忍者ブログ
「web-magazine GYAN GYAN」では、第三者的な視点でロックを検証してきましたが、当サイトではプライベートな感覚で、より身近にロックを語ってみたいと思います。
  ★ カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[09/18 matsuZACK]
[09/17 サキツミベイビー]
[09/07 matsuZACK]
[09/07 kisato]
[09/07 matsuZACK]
  ★ プロフィール
HN:
matsuZACK
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1962/02/15
自己紹介:
matsuZACKです。
“下天のうちをくらぶれば~”の年齢に到達してしまいました。
ミュージシャンを目指したり、
音楽評論家や文筆業を目指したり、
いろいろと人生の奔流に抵抗してきましたが、
どうやらなすがままに、
フツーの人におさまりつつあります。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ P R
  ★ カウンター
  ★ お天気情報
[503] [502] [501] [500] [499] [498] [497] [496]
★2017/09/03 (Sun)
先週の続きです。

というわけで…
レゲエにハマりつつあります。

とはいえ、
かつてブラック・ウフルなんか、
よく聴いたわけですが、
曲がどうのというよりも、
全体のノリが勝負なので、
流していることが多くなり、
正直なところ楽曲単位での思い出は、
あまりありません。
(みんな同じに聴こえてくる…(笑)

自分の人生において、
最初に耳にしたレゲエ・ナンバーは、
おそらく、
クラプトンによる「アイ・ショット・ザ・シェリフ」
と思われます。

たしか…
中学2年の時にラジオで聴いたと記憶していますが…
(1975年)

これは今から思うと、
当時流行していた、
ディスコミュージックのような…
いわゆる、
ファンクっぽく聴こえたので、
何の違和感もなく、
カッコイイ曲だと思ったものです。

次に、
ローリング・ストーンズは『ブラック&ブルー』に収録の、
「チェリー・オー・ベイビー」(1976年)

これは、
名曲「ハンド・オブ・フェイト」の次に収録されていて、
初めて聴いたときには、
「なんだこりゃ?フザケてんのか?」と、
ミック&キースの考えを計りかねたものでした。

まぁ…レゲエのレの字も知らなかった、
というところでしょうね。

それからしばらくして、
ポリスの『白いレガッタ』に至り、
やっと、
レゲエが何であるか知ることになるのですが、
これは新鮮でした。

このアルバムの収録曲では、
前のアルバムに収録されていた曲の
間奏部分を切り取ったタイトル曲と、
「ウォーキン・オン・ザ・ムーン」が好きで、

どちらの曲も、
フランジャーやエコーを使い、
ニュアンスに富んだコードを多用するギター、
ドライブ感満載のシンプルなベース、
スッカスカなのに躍動感あふれるドラムス、
にシビレまくったものです。

とくに、
「ウォーキン・オン・ザ・ムーン」のリズムは、
レゲエそのもので、
この感じが、
私のオツムにインプットされていることは確かです。

ボブ・マーリーと出会ったのは、
ポリスの後ぐらいで、
名盤『ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ』を聴き、
感動しまくっていました。

このアルバムでは、
「ノー・ウーマン、ノー・クライ」の、
包み込むような優しさが好きで、
今でもこれを聴くと胸が熱くなります。

ラッシュも、
1980年発表の『パーマネント・ウェイヴス』の1曲目で、
レゲエのリズムが登場するところがあり、
その後、
80年代の中期ぐらいには、
ポリスのようになってしまうのですが、
当時の欧米でレゲエが、
HIPな音楽であったことが窺えます。

1980年代に入ってからは、
ブラック・ウフルとか、
2000年に入ってからは、
スライ&ロビーのZEPカヴァーとか、
いくつか思い出すものはあれど…

まぁ、その程度の関わり方だったのです。

今回はいろいろな切り口から入ってみようか、
と企んでいるのですが、
超アフタービート志向の私にとって、
このノリはたまらなく心地よいことは確かで、
しかも、
ソウルやファンクと同じ匂いを感じているので、
何か収穫があるかもしれません。

世の中には、
まだまだ聴いたことのない音楽が、
たくさんあるんですね。


↓結局、この方々からの影響が強いようで…

PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
★ポリース★
ポリスは1~4枚目まではよく聞いたな。ニューウェイブ、PUNK,レげエをうまくMIXして独自の音作り出していたよね。STINGも尖がっていたし。レゲエのドラムはジャマイカ人とは違って白い、というかコマーシャルだね。ONE DROPの落としどころが違うのかな!?スペシャルズのほうがよりジャマイカっぽかった。アンディ・サマーズは1970年頃NEW アニマルズの時、銀座・山野楽器で遭遇したことがあるよ。地味な人で、のちにポリスで成功するとは思わなかった。あの空間系のギターはユニークだね。
サキツミベイビー 2017/09/04(Mon)11:56:52 ★編集
★ポリスはやっぱりカッコイイ★
私もクラプトン、ポリスあたりから耳に入ってきた口だったかも。ポリス スチュワートコープランドやっぱり最高だと思う。

ボブマーリーのPV強烈だったわねw
ピーター・トッシュ、ジミー・クリフ、サードワールド、、とかとか、ああ懐かしー。

ライブアンダーザスカイに行ったときのこと。ハービーハンコックを観に行ったんだけど、前座(?)でブラックウフルが出て(マイケル・ローズがいた頃)みんなノリノリ。実は私もその時はレゲエは聞いてたけどブラックウフルは知らなかった。だけど演奏始まったら凄いリズムが身体に響いてヴォーカルも上手いし、レゲエ知らない人達が「なんだこれ!いい!」って笑顔で踊ってた。

ハービーハンコックの番になったら満員の客席だったはずが前半分位になってた。実はライブの開始がかなり遅くなったせいで帰りの汽車や電車の時間が迫って帰ってしまってたのね。殆どの人達はハービーハンコック狙いだったのにブラックウフルで満足した感じで帰ってしまってた。

後ろのガラガラ席でじっくり堪能しようと行ったら、なんとさっきまで演奏してたブラックウフルのメンバーが(ピューマジョーンズだけ居なかった)座ってたり立ってたりしてる。カタコトで話しかけるととてもフレンドリー!通じそうな英語をなんとかw 喋りながら一緒にハービーハンコックを観てました。この時 ほんと楽しかったなぁ。ブラックウフル大好きになった。

ライブが終わって帰る時、ブラックウフルのメンバー2人が出口のところに立って「ジャーラスタファライ〜」って満面の笑顔で言いながら両手を合わせて祈るような格好で送ってくれたのよ。手を出せば握手してくれて。あったかーい人達だったわ。

なんかもう秋の気配だよね〜www
kisato 2017/09/04(Mon)21:27:41 ★編集
★ブラックウフル★
ライブアンダーザスカイの映像はTVで少し見たな。ブラックウフルのステージで女子FANがメンバーに抱きついていたのを憶えている。リズム・セクションはスライ&ロビーかな!?kisatoさんはずいぶん良い思いをされましたね。ハービーの時、客半分かぁ(絶句)
サキツミベイビー 2017/09/06(Wed)11:07:12 ★編集
★ライヴ★
レゲエはライヴ、
ということでしょうね。

スタジオ作品はどこか、
物足りないところがあります。

とはいえ、
ポリスは別として、
本格的なレゲエバンドのライヴは、
見たことないなぁ…

kisatoさんみたいに、
踊っちゃうのかな?

アタマをドレッドヘアにして?(笑)
matsuZACK 2017/09/07(Thu)12:14:47 ★編集
★with スライ&ロビー★
そうなの、スライ&ロビーも一緒。当時はスライ&ロビーのこともよく知らなかったの。まだ小さかった息子も預け先も無く連れてってメンバーの人にハービーハンコック観てる間ずっと立ったまま抱っこしてもらってたの。片手で全然重くなさそうにw 息子も泣く事もなく。それがメンバーの中の誰だったかがよくわからないw 背が高くてスクッとしてたと思う。いやー今思い出すと恐縮してしまいます。
1人は凄いドレッドヘアで(触らせてもらった)その人だけ目が別次元にいってる感じというかずっと座ったまま言葉少なめ。
あとマネージャーさんみたいな人が来て凄く話しかけられたんだけど何話されてるのかよくわからずなんだか終わったらどうのこうのと言ってるようだったので(ほんとは違うかも)ノーサンキューすぐ帰らないとって答えたり。

一緒に行った友人達はちょっと離れて遠巻きで見てるのでなんでこっちにこないのかなぁと思ったけど後から聞いたらハラハラして見てたらしい。

これが東京とかだったらあり得なかったのかもしれないですね。ほんとにラッキーな忘れられない思い出になりました。写真撮ったりサインもらっとけば良かったなー。
kisato 2017/09/07(Thu)21:24:38 ★編集
★まだ小さかった息子を抱っこしてもらった…★
それは、
貴重な体験というより、
スゴイ体験ですよ(笑)

レゲエって、
リズムはシンプルですが、
歌のメロディやハーモニーが、
よく考えられていて、
アレンジも気がきいているので、

スルメのように、
噛めば噛むほど…
いや、
聴けば聴くほど、
ハマってしまうのです。

日本人の多くは、
これを南米の民族音楽と誤解していますが、
当時の流行の先端だったわけで、
今聴いても新鮮なワケです。

そうそう…
アスワドっつうバンドも、
めちゃカッコいいです。
matsuZACK 2017/09/07(Thu)22:09:03 ★編集
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao