忍者ブログ
「web-magazine GYAN GYAN」では、第三者的な視点でロックを検証してきましたが、当サイトではプライベートな感覚で、より身近にロックを語ってみたいと思います。
  ★ カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[10/30 shiba]
[10/29 matsuZACK]
[10/29 shiba]
[10/23 matsuZACK]
[10/23 kisato]
  ★ 最新記事
  ★ プロフィール
HN:
matsuZACK
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1962/02/15
自己紹介:
matsuZACKです。
“下天のうちをくらぶれば~”の年齢に到達してしまいました。
ミュージシャンを目指したり、
音楽評論家や文筆業を目指したり、
いろいろと人生の奔流に抵抗してきましたが、
どうやらなすがままに、
フツーの人におさまりつつあります。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ P R
  ★ カウンター
  ★ お天気情報
[504] [503] [502] [501] [500] [499] [498] [497] [496] [495] [494]
★2017/08/20 (Sun)
8月11日の山の日を皮切りに、
旧盆をはさんだ夏期休暇のピークも、
そろそろ終わりを迎えようとしています。

私は8月11日からの3連休の後、
14日のみ出社し、
その後有給休暇を取得したので、
3連休、1日出社、6連休ということになり、
すっかり定職についていることを忘れていましたが、
明日からまた元の生活に戻らなくてはなりません…

したがって現在、
かなりユウウツな心境です(笑)

休みの後半は、
高齢の母が足腰の丈夫なうちに、
ぜひ一度、
戦時中に学童疎開へ行った、
野沢温泉を訪ねたいというので、
長野県北部を旅してきました。

旅といえば、
風景写真と鉄道写真ということで、
今回は、
旅行で撮影した画像を公開したいと思います。

iPhoneの進化にともない、
写真家気取りの人が多くなっているようですが、
私もご多分にもれずその一人になっています(笑)

↓夜の野沢温泉…まるで「千と千尋」の世界





↓古くから村人の生活に欠かせない麻釜



↓野沢スキー場の稜線を伝うリフト



↓斑尾高原(標高1000m)から斑尾山(1382m)を望む



↓あっという間に霧が立ち込め、あたりは幽幻の世界



↓そして、
長野電鉄でお目にかかった、
元営団地下鉄(現:東京メトロ)3000系



この車両は、
1961年(昭和36年)3月28日、
日比谷線開業と同時に導入された車両で、
スキン・ステンレス車体(無塗装)、
2両1ユニット方式の編成、ATCの採用など、
当時の最先端技術が盛り込まれ話題になりました。

最盛期には、
日比谷線に38編成304両が在籍していましたが、
1994年(平成6年)7月23日、
03系に後を譲り全車廃止され、
一部が長野電鉄に売却されました。

私がお目にかかったのは、
このうちの2両です。



ちなみに、
長野電鉄鉄道事業は、
平成14年(2002年)河東線の一部(通称:木島線)、
平成24年(2012年)屋代線が廃止され、
現在は長野線の長野~湯田中間のみの営業となっており、
少々さびしいところではありますが、

ご覧の通り、
3000系は赤い帯を巻いて、
長野電鉄仕様にはなっているものの、
往年の美しい姿で元気に働いておりました。

なつかしい…
私はおよそ40年前、
中学から高校2年までの5年間、
毎日この車両のお世話になりました。

当時は冷房が装備されておらず、
また北千住~上野間は殺人的な混雑で、
LPレコードが割れてしまったり、
たいへんな騒ぎでしたが、
今となってはなつかしい思い出です。

余談ですが…
始発の竹の塚から終点の中目黒まで、
座って寝たまま到着し、
駅員に起こされて初めて気がついた、
というツワモノもおりましたね…(笑)

↓前面に曲面ガラスが採用され、
独特の風貌から「マッコウクジラ」と呼ばれていた。



長野電鉄にはこの他、
東急や小田急ロマンスカー、成田エクスプレスの初期型など、
ファンにとってはたまらない車両がゴロゴロ走っております。
全盛期のようにいくつかの支線があれば、
もっと楽しめるでしょうね。

なにしろ、
仕事以外で長野を訪れたのは、
初めてのことで、
景色は綺麗だし食べ物は美味しいし、
すっかりファンになってしまいました。

(西澤餅店のおやきは絶品、
野沢グランドホテルの料理は最高…
さらに付け加えておくと、
私の好きな日本酒が多いのは、
山口県、石川県、そしてこの長野県でした…)

機会を見て、
定期的に訪れてみたい土地ですね。

↓千曲川を望む(飯山城址公園から)



ああ…こんなことを言っていると、
さらに明日がユウウツに…(笑)

PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
★マッコウクジラ★
強者が参りました~w
私も数年前、湯田中温泉に行きました。懐かしかったですねぇ3000系。

ロマンスカーの先頭車両も満喫できたし、温泉より良かったかもしれない。
私は廃線を知らずビックリ、バスで苦労して松代に行き大本営跡を見てきました。

野沢温泉は行ったことありませんが、風情あって良さそうです。
黒部や立山と並んでいきたいところが増えました、が、両方いっぺんは難しそうですね。
うぃん 2017/09/02(Sat)02:01:53 ★編集
★強者来たる★
そういえば、
うぃんさんは松本に数年間いらっしゃいましたね…

栗ずくしの土産をいただいた記憶があります(笑)

長野も広いですね。
北の北陸寄りの地方と、
南の木曽では、
かなり雰囲気が違いますからね。

日本にはたくさんいい所があって、
まだまだ訪れていない土地も多く、
情勢不安な海外へ行くより、
つい国内旅行を選んでしまいますよ。
matsuZACK 2017/09/03(Sun)11:57:13 ★編集
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao