忍者ブログ
「web-magazine GYAN GYAN」では、第三者的な視点でロックを検証してきましたが、当サイトではプライベートな感覚で、より身近にロックを語ってみたいと思います。
  ★ カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[12/10 matsuZACK]
[12/10 shiba]
[10/30 shiba]
[10/29 matsuZACK]
[10/29 shiba]
  ★ プロフィール
HN:
matsuZACK
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1962/02/15
自己紹介:
matsuZACKです。
“下天のうちをくらぶれば~”の年齢に到達してしまいました。
ミュージシャンを目指したり、
音楽評論家や文筆業を目指したり、
いろいろと人生の奔流に抵抗してきましたが、
どうやらなすがままに、
フツーの人におさまりつつあります。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ P R
  ★ カウンター
  ★ お天気情報
[409] [408] [407] [406] [405] [404] [403] [402] [401] [400] [399]
★2015/11/08 (Sun)
私が最近、
よく聴いているアルバムは、
ニール・ヤングの『Harvest Moon』です。

以前お話しした、
「オン・ザ・ロック」という音楽番組で、
ゲストの竹中直人さんが、
“俺の1枚”として紹介してくれました。

いいなぁ、これ。
ちゃんと聴いてみたい…。

私にとって、
ニール・ヤングは、
バッファロー・スプリングフィールドと、
CSN&Yぐらいしか接点がなく、
ノーマークだったアーティストの一人です。

この数年、
ジャズから始まり、
アコースティック・ブルースなどへたどり着き、
生っぽいサウンドに惹かれることが多かった私には、
スッと入る音でした。

カントリー&ウェスタンを、
自然に演奏できるアメリカ人っていいなぁ…
ちょっと嫉妬するサウンドではあります。

歌詞も、
目の前のすべての事象を、
あるがままに受け止める…
そんな感じの、
悟りを開いたようなフレーズが多く、
心に染み渡りました。

意外なことに、
このアルバムは、
70年代でも80年代でもなく、
1992年に発表された作品です。

つまり、
時代が生んだというよりは、
アーティストの資質によって生まれた作品、
と言えると思います。

この、
ノッタリノッタリした感じ。
ゆるいんだけど、
アーティストの感性までゆるいわけではない…
これは、
そう簡単に出会える音ではありません。

ジャケットもいいですね。



種田山頭火が思い浮かんだのですが…
違うかなぁ?(笑)
PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
★山頭火?★
かどうかはともかく、
蓑をしょった農夫のようも見えます。
又は種を蒔く人?

写真が大きければ日本人じゃないな、と気づくんでしょうが
・・・
うぃん 2015/11/08(Sun)20:45:26 ★編集
★農夫★
そう…
そんな感じなのです。

牧歌的というか、
世捨て人っぽいというか、

田や畑を耕して、
その日の食にありつく、
歌いたくなったら、
そのへんにころがっているギターを手にする…

そんな感じ。

究極かな。
matsuZACK 2015/11/08(Sun)22:36:36 ★編集
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao