忍者ブログ
「web-magazine GYAN GYAN」では、第三者的な視点でロックを検証してきましたが、当サイトではプライベートな感覚で、より身近にロックを語ってみたいと思います。
  ★ カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20
22 23 24 25 26 27
29 30 31
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[05/29 サキツミベイビー]
[05/26 サキツミベイビー]
[05/24 matsuZACK]
[05/23 サキツミベイビー]
[05/23 サキツミベイビー]
  ★ プロフィール
HN:
matsuZACK
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1962/02/15
自己紹介:
matsuZACKです。
“下天のうちをくらぶれば~”の年齢に到達してしまいました。
ミュージシャンを目指したり、
音楽評論家や文筆業を目指したり、
いろいろと人生の奔流に抵抗してきましたが、
どうやらなすがままに、
フツーの人におさまりつつあります。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ P R
  ★ カウンター
  ★ お天気情報
[126] [125] [124] [123] [122] [121] [120] [119] [118] [117] [116]
★2010/03/07 (Sun)
今年の初めに、
紙ジャケSHM-CD仕様で再発された、
イタリアのゴブリン(GOBLIN)というバンドの
セカンドアルバム『ROLLER』(1976年)は、
LP時代から私の愛聴盤でした。



ゴブリンは、
「サスペリア」や「ゾンビ」といった、
ホラー映画のサウンドトラックを担当したことで有名になりました。
おかげで、
彼らはサントラ専門のバンドと思われていますが、
じつはそればかりではなく、
『ROLLER』ともう1枚のオリジナルアルバムを残す、
レッキとしたロックバンドなのでありました。

メンバーが、
イタリアを代表するスタジオミュージシャンで構成されているので、
テクニック面では申し分なく、
またサントラが得意なため、
映像が浮かんでくるようなイマジネイション豊かな曲が多く、
もっと評価されてしかるべきバンドだと思います。

『ROLLER』はそんな彼らのセカンドアルバムで、
全編インストのオリジナル作品です。
曲調は…、
当時世界的に流行の兆しを見せていた、
フュージョンの走りというか…、
マハビシュヌ・オーケストラや
リターン・トゥ・フォーエヴァーの影響を感じさせる、
シャープなジャズロックを主体としながらも、
そこはイタリアですから…(笑)、
しっかりとクラシック(それもバロック調)の要素が加味された、
独特の音になっています。

このジャズロック+クラシックという構図は、
かなりカッコいいと思うのですが、
世界的規模ですと案外と見当たらない音のようです。

これが、
1970年代中盤のイタリア周辺に、
なぜかドッと固まっており、
今回『ROLLER』を聴いて、
また認識を新たにしたというわけです。

『ROLLER』に近いところといえば、
ノヴァ(NOVA)の『VIMANA』(やはり1976年)という作品が
かなりの傑作なのですが、
こちらはイタリアのメンバーを中心に、
なんと、
ドラムにナーラダ・マイケル・ウォルデン、
ベースにパーシー・ジョーンズが全面参加しており、
ジャズだけでなく、
ソウルに近い要素も加味させた内容になっており、
その独特の透明感には目を見張るものがあります。



イタリアのプログレ系で、
ジャズっぽいインストを得意としているバンドには、
「アルティ エ メスティエリ」(ARTI E MESTIERI:1974年デビュー)
という大御所がおり、
こちらはクラシックだけでなく、
地中海の民族音楽の要素がたっぷり盛り込まれておりますが、
“イタリアの手数王”と呼ばれるドラマー、
フリオ・キリコが在籍していることもあって、
国内では別格扱いになっていたようです。
ゴブリンは、
このバンドを目標に結成されたとか…。

さて…、
ひさびさに聴いた『ROLLER』ですが、
やはりホラー映画のサントラが得意なだけあって、
最近ハマっている山岸凉子作品のBGMとしてサイコーであります。(笑)
有名な「エクソシスト」のリフレインに
そっくりなフレーズが出てくる個所もあったりして、
オカルティックな雰囲気でいっぱいです。

この頃のイタリアンロックっていいと思うのですが、
わりとマニアの間では評判が悪くて…、
困りますなぁ〜。(笑)
PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
★イタリアン★
ジャズロック+クラシックも気になりつつ、ノヴァ(NOVA)の『VIMANA』が気になります。

ところで、忍ブロ、4年ほどいたのだけど今回WordPress.comに引越ししました。
リンク変更よろしくお願いします。
Kuu http://kisatomii.wordpress.com/
kisato 2010/03/10(Wed)22:54:32 ★編集
★リンク先修正しました★
が…、
なんか新しい場所は、
いままでと雰囲気違いません?
武闘派になりつつある?(笑)
matsuZACK 2010/03/11(Thu)20:48:16 ★編集
★踊る踊る~♪★
お手数おかけしました。
とてもいい使い心地ですよぉ。
ZACKさんもおいでおいでーw
忍ブロ、最近特に調子悪いし管理画面は広告うざくて重くなったし・・。
UTF-8 MT形式でエクスポートすれば、
wordpressにあっという間にインポートできちゃいます。
無料でウェブ上でできるのに、とても便利な機能がデフォルトで入ってます。
機能紹介 ? WordPress.com http://ja.wordpress.com/features/

え?舞踏派? ん?武闘派? えーーーっ(笑)
kisato 2010/03/11(Thu)23:50:25 ★編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする★
NOVA / VIMANA
ZACKさんとこで紹介されてたプログレ記事で、 読んでるうち是非聴きたくなったのがこれ。 紹介記事ではアルバムジャケと あとはほんのちらっと 『ROLLER』に似てるということで紹介されてる。 ナラダさんの名前や「独特の透明感」などというキーワードに飛びついた。 (似てるという『ROLLER』はオカルティックな雰囲気でいっぱいらしく、 チェックしたいようなしたくないような) 今回来日したジェフ・ベックのライブでの ナラダさんらリズム隊は素晴らしかったらしい 行った人いいなぁ このアルバム聴いてみると...
URL 2010/04/14(Wed)00:13:33
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao