忍者ブログ
「web-magazine GYAN GYAN」では、第三者的な視点でロックを検証してきましたが、当サイトではプライベートな感覚で、より身近にロックを語ってみたいと思います。
  ★ カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[11/14 サキツミベイビー]
[11/13 matsuZACK]
[11/12 サキツミベイビー]
[08/25 matsuZACK]
[08/25 うぃん]
  ★ プロフィール
HN:
matsuZACK
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1962/02/15
自己紹介:
matsuZACKです。
“下天のうちをくらぶれば~”の年齢に到達してしまいました。
ミュージシャンを目指したり、
音楽評論家や文筆業を目指したり、
いろいろと人生の奔流に抵抗してきましたが、
どうやらなすがままに、
フツーの人におさまりつつあります。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ P R
  ★ カウンター
  ★ お天気情報
[562] [561] [560] [559] [558] [557] [556]
★2018/11/04 (Sun)
ここ数年、
文化の日になると、
秋の風情を楽しむべく、
遠出をすることが、
恒例になっています。

昨年は近場の、
成田山新勝寺でしたが、
今年は少し足を伸ばして、
以前に一度訪れたことのある、
野沢温泉と善光寺まで行って来ました。

群馬と長野の県境、
軽井沢から上田のあたりは、
かなり紅葉が進んでいましたが、
野沢近辺はまだ、
紅葉の盛りではありませんでした。

それでも、
このように、
夕陽に映える、
秋の山を画像に収めることができました。



ここは、
あと数ヶ月もすれば、
スキー客で賑わうゲレンデですが、
この季節はほとんど観光客がおらず、
その上、
遊歩道の営業終了時刻直前だったため、
まったく人が写っておりません。

そのせいか、
かえって、
秋の寒々とした情景が際立ったようです。
(実際、かなり寒かったです)

一方、
善光寺に到着したのは昼頃でしたが、
相変わらずの人の多さに驚く一方、
周囲の木々がうっすらと赤くなっていて、
抜けるような青空に対するアクセントになりました。





何度訪れても、
このお寺の壮大さには感心するばかりです。
昔の人が、
人生で一度はお参りに行きたいとしたいたのが、
よくわかります。

さて…

今回は、
景色ばかりで、
鉄道はないのか、
という声が聞こえてきそうですが、
そこは「鉄」なので、
忘れてはおりません。

まずは、
ローカル色豊かな飯山線を走る、
臨時快速「おいこっと」
長野と十日町を結ぶ列車で、
「日本人のこころのふる里」をテーマに、
唱歌「故郷」をイメージしています。



車両はキハ110、
今や日本のローカル線を走る、
主力の気動車に、
独特のカラーリングを施してあります。

飯山駅に停車しているのを見かけ、
画像に収めたのですが、
この駅は柱が多くて、
車両の全景が捉えられず、
ちょっと残念でした。

そして珍しく、
新幹線を収めてみました。



飯山駅に到着した、
北陸新幹線の車両ですが、
昭和の面影が残る飯山の街で、
近代的なデザインに出会うことが珍しくて、
印象に残りました。

本当は、
11月の後半に行きたかったのですが、
泊まりたい宿の予約が取れず、
この時期になりましたが…

考えてみればその頃は、
これまた毎年恒例になっている、
忘年会ライヴの追い込みになり、
旅行どころではないかもしれません。

こうして、
今年も暮れて行くのでしょう。

何ごともなく、
平穏な日々に感謝したいですね。
PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao