忍者ブログ
「web-magazine GYAN GYAN」では、第三者的な視点でロックを検証してきましたが、当サイトではプライベートな感覚で、より身近にロックを語ってみたいと思います。
  ★ カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[11/14 サキツミベイビー]
[11/13 matsuZACK]
[11/12 サキツミベイビー]
[08/25 matsuZACK]
[08/25 うぃん]
  ★ 最新記事
  ★ プロフィール
HN:
matsuZACK
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1962/02/15
自己紹介:
matsuZACKです。
“下天のうちをくらぶれば~”の年齢に到達してしまいました。
ミュージシャンを目指したり、
音楽評論家や文筆業を目指したり、
いろいろと人生の奔流に抵抗してきましたが、
どうやらなすがままに、
フツーの人におさまりつつあります。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ P R
  ★ カウンター
  ★ お天気情報
[469] [468] [467] [466] [465] [464] [463] [462] [461] [460] [459]
★2016/12/25 (Sun)
さて、
今年もあと数日となったところで、
恒例の「2016年マイベストアルバム」の発表です。


【新譜部門】
☆デヴィッド・ボウイ『★』

2016年を象徴する1枚です。

年明けまもなく彼の訃報に接し、
それから数ヶ月はその偉大な軌跡に浸り、
年末のライブは全曲彼のナンバーだったという、
まさに今年はデヴィッド・ボウイ一色でした。

そんな彼の最後の作品は、
およそ最後にふさわしくない、
前向きな姿勢で時代を切り取った、
たいへん意欲的な内容でした。

ここから次の展開が期待されただけに、
惜しまれる死というしかありません。

その飽くなき探究心と尽きない想像力に脱帽です。

☆エース・フレーリー『オリジンズVOL.1』
☆ウリ・ジョン・ロート『スコーピオンズ・リヴィシテッド』

そんな2016年ですが、
私のかつてのヒーローたちが、
元気な姿を見せてくれた年でもありました。
2人とも、
本当に懐かしい…
そして元気な姿を見せてくれて、
本当にありがとう。

というか、
ウリの方は、
相も変わらぬ超絶技巧ぶりで、
正直なところ、
五十肩が痛いなどと言っておられぬ、
などと反省することしきりでありました。

☆ジェフ・ベック『ラウド・ヘイラー』

そんな中、
師匠はちーっとばかり、
悪いクセがでてしまったようで…
もうヴォーカルものはいいじゃん。
若いネーチャンに甘いんだから〜(笑)


【再発部門】
ディープ・パープルの復刻盤ライヴ・シリーズ
☆『ストックホルム 1970』
☆『コペンハーゲン 1972』
☆『ロングビーチ 1976』

デヴィッド・ボウイと並んで、
今年を象徴するのが、
昨年末あたりに入手した、
リッチー・ブラックモアの秘蔵映像に端を発した、
ディープ・パープル三昧の日々です。

つくづく私は、
リッチーから多大な影響を受けていること、
そして、
我が半生において、
20歳までの音楽体験が全てであること、
などを思い知った次第です。

このへんの開き直りが、
今回の忘年会ライヴにつながったかな、
と思う今日この頃です。

テンペストの紙ジャケ再発2枚
☆『テンペスト』
☆『眩暈』

そんな中で、
再認識したのが、
この隠れた名バンドの素晴らしさ…
B級好きの私にはたまりませんでした。

長いロックの歴史には、
才能はあるのに、
ちょっとしたきっかけがなく、
メジャーになれなかった、
通好みの名人がたくさんおりますが、

テンペスト…
というより、
リーダーでドラマーのジョン・ハイズマン、
そしてギタリストのオリー・ハリソールなどは、
まさにその典型でしょう。

ふとしたきっかけで、
そんな才能と出会えることも、
また至福の喜びです。

そういう意味では、
紙ジャケ再発は、
いいきっかけになることが多いので、
懲りずに続けてほしい限りです。

12月にはブルー・チアーなどという、
これまた、
たいへんマニアックなものも再発されたので、
まだまだ興味は尽きません。


さて、
そんな2016年を一言で総括すると、
「ルーツを再確認し開き直った年」という感じで、
漢字一文字で表すと「原」というところでしょうか。

開き直った後の来年は、
さてどのようになるのでありましょう。

おそらく、
今年最後の記事になると思うので、
みなさん、
よいお年を。

来年もよろしくお願いします、
なのだ。
PR
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao