忍者ブログ
「web-magazine GYAN GYAN」では、第三者的な視点でロックを検証してきましたが、当サイトではプライベートな感覚で、より身近にロックを語ってみたいと思います。
  ★ カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[11/14 サキツミベイビー]
[11/13 matsuZACK]
[11/12 サキツミベイビー]
[08/25 matsuZACK]
[08/25 うぃん]
  ★ 最新記事
  ★ プロフィール
HN:
matsuZACK
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1962/02/15
自己紹介:
matsuZACKです。
“下天のうちをくらぶれば~”の年齢に到達してしまいました。
ミュージシャンを目指したり、
音楽評論家や文筆業を目指したり、
いろいろと人生の奔流に抵抗してきましたが、
どうやらなすがままに、
フツーの人におさまりつつあります。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ P R
  ★ カウンター
  ★ お天気情報
[445] [444] [443] [442] [441] [440] [439] [438] [437] [436] [435]
★2016/07/10 (Sun)
あーっスッキリした…

と言っても、
便秘が解消したワケではありません。

昨日(7/9)、
父の一周忌法要を行い、
新しく完成した墓石の下へ、
無事に遺骨を納めることができました。

あれから一年、
諸々の手続きを終え、
これでようやく落ち着きます。

父が生まれ育った土地であり、
私が生まれた土地でもある、
東京は足立区、
北千住にある、
古いお寺にお墓を持つことを決めたのが、
昨年の8月頃…
四十九日法要の前でした。

このお寺は、
母方の菩提寺であるだけでなく、
私が生まれた家のすぐ近くにあり、
父は生前からここへお墓を持つことを願っておりました。

ただし、
生前にはいろいろあって、
これを決めることができず、
亡くなってからの話となったのです。

ひとつには、
父の家系の宗派と、
このお寺の宗派が違っていたことでしたが、
実際にやってみると、
このケースの改宗は、
それほど難しいものではありませんでした。

ただし、
そうなる可能性があるという前提で、
葬儀の際の仏事一切をとり行う必要があり、
これにはけっこう神経を使いました。

その後は、
お寺が教えてくれる手順で、
諸事を進めてきましたが、
今まで、
神や仏と縁遠い生活を送っていたため、
何をやるにしても経験がなく、
手探りでひとつずつ片付けてきたのです。

昨日も…

お墓が新しいので、
まずは開眼供養をして、

その後に一周忌法要、
そして納骨の儀、
となるわけですが、

あいにく、
午前中からの大雨…
いや雨だけでなく風も凄くて、
これでは開眼供養ができないかもしれない、
ということになり、
にわかに大騒ぎとなりました。

最初の手順を踏まないと、
納骨ができないわけで、
とはいえ、
お客様を呼んでしまったので、
法要まで中止するわけにもいかず、
最悪の場合は、
法要だけを執り行い、
後は後日に延期…
とまでなりました。

なにしろ、
台風のような雨でしたからね。
我々がお寺に到着した時刻にはすでに、
風で傘があおられる状態でした。

仕方がないので、
お客様に説明をし、
ほんの一時でも風雨がおさまったら、
開眼供養を行うので、
しばらく待っていてください、
ということになりました。

そして、
小一時間が過ぎ、
もう延期しかないかな、
と覚悟を決めた頃…

なんと、
にわかに風雨がおさまり、
空が明るくなってきたではありませんか…

うわっ、奇跡かぁ…?

お寺のみなさんも、
今ならできますとばかり、
急遽準備に取りかかり、
開眼供養が始まりました。

それまでの荒天がまるで嘘のよう…

読経が始まりしばらくすると、
ほとんど雨は止んでいる状態になり、
その後、
納骨が終わるまでの一時間ほどの間、
その状態が続きました。

その後、
法要の宴会が始まる頃には、
ふたたび土砂降りになり、
夕方まで天気は回復しませんでした。

お坊さんはじめ、
お寺のみなさんには、
施主の方々の日頃の行いがよいからですよ…
などと言われましたが、
いちばん行いがよかったのは、
亡くなった父だったんでしょうね(笑)

おかげで、
めでたく予定は完了しました。

あーっスッキリした…
なのです。


これから、
お盆、秋のお彼岸などと、
ささやかではありますが、
仏事が続きます。

仏事を大切にするということは、
一年に何回か、
亡くなった人や祖先を思い出すということで…
自分がここに存在することに対して、
感謝をするということなんですね。

私は、
今回の法要に来てくれた、
祖母方の親戚から聞いた、
我が家の祖先の話がたいへん気になっており、
このへんの探索をしようか、
などと考えています。

叔父には、
家系図でも作って、
俺にも一部分けてくれ、
と頼まれたし…
やってみるかな(笑)


それにしても…

昨日のあの一時間は…
やはり奇跡だろうなぁ。
PR
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao