忍者ブログ
「web-magazine GYAN GYAN」では、第三者的な視点でロックを検証してきましたが、当サイトではプライベートな感覚で、より身近にロックを語ってみたいと思います。
  ★ カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13
14 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[06/09 matsuZACK]
[06/09 サキツミベイビー]
[05/16 matsuZACK]
[05/15 サキツミベイビー]
[01/14 matsuZACK]
  ★ 最新記事
(07/15)
(07/07)
(06/30)
(06/16)
(06/09)
  ★ プロフィール
HN:
matsuZACK
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1962/02/15
自己紹介:
matsuZACKです。
“下天のうちをくらぶれば~”の年齢に到達してしまいました。
ミュージシャンを目指したり、
音楽評論家や文筆業を目指したり、
いろいろと人生の奔流に抵抗してきましたが、
どうやらなすがままに、
フツーの人におさまりつつあります。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ P R
  ★ カウンター
  ★ お天気情報
[450] [449] [448] [447] [446] [445] [444] [443] [442] [441] [440]
★2016/08/14 (Sun)
日本中が夏休みですね…

私もご多分にもれず、
休暇をいただいておりますが、
どこかへ遠出をすることもなく、
だららんと過ごしております。

夏休みと言えば、
宿題…
小学生の頃は自由研究なるものがあり、
工作や標本を作るための昆虫採取に励んだものです。

大人になってから気づいたことですが、
戦車や戦闘機、戦艦などのミリタリーものに興味を持つ人は、
小さい頃に、
昆虫や海洋生物が好きだった人が多いようで…
じつは私もその一人であります。

これらの生物の形状や動きに、
メカニカルな魅力を感じたんですね…

最近は水族館がひそかなブームで、
訪れる機会も多いのですが、
そんな私は、
時間を忘れて水槽の世界に見入ってしまいます。

ということで今回は、
夏休みの自由研究として、
品川アクアパークで撮影した、
動く兵器たち…
ミリタリーマニアが見ると、
海の生き物たちはこう見える、
というお話しです。


↓メカニカルな動きでピカイチなのは、
やはりエビでしょう。
そういえば、
ゴジラシリーズにエビラってのがいましたね。
(マンマや…)



↓潜水艦というより、
ジェット戦闘機のような、
エイやサメの姿





↓こちらもメカニカルで、
まるで装甲車のような、
イグアナとバジリスク。
バジリスクは水の上を走るので
水陸両用車ですね。





↓まさに潜水艦のような、
ミノカサゴ。
素晴らしいデザインとしか言いようがありません。



↓ドクヤガエルは迷彩塗装でしょう。



↓かわいい顔のハリセンボンも、
戦闘ボートにみえます。
(アメリカ軍は兵器の前面に顔を書いたりします)




品川アクアパークは、
同じ系列の仙台水族館などに比べると、
演出に凝っていて、
少し大人向けになっています。

とくに、
ライトアップされたクラゲの姿は、
たいへん幻想的でありますが、
私には、
パラシュート部隊が降下しているように見えます。




明日は終戦記念日だから、
こんなことを感じるのかな?

無心に水槽を見入る子供たちの横顔を見ていると、
平和な世界は素晴らしいと思いますね。

兵器は模型の世界だけで十分です。
PR
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao