忍者ブログ
「web-magazine GYAN GYAN」では、第三者的な視点でロックを検証してきましたが、当サイトではプライベートな感覚で、より身近にロックを語ってみたいと思います。
  ★ カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[08/25 matsuZACK]
[08/25 うぃん]
[08/20 matsuZACK]
[08/20 うぃん]
[07/16 matsuZACK]
  ★ プロフィール
HN:
matsuZACK
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1962/02/15
自己紹介:
matsuZACKです。
“下天のうちをくらぶれば~”の年齢に到達してしまいました。
ミュージシャンを目指したり、
音楽評論家や文筆業を目指したり、
いろいろと人生の奔流に抵抗してきましたが、
どうやらなすがままに、
フツーの人におさまりつつあります。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ P R
  ★ カウンター
  ★ お天気情報
[521] [520] [519] [518] [517] [516] [515] [514] [513] [512] [511]
★2017/12/17 (Sun)
今年はいつになく、
サクサクと年末の準備を進めていて、
恒例の「2017年マイベストアルバム」を先週に発表したばかりか、
この時期に年賀状まで作り終えてしまいました(笑)

で、
調子に乗って、
ピンク・フロイドの紙ジャケ・シリーズも
まだチェックし切れていないというのに、
フォーカスの紙ジャケBOXセット(13枚組!)などという、
大それたモノを購入するという暴挙に出てしまいました。
(今年の夏にリリースされていたようです)

おかげで年末年始はプログレ漬けの日々になりそうです…

そんな今夜は、

大河ドラマ『おんな城主 直虎』が最終回を迎えます。

最初は、
ちょっと前まで柴咲コウさんが好きだったことから、
興味を持ったのですが…

前作『真田丸』の最後の方で、
大阪夏の陣の際に、
真田信繁の向かい側に布陣したのが、
井伊直政(直虎の養子)であることを知り、

そういえば、
武田の赤備えは真田が受け継ぎ、
さらに井伊が受け継いだことに気がつき、
そのあたりの因縁めいたつながりにも関心を持つようになり、
結局、
毎週見ることになったのです。

要するに…

桶狭間の合戦で、
当主を始めとする、
多くの重臣を失い、
近隣の大国に翻弄され、
一度は家名の存続をあきらめながら、
結局は、
江戸幕府の最後まで、
家名を存続させることになる…

そんな井伊家が、
本当に首の皮一枚になった時期に、
直政が家督を継ぐまでの間、
ピンチヒッターとして立った人がいて、
それが一部では、
女性であったのでは?と言い伝えられている、

ということですが、

『明治維新の正体』同様、
正史を裏側から見た際に、
こぼれ落ちた話なので、
そこが興味深かったことは確かです。

この時代に、
井伊家と同様の憂き目に会い、
滅んでしまった家は、
数え切れないほどあると思いますが、
不思議な力が働き、
残ることができた…
これは奇跡と言えるでしょう。

桶狭間の戦いを反対側から見ることは、
いまだかつて初めての経験でしたが、
立場が変われば、
こういうことだな…と妙に納得したりしました。

さて、
今夜どのような結末で終わらせるのか、
演出家のメッセージに注目です。

肝心の柴咲コウさんのことは何もないのか?
と言われると、
若い時代の設定だった稚児装束より、
還俗して中年っぽい装いになった方が、
「キレイだな」と思ったことは確かで…

女優さんも年齢相応の役柄で、
魅力を発揮するものだなと、
もう一つ、
ミョーな納得をしたりしました(笑)


ところで、
来年の大河は…

見る気がしないのでありました。

来年は日曜の夜に予定を入れられますよ(笑)
PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao