忍者ブログ
「web-magazine GYAN GYAN」では、第三者的な視点でロックを検証してきましたが、当サイトではプライベートな感覚で、より身近にロックを語ってみたいと思います。
  ★ カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20
22 23 24 25 26 27
29 30 31
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[05/29 サキツミベイビー]
[05/26 サキツミベイビー]
[05/24 matsuZACK]
[05/23 サキツミベイビー]
[05/23 サキツミベイビー]
  ★ プロフィール
HN:
matsuZACK
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1962/02/15
自己紹介:
matsuZACKです。
“下天のうちをくらぶれば~”の年齢に到達してしまいました。
ミュージシャンを目指したり、
音楽評論家や文筆業を目指したり、
いろいろと人生の奔流に抵抗してきましたが、
どうやらなすがままに、
フツーの人におさまりつつあります。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ P R
  ★ カウンター
  ★ お天気情報
[482] [481] [480] [479] [478] [477] [476] [475] [474] [473] [472]
★2017/03/20 (Mon)
2017年3月18日、
チャック・ベリー逝去、
享年90歳。

ミュージシャンとしては、
かなりの長寿です。

その上、
38年ぶりに、
ニューアルバムを発表する予定だったとか…

最高齢の現役ミュージシャンだったわけです。

スゴイですね。

彼がいなかったら、
ジョン・レノンもローリング・ストーンズも、
世に出たかどうかわからず…

3コードで踊れる音楽を、
ここまで普及させた功績には計り知れないものがあります。

それにしても…

自然の摂理なので仕方ないことですが、
ポップミュージックの全盛期を支えたミュージシャンたちが、
次々と神のもとに召されていきます。

まさに…
歌は世につれ、
世は歌につれ…

「恋する歌謡曲。」

『Guitar magazine』今月号の特集じゃありませんか(笑)



『Guitar magazine』編集部に何が起きているのか?

私は今年に入ってから3号続けて購入していますが、
いずれも特集のテーマが興味深くて、
家でじっくり読みたくなってしまう内容でした。

今月のテーマは、
1970〜80年代の、
いわゆるJ-POP以前の、
歌謡曲全盛の時代を支えたギタリストたち…
当時は名前がクレジットされることもなかった、
スタジオミュージシャンにスポットを当てているのです。

これはスゴイ企画です。

かつて…
「レコード・コレクターズ」が2014年7月号で、
「1970-1979 日本の女性アイドル・ソング・ベスト100」という特集を組み、
私もここに、
「1970年代の日本の女性アイドル・ソング・ベスト10」
という記事を掲載したことがありましたが、
今回の特集はギタリストにスポットを当てている点がポイントで、
じつに読みごたえのある内容になっていました。

山口百恵さんに矢島賢さん、
キャンディーズに水谷公生さん、
沢田研二さんに井上尭之さん、
西城秀樹さんに芳野藤丸さん、
松田聖子さんに松原正樹さん&今剛さん、
ユーミンに鈴木茂さん、
という流れをメインに、
様々な角度からあの時代を検証しています。
(ちなみに矢島さんと松原さんもすでに逝去されています…合掌)

私は当時、
初期のキャンディーズのシングルで聴けるギターが、
かなり気になっていたのですが、
これはすべて水谷さんであったことが判明した上に、

長年の疑問の一つであった、
「サザエさん」の主題歌のギターが、
杉本喜代志さんだったということが判明…
そうです、
やはりあれは、
ジャズギタリストのプレイだったのです(笑)

さらに、
名曲「木綿のハンカチーフ」のイントロの
TAB譜が付いていることもあり、
あっという間にマイ・ブームが、
JAZZ FUNKから歌謡曲になってしまいました。

私の中学生当時(1974〜76年)は、
かじりたてのROCKと歌謡曲を、
当たり前のように、
同列で聴いていたものですが、
それを支えていたギタリストの多くが、
ROCK系の人たちであったから、
あまり違和感を覚えなかったのかもしれません。

それにしても、
譜面を初見で、
「せーの」で他のパートと一発録り、
1時間程度でミックスダウンまで仕上げてしまうというのは、
まさに「職人芸」といえます。

ミスしない、
音程狂わない、
リズムはずさない…
なんというレベルの高さでしょう。

私はつくづく考えが甘かったなぁ…
ローリング・ストーンズ物語など読んで、
自分もプロになれると信じていたけれど、
このレベルをクリアできなければ、
当時の日本ではプロ(=これで食っていける人)にはなれなかったんですね。

しかし、
芳野藤丸さんの証言にあるように、

自分がその日録音した曲を、
誰が歌ってどんな雰囲気になるかは、
まったく打ち合わせなどされなかったそうで、
譜面を渡されて録音を済ませれば、
「はいお疲れさま〜」で次の現場へ行く…

大ヒットした「木綿のハンカチーフ」も、
いつもの調子で録音を済ませた曲の一つで、
後にラジオから流れてきた完成版を聴いてはじめて、
「あっこれオレだよ」
「はぁ…こんな曲になったんだ〜」
と驚いたとか…

プロダクション側が、
歌い手の魅力を最大限に引き出すための戦略を練り、
編曲家が作品の全体像を描く、
作詞家は言葉の職人であり、
作曲家はメロディの職人、
スタジオミュージシャンはもとより、
歌手も職人であったのが、
当時の歌謡曲の実態とすれば、
日本だって、
モータウンや西海岸に負けてはいなかったと思えてきます。

つくづく、
1970~80年代の音楽シーンは、
全方位で密度が濃かったんだな〜。

あの時代をリアルタイムに体験したことは、
私たちにとって大きな財産なのです。

ところで、
冒頭の2014年夏頃に、
気になる曲はほとんど、
iTunesで入手したのですが、
(シングルを集める際にiTunesは便利です)
「木綿のハンカチーフ」とキャンディーズの曲は、
そこでは入手することができませんでした。

今回は、
CDで…つまりアルバムで、
これらも集めてしまおうか、
などとタクラむ、
今日この頃でありました。
PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
★木綿のハンカチーフ★
懐かしいですね~
中学生の時でしたっけ・・・
TAB譜だけでも買ってしまいそうです、表紙も意外性充分。
ういん 2017/03/20(Mon)21:05:27 ★編集
★そう…★
中学生のときです。

基本的には今も、
中身は変わらないのですが…

久しぶりに飲みに行きますか?
matsuZACK 2017/03/20(Mon)22:03:20 ★編集
★そういえば★
この秋同窓会開催予定。
昨晩は御徒町でキックオフミーティングでした。
メンツは
権田(ごんちゃん)、野本恵美子、吉水恵子、三好、志水めめず、伊地知、川さん、私、采女マリ、田中久美子、坂本ひち
分かるかな?

飲み、いいですね、近々でもOKですが、6月から更に暇になる予定です。

ういん 2017/03/25(Sat)23:14:58 ★編集
★>6月から更に暇になる★
なぜ?

その名前の中だと、5〜6人はわかりますね。

私は今週から4月の2週あたりが過ぎると、
予定がスカスカになります。
年度末から新年度の時期だからね。

6月は、
毎年恒例のこちらのクラス会です。
matsuZACK 2017/03/26(Sun)09:17:19 ★編集
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao