忍者ブログ
「web-magazine GYAN GYAN」では、第三者的な視点でロックを検証してきましたが、当サイトではプライベートな感覚で、より身近にロックを語ってみたいと思います。
  ★ カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[09/15 kisato]
[09/15 matsuZACK]
[09/15 shiba]
[06/09 matsuZACK]
[06/09 サキツミベイビー]
  ★ 最新記事
  ★ プロフィール
HN:
matsuZACK
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1962/02/15
自己紹介:
matsuZACKです。
“下天のうちをくらぶれば~”の年齢に到達してしまいました。
ミュージシャンを目指したり、
音楽評論家や文筆業を目指したり、
いろいろと人生の奔流に抵抗してきましたが、
どうやらなすがままに、
フツーの人におさまりつつあります。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ P R
  ★ カウンター
  ★ お天気情報
[604] [603] [602] [601] [600] [599] [598]
★2019/09/08 (Sun)
行くまでは、
なんだかんだと言っておきながら、
実際に行ってみたら、
あまりの居心地のよさに、
日本に帰りたくなくなった、
私です…(笑)

滞在したのは、
ハワイでも老舗のホテル
「Moana Surfrider (Westin)」でしたが、
半分くらいが外人客であったせいか、
リゾート感がハンパなく、
優雅な時間を過ごすことができました。
(一夜、
隣の某有名ホテルの夕食へ行ったら、
子連れの日本人客ばかりで、
まるで熱海のホテルのようでした…(笑)



目の前が、
ホテルのプライベート・ビーチで、
それはそれは、
美しい海が広がっていたので、
これはもう入るしかないだろう、
ということになり、
自慢の裸体(?)をさらし、
数十年ぶりの海水浴をしてしまいました。



水着を持って行かなかったので、
近くの「Quick Silver」で、
現地調達をしたのですが…
ショップの綺麗なおネーちゃんが、
私のウェストサイズをピタッと当てて、
ジャストフィットするものを探してくれたのは、
ちょっとうれしかったですね(笑)


イタリアンレストランに行く途中で、
ストリートミュージシャンを見かけたのですが、
ギターとベースのコンビが、
見事にハモって、
その前でダンサーがフラを踊るという、
たいへん完成度の高いものでした。



映画『フラガール』を何度か見ていたので、
その所作に意味があることは、
よく理解していましたが、
フラダンスというのは、
たいへん優雅でよいですね。
癒されますよ…(笑)

そんなこともあってか、
ウクレレが並んでいる店を見かけて、
つい入ってしまったら、
複弦のウクレレと目が合ってしまい、
見受けすることになりました(笑)



$271.2でございます〜

チューニングは、
ギターの1弦から4弦の、
5フレットと同じなので、
意外とスラスラ弾けます。

この娘は複弦なので、
ニュアンスのある響きが得られるため、
ハワイアン以外にも使えそうです。
これでまた、
少し違う領域に進出できるかもしれませんね。

そして、
アヤシイおじさんが、
割引券を配っていたGUN CLUBで、
念願の、
本物の拳銃を撃つことができました。

なにしろ初体験の、
音と反動にビックリ…

とくに、
ダーティハリーで有名な、
44マグナムはスゴかった…
両手で支えて、
足を踏ん張っていないと、
銃の反動に耐えることができません。

こんなので撃たれたら、
頭吹っ飛んじゃうなぁ…
銃は人を殺すものである、
ということがよく理解できた次第です。



ホテルのある、
ワイキキも素晴らしかったのですが、
世界でもっとも美しいと言われる、
カイルアビーチ(東海岸)の美しさは、
言葉で表せないほどでした。



全米有数の都市でありながら、
これだけ自然に溢れている、
見事なバランス感覚、
そして、
全体に流れる、
なんともユル〜イ雰囲気…

私が帰りたくなくなったのも、
無理のないことだと思います。


ところで今回は、
観光ではなく、
重大なイベントのためハワイに行ったのでは?
というツッコミが聞こえてきますが…

そう、娘の結婚式でした…

そこはやはり、
娘の手を引いて、
ヴァージンロードを歩いていたら、
ウルウルっとなりそうになりましたよ。

前日に、
結婚式用のレンタルをしている、
アロハショップの女性に、
「花嫁のパパは準主役ですよ」
と言われたことが印象に残りましたが、
まさにそういうことでしょう。

いろいろ楽かったけれど、
やはり、
幸せそうな娘の顔を見られたことが、
一番よかったことかもしれませんね。


↓挙式に関する移動はすべてリムジンでした。



日常の移動で使える身分になりたかった(笑)
PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao