忍者ブログ
「web-magazine GYAN GYAN」では、第三者的な視点でロックを検証してきましたが、当サイトではプライベートな感覚で、より身近にロックを語ってみたいと思います。
  ★ カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[11/14 サキツミベイビー]
[11/13 matsuZACK]
[11/12 サキツミベイビー]
[08/25 matsuZACK]
[08/25 うぃん]
  ★ 最新記事
  ★ プロフィール
HN:
matsuZACK
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1962/02/15
自己紹介:
matsuZACKです。
“下天のうちをくらぶれば~”の年齢に到達してしまいました。
ミュージシャンを目指したり、
音楽評論家や文筆業を目指したり、
いろいろと人生の奔流に抵抗してきましたが、
どうやらなすがままに、
フツーの人におさまりつつあります。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ P R
  ★ カウンター
  ★ お天気情報
[564] [563] [562] [561] [560] [559] [558] [557] [556] [555] [554]
★2018/10/21 (Sun)
ついに、
クリームの有名曲を、
一曲まるごと…
ギターソロも完璧に、
コピーしてしまいました。

スゴイ達成感…(笑)

最近、
このように、
ひたすら忠実に音を採る曲が、

「ショック・ミー」(エース・フレーリー)
「10番街の殺人」(ザ・ベンチャーズ)など、

少しずつ増えていて…
これから晩年のレパートリーになるのでは?
と思い、

忘れないように、
反復練習を繰り返しています(笑)
(しばらく放置していると、綺麗さっぱり忘れてしまうので…)


それにしても、
しばらく前に話題になった、
エース・フレーリーは、
クリーム時代のクラプトンのギターから、
相当の影響を受けていて、
かなりのフレーズをいただいているのが、
よくわかりました。

ギターのコピーも、
腰を落ち着けてやってみると、
いろいろな発見があって、
なかなか面白いものです。

さて、
クリームの次のお題は、
ジェフ・ベックの、
これまた有名曲なのですが、
クラプトンと違って、
ベックの場合は、
そこまで綿密に音を採る必要がないので、
気が楽です。

プレイのスタイルは、
あまり得意ではないと言ったものの、
クラプトンは端正にギターを弾く方であり、
その点、
ベックのギターはかなりテキトーと言えます。

ベックのプレイは、
気まぐれ…
つまり、
事前にフレーズを作り込んでいる気配がなく、
その上、
ミストーンを平気で音源に残してしまい、
聴いている方からすると、
これは意識して出た音なのか、
偶然出てしまった音なのか、
判別がつかない部分が多いのです。

その上この方は、
軽やかに、
爪弾くような弾き方をするので、
輪郭がはっきりしないフレーズが、
たくさんあります。

こんなものをいちいち拾ってはいられないし、
聴いている方も、
とりあえず雰囲気を再現していればOK、
という傾向があるので、
まぁ…
気楽だと言えるのです。

(対する、
クラプトンの場合は、
フレーズのひとつひとつを聴かれている感じなので、
要注意です…)

ここに、
ジミー・ペイジの曲を加えると、
かつての3大ギタリストの名曲、
揃い踏み状態になるのですが、
急なメンバー変更があった今回は、
さすがにそこまでは至らず、
次回以降のお楽しみ、
ということになるのでしょうか。

ジミー・ペイジだとなんだろう?
やはり「天国への階段」でしょうか。
そうなると、
例のエレクトリック12弦の出番もあるので、
いいかもしれませんね。

発表から半世紀近くが経過した、
ロックの名曲たちは、
そろそろクラシックになりつつあるのか、
ギターで弾きたい曲が、
かなり限定されてきた感があり、
これも興味深いところです。

ギターは主役なんだけど、
歌やリズムセクションも再現しやすい曲…
これが名曲の条件ですね。


ところで、
1曲を仕上げるために、
この3週間ほど、
ほぼ毎日同じ曲を聴いていて、
他の曲を聞かない状態が続いています。

当然、
新しい音などに触れることもなく、
CDなどをまったく購入しなくなっています。

フルコピーという作業は、
節約モードにも、
効果があるかもしれませんね(笑)
PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao