忍者ブログ
「web-magazine GYAN GYAN」では、第三者的な視点でロックを検証してきましたが、当サイトではプライベートな感覚で、より身近にロックを語ってみたいと思います。
  ★ カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10
11 13 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[06/09 matsuZACK]
[06/09 サキツミベイビー]
[05/16 matsuZACK]
[05/15 サキツミベイビー]
[01/14 matsuZACK]
  ★ 最新記事
  ★ プロフィール
HN:
matsuZACK
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1962/02/15
自己紹介:
matsuZACKです。
“下天のうちをくらぶれば~”の年齢に到達してしまいました。
ミュージシャンを目指したり、
音楽評論家や文筆業を目指したり、
いろいろと人生の奔流に抵抗してきましたが、
どうやらなすがままに、
フツーの人におさまりつつあります。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ P R
  ★ カウンター
  ★ お天気情報
[124] [123] [122] [121] [120] [119] [118] [117] [116] [115] [114]
★2010/02/21 (Sun)
どうやら太宰治がブームのようで、
“ケタはずれのだめんず”などと言われていますが、
一方では“ケタはずれの文才”を持っていたわけで…、
それゆえにあの生き方が受け入れられているのだという、
もっともカンジンな部分が伝わっていないような気がする、
今日この頃です。

文学界には“だめんず”がたくさんおり、
種田山頭火などはその大御所的存在といえますが、
彼の美しい妻は、
生涯この“だめんず”と縁を切ることができませんでした。

大河ドラマ「龍馬伝」の視聴率が高いようですが、
坂本龍馬という人も、
出来の悪い末っ子だったと言われており、
周囲の女性からあれこれと世話を焼かれたようですが、
これもまた“だめんず”の匂いがします。

太宰の場合はルックスがよかったこともあるのでしょうが、
どうも基本的に、
“だめんず”は女性にモテるようですね。(笑)

さて、
その“だめんず”と正反対の存在として、
日本人に愛され続けているのが、
宮本武蔵です。

宮本武蔵については、
吉川英治の小説が一世を風靡したためか、
それが真実のような印象を受けてしまいますが、
実際は、
晩年以外はほとんど記録がなく、
詳しいことは不明だそうです。

ただ、
腕が立ったことだけは事実で、
生涯60数度の他流試合(もちろん真剣勝負)を経験し、
一度も負けたことがなかったということです。

最近では、
私の大好きな漫画家のひとり、
井上雄彦さんの「バガボンド」が宮本武蔵を描いておりますが、
(佳境に入ってきましたね〜)
この作品もベースは吉川英治版です。

ここで、
ストイックな求道者たる武蔵の対極として描かれているのが、
幼なじみの本位田又八で、
これがまた見事な“だめんず”ぶりを発揮しております。

我々日本人は、
武蔵の生き方に大いに共感を覚えるわけですが、
いやいや…、
ほとんどの人はこちらですよ、
という役を吉川先生に与えられたのが、
又八なのです。

おもしろいのは、
ここでも、
剣一筋の武蔵より、
“だめんず”の又八の方が、
女性との関わりが多いことです。

世の女性たちは、
武蔵のようなストイックなアウトローにあこがれつつも、
又八のような人間臭い弱さに安心感を抱くのでしょうね。

芸術家を目指していた私は、
退廃的なものを好んでいたので、
もちろん“だめんず”的な生き方にアコガレましたが、
こればかりは性格でしょうね…、
どうしても宮本武蔵になってしまいます。(笑)
いわゆる、ストイックな求道者…。
で、なんでも突き詰めすぎて、
そんな自分にイヤ気がさすことがしばしばあります。

なりそうでなれない“だめんず”…。
そう考えると、
これもまたひとつの才能といえるのでしょうか?
そうすると、
今の太宰治に対する評価は正しいのかもしれません。
つまり、
文学の才能よりも“だめんず”の才能の方が上だという…。(笑)

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする★
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao