忍者ブログ
「web-magazine GYAN GYAN」では、第三者的な視点でロックを検証してきましたが、当サイトではプライベートな感覚で、より身近にロックを語ってみたいと思います。
  ★ カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
2 3 4
6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[05/16 matsuZACK]
[05/15 サキツミベイビー]
[01/14 matsuZACK]
[01/14 うぃん]
[11/14 サキツミベイビー]
  ★ プロフィール
HN:
matsuZACK
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1962/02/15
自己紹介:
matsuZACKです。
“下天のうちをくらぶれば~”の年齢に到達してしまいました。
ミュージシャンを目指したり、
音楽評論家や文筆業を目指したり、
いろいろと人生の奔流に抵抗してきましたが、
どうやらなすがままに、
フツーの人におさまりつつあります。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ P R
  ★ カウンター
  ★ お天気情報
[455] [453] [452] [451] [450] [449] [448] [447] [446] [445] [444]
★2016/09/11 (Sun)
アンニュイ(死語?)ですなぁ…

毎週台風が来ていたかと思ったら、
今日は朝からバケツをひっくり返したような大雨…
(我が家のある千葉県だけのようですが)
そのため、
目の前の庭が池のようになっております。

今年は湿気が多いのか、
コケが庭を占拠することが多くなり、
何度も駆除を試みたものの、
大雨の後カラッと晴れないと、
また出てきそうです。
(コケを見るたびにワイアール星人を思い出す)

そんな今週は、
ずっと曇りや雨と予想されています。

こんな気候のせいでしょうか…
朝からグダグダと、
何もやる気になれず、
困っております。

例年、
9月あたりから何かと忙しくなり、
予定に追いまわされるようにして、
年末を迎えるという展開になるのですが、
出足からこれでは先が思いやられます。

そう考えると、
文化的な活動というのは、
比較的涼しく、
雨の少ない地方で花開きそうな気がするのですが…
たしかにそうかもしれませんね。

誰か文化人類学のテーマとして、
研究してみませんか?
気候と文明の相関…なんて。


休日の夜は、
話題の大河ドラマ「真田丸」を見ることにしていますが、
関ヶ原を前にして、
そろそろ佳境に入るタイミングですね。

ドラマを見るたびに、
日本人の「判官びいき」に感心してしまうのですが、
およそ、
歴史上の勝者で、
よく描かれる人はおりません。
明治新政府、
徳川家康、
足利尊氏、
源頼朝…

それぞれに何か確立しているにもかかわらず、
物語の中ではあまり扱いがよろしくなく、
同情することしばしです。

ところで、
日本人の習俗を考えると、
室町幕府の成立から戦国時代を経て、
江戸幕府が開かれるまでの時期は、
たいへん興味深く、
もっとリアルに雰囲気を感じてみたい、
などと思ってしまいます。

タイムマシンがあったら、
まず行ってみたい時代です。

この時代の日本人は、
歴史上もっとも自由奔放で、
制約を嫌ったらしく、
文化も百花繚乱…
まばゆいほどきらびやか…
そしてどことなく退廃的な匂いがします。

そんなところが、
ずっとロックなんか聴いているヤツには、
たまらないのでしょうね。

そういう雰囲気を統制してしまったのが、
江戸幕府であり、
日本人の生真面目さ、勤勉さは、
江戸幕府によって作られたものかもしれません。

大阪の陣は、
統制を求めた側と、
自由奔放を求める側の戦いと見ると、
たいへんおもしろいのです。

真田幸村(信繁)は、
後者の代表のような人物なので、
人気があるのでしょうね。

私も思春期には、
自由奔放な生き方を求めていたものの、
いつのまにか統制されてしまい、
どちらかというと統制する側にまわることが多くなりましたが、
さて、
定年後のセカンドライフもそのまま行くのでしょうか。

案外、
いままでの反動と地が出て、
自由奔放な生き方をしたりして…(笑)

雨で外に出ないと、
ロクなことを考えません。

PR
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao