忍者ブログ
「web-magazine GYAN GYAN」では、第三者的な視点でロックを検証してきましたが、当サイトではプライベートな感覚で、より身近にロックを語ってみたいと思います。
  ★ カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[09/18 matsuZACK]
[09/17 サキツミベイビー]
[09/07 matsuZACK]
[09/07 kisato]
[09/07 matsuZACK]
  ★ プロフィール
HN:
matsuZACK
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1962/02/15
自己紹介:
matsuZACKです。
“下天のうちをくらぶれば~”の年齢に到達してしまいました。
ミュージシャンを目指したり、
音楽評論家や文筆業を目指したり、
いろいろと人生の奔流に抵抗してきましたが、
どうやらなすがままに、
フツーの人におさまりつつあります。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ P R
  ★ カウンター
  ★ お天気情報
[385] [384] [383] [382] [381] [380] [379] [378] [377] [376] [375]
★2015/03/15 (Sun)
なぜか最近、
これにハマっております。
THE BYRDS『Younger than yesterday』(1967年発表)

ピンク・フロイドやソフト・マシーン、
ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレイターからの影響かもしれませんが、
私は1960年代末期、
アメリカは西海岸のサイケデリック・ミュージックに
惹かれるものがありまして…

この数年でも、
ジェファーソン・エアプレイン関連のホット・ツナや、
グレイトフル・デッドなどの
紙ジャケ再発シリーズを揃えたりしておりました。

どこがよいかと言われると、
サーファーやバイカーに見られる、
特有のファッションも含めて、
音というより、
(というか、音はカテゴライズしにくい)
あの雰囲気が心地よいのです。
モヤ〜なのにキラキラーっ
ナチュラルなのに非日常!
みたいな…(笑)

で…
THE BYRDSはことのほかよろし。

『Younger than yesterday』は、
THE BYRDS通算4枚目のアルバムで、
大ヒットした「Eight miles high(霧の8マイル)」が収録された
『Fifth Dimension』に続く作品。
時代背景としては、
フラワームーブメントがサイケデリックへ発展する過渡期に当たり、
本作はビートルズの『リボルヴァー』に似た雰囲気で、
個々の楽曲もビートルズっぽい…

とくに、
ベースのクリス・ヒルマンは、
モロにポール・マッカートニーの影響を受けているようで、
彼の作になる、
シングルカットされた「Have you seen her face」や
「Thoughts and words」などは、
それこそ『リボルヴァー』に収録されていても、
おかしくない雰囲気です。

また、
デヴィッド・クロスビー作の
「Mind gardens」などは、
それこそ「トゥモロー・ネヴァー・ノウズ」みたいで、
トリップ感もハンパありません。

このポップでちょっとトリップしている感じに、
強力な調味料となっているのが、
ロジャー・マッギンの12弦ギターです。
ビートルズもアクセント的に12弦を使っていますが、
こちらは、
ほぼ定番的に使われており、
その効果はバツグンです。

ちなみに、
モノラルとステレオが選べるなら、
THE BYRDSの場合、
12弦ギター特有の音の深みが楽しめるので、
ステレオの方がよろしい感じです。
(音圧に迫力を求める、
ヴェルヴェット・アンダーグラウンドとは逆パターン)

それにしても、
リッケンバッカー370の12弦仕様はよい音ですなぁ…
THE WHOも同じようなギター(360)をよく使っておりますが、
結局私は、
こんな音が大好きなんですね。

つまり、
モヤ~なのにキラキラーっ(笑)

ストラトやテレキャスを好み、
ジャカジャカしたカッティングやアルペジオが大好きな私には、
この音はたまりません。
リッケンバッカーやグレッチ、
ギルドなどのシングルコイルPUは、
堅い音の割りには抜けが悪いので、
この種のサウンドにはバッチリなのです。

そういえば、
AC/DCのマルコム・ヤングもこんな音ですね。
(アンガスのSGのブットイ音の影で、
ジャカジャカッ…でも、あの2本が重ならないとイカンのです)

最近、
歪んだ音や伸びる音を敬遠する傾向に拍車がかかっておりまして、
やっぱ。
ギブソンのヘムバッキング系とはお友達になれませんなぁ…
と痛感していた最中に出会った
THE BYRDS。
歌詞の世界も、
まさに、
ナチュラルなのに非日常!なので、
退屈な毎日にはピッタリです(笑)
PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao