忍者ブログ
「web-magazine GYAN GYAN」では、第三者的な視点でロックを検証してきましたが、当サイトではプライベートな感覚で、より身近にロックを語ってみたいと思います。
  ★ カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[09/18 matsuZACK]
[09/17 サキツミベイビー]
[09/07 matsuZACK]
[09/07 kisato]
[09/07 matsuZACK]
  ★ プロフィール
HN:
matsuZACK
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1962/02/15
自己紹介:
matsuZACKです。
“下天のうちをくらぶれば~”の年齢に到達してしまいました。
ミュージシャンを目指したり、
音楽評論家や文筆業を目指したり、
いろいろと人生の奔流に抵抗してきましたが、
どうやらなすがままに、
フツーの人におさまりつつあります。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ P R
  ★ カウンター
  ★ お天気情報
[466] [465] [464] [463] [462] [461] [460] [459] [458] [457] [456]
★2016/12/04 (Sun)
毎年恒例の、
吉祥寺MANDARA2の忘年会ライブが、
昨夜(12/3)開催されました。

今年は、
1/10に星になった、
デヴィッド・ボウイを追悼しようと、
全曲、
彼のナンバーを演奏しました。

曲目は以下の通りです。

1, Ziggy Stardust
2, Heroes
3, Joe The Lion
4, White Light / White Heat
5, Rebel Rebel
6, Diamond Dogs

ジギーからベルリン3部作まで…
いわゆる、
ボウイの創造性がピークに達していた時期の作品で固めました。

バンドのビジュアルとしては、
ジギーの頃をイメージしたのですが、
やはりハードルが高く、
ヴォーカルのmarcさんは、
ミイラ男のようになってしまったので、
動画を披露するのは控えることにしました(笑)

この日のために入手したと言っても過言ではない、
SGジュニアは、
それはそれはイイ音で鳴ってくれました。

が…
コーラスのような空間系エフェクトとの相性が悪いは…
少し歪ませ過ぎるとコモルは…で、
ストライクゾーンのトーンが、
極端に限定されることがわかりました。

ガンコなヤツなんですよ。

とはいえ、
今回のような曲を乱暴に弾くには最適で、
今後は出番が増えることが予想されます。

↓どこかで書いたけど、
「Ziggy Stardust」のイントロには、
自信があるのだ。



そのうち、
音源だけでも公開しましょうか。

あー疲れた。

今年も終わりですね。



PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
★ジギー★
ミック・ロンソン>イントロは10フレットじゃなかったけ!?
サキツミベイビー 2016/12/06(Tue)21:16:43 ★編集
★10フレット★
そうです。
あのへんを弾いてあの感じになるのは、
彼にしかできないというのが、
結論です。

私は開放弦で弾いた方が、
いい感じなんですよ。
matsuZACK 2016/12/06(Tue)22:42:22 ★編集
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao