忍者ブログ
「web-magazine GYAN GYAN」では、第三者的な視点でロックを検証してきましたが、当サイトではプライベートな感覚で、より身近にロックを語ってみたいと思います。
  ★ カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[09/18 matsuZACK]
[09/17 サキツミベイビー]
[09/07 matsuZACK]
[09/07 kisato]
[09/07 matsuZACK]
  ★ プロフィール
HN:
matsuZACK
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1962/02/15
自己紹介:
matsuZACKです。
“下天のうちをくらぶれば~”の年齢に到達してしまいました。
ミュージシャンを目指したり、
音楽評論家や文筆業を目指したり、
いろいろと人生の奔流に抵抗してきましたが、
どうやらなすがままに、
フツーの人におさまりつつあります。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ P R
  ★ カウンター
  ★ お天気情報
[483] [482] [481] [480] [479] [478] [477] [476] [475] [474] [473]
★2017/03/26 (Sun)
「木綿のハンカチーフ」は、
遠距離恋愛の破綻をテーマに、
切ない乙女心を吐露している名曲ですが、
さすがにこの年齢になってみると、
素直にそこだけに感動するのではなく、
色々と歌詞の意味を考えてしまいます。

つまり…

この曲の歌詞は、
男性と女性のコール&レスポンスになっていますが、
それぞれの側を並べて見ると、
お互いの主張が明確に見えて興味深いのです。

以前だったら考えもつかなかった聴き方ですが…(笑)

まず、
1番の歌詞です。

男性は上京する途中ですが、
感傷的になっておらず、
かなり気合が入っています。
どこかの都市でふと恋人を思い出し、
何かプレゼントを買うと言っています。

これに対して女性は、
プレゼントなどいらないから、
「都会の絵の具に染まらないで」
つまり、
ずっと今のままでいてほしい、
と言っているのです。

2番になると、
男性はなかなか帰郷できないので、
お詫びのつもりか指輪を送ると言ってきます。

これに対して女性は、
「何を送られてもあなたのキスほどトキめかない」
つまり、
指輪なんかいらないから帰ってきてよ、
スキンシップがしたいと言っているのです。

これは、
絢香さんの「三日月」にも似たような表現があるので、
女性の心理としては一般的なものなのでしょう。

とはいえ、
男性側の心理としてはいかがなものでしょう?

まず、
決意の上京に対して欲しかったのは、
「がんばって」という励ましの言葉であり、
安月給をはたいて送った指輪に対しては、
「ありがとう」と言ってほしかったのではないでしょうか?

ところが、
女性の方は一貫して、
「ずっと変わらずそばにいてほしい」ということで、
そもそもスタートの段階から、
感情がすれ違っていると思えて仕方ありません。

このすれ違いが決定的になるのが、
3番の歌詞です。

男性は都会の生活にも慣れ、
スーツ姿の写真を送ってきます。
オレがんばっているでしょう?
スーツ姿かっこいい?
今度こそ褒めてほしかったところです。

ところが、
女性は相変わらず、
「草に寝転ぶアナタが好きでした」って…
それはないですよね?(笑)
私はここで、
少々この男性に同情的になりました(笑)

ただおもしろいのは、
ここでこの女性も、
「ちょっと言い過ぎかな?」
とズキンとしたらしく、
「木枯らしのビル街、体に気をつけてね」と、
蛇足的に男性を気遣う一言を入れてくるのです。

でも…
ここでの継ぎ足しでは、
もう遅いですね。

フツーはこの時点で、
「もーいいかーっ」となりますよ。

案の定、
4番で男性はもう帰れないと、
この意味は、
「他に大事な女性ができたから…」
ということでしょう。

ここに至って、
事態の重大さを知った女性は、
反省する部分もあったのでしょうが、
最後の抵抗とばかりに、
「涙拭く、木綿のハンカチーフください」
となるのです。

最近の日本の男女の感覚は、
この時代とかなり変化しているようですが、
かつての日本では、
男性は志に殉じ、
そして今でも女性には、
遠くの恋人より近くの友人、
という感情が残っているのです。

これを、
私の補足にあるような、
直接的な言葉をまったく使わずに、
ここまで想像が膨らむ情景を描いた、
作詞家(松本隆氏)の文学的センスは、
素晴らしいものであるといえます、
(一説には、
もっと長い歌詞であったものを、
編曲家の要請で短くしたとか…)

さらに、
このような女性の感情を、
サラッと歌いこなした、
歌手のキャラクターも的確で…
これを中島みゆきさんとか、
演歌系の歌手が歌ったら、
”怨み節“になってしまうところでした(笑)

すべてがうまくハマった、
職人による分業作業の傑作であると、
感動せずにはいられません。

ヒット曲というのは、
うまくできているのですね。

ここまで分析するなって?(笑)

PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
★分析★
面白い解釈です。
あの頃を振り返ってみますと、私は
「素直でいじらしくて健気なカントリーガール」

「自分勝手でチャラい男」
の遠距離恋愛が壊れた話
と受け取ってました。
谷山浩子の「カントリーガール」の世界とかぶりますかね。

単に私が女性に甘いのか?それとも太田裕美サンの魅力にやられてたのか?
6歳年上ですが可愛かったからねぇ
ういん 2017/03/26(Sun)21:51:02 ★編集
★太田裕美さん★
可愛いお姉さんって感じでしたね。
当時はまだ21歳ぐらいでしょ?

なんでこの曲は、
iTunesのカタログにないんだろうか?
matsuZACK 2017/03/26(Sun)22:33:14 ★編集
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao