの、
まさかここまでとは予想していませんでした。

報道では、
音楽のデジタル化にともない、
若者のギター離れが進んだから、
ということが今回に至る原因と言われていましたが、

果たして本当でしょうか?

私には単に、
時代のニーズを読み誤っていたこと、
その結果、
魅力的な商品を企画できなかったことがすべてではないか、
としか思えないのです。

フェンダー社が、
各国の系列会社を統合し、
生産国それぞれのコンセプトを明確にしたことは、
まったく対照的といえます。

最近のギブソン社は、
あまり意味のない、
自動チューニングできるペグを付けて、
メイン商品の価値を下げて見たり…
(ヘッドがうっとおしくなるだけっす)

どこで原価を下げたのか、
すぐにわかるようなやり方で、
コストダウンを図った商品を発表したり…

これでは、
ユーザーは離れてしまいます。

ここ数年、
信頼できるのは、
マスタービルダーシリーズか、
日本向けのスポット生産品と言われていて、

私もかねてから目をつけていた、
1967年モデルのフライングV(マスタービルダー)と、
SGジュニア(スポット生産)を入手しましたが…

この2本も、
明らかに、
日本のコンポーネントメーカーのクオリティには届かず、
「ギブソンほしかったんだよね〜」
という欲求を満たすだけに終わりました。

そういえば最近は、
ギブソンをメインにしているギタリストを、
あまり見かけなくなった気がします。

残念なことですね。

かつては、
エレキの王者だったのに…
ギブソン持ってるだけで尊敬されたのに…(笑)

企業努力で名声を復活させることを祈っています。

いっそ、
フェンダーに買収された方がよかったりして…(笑)
PR
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao