忍者ブログ
「web-magazine GYAN GYAN」では、第三者的な視点でロックを検証してきましたが、当サイトではプライベートな感覚で、より身近にロックを語ってみたいと思います。
  ★ カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[09/18 matsuZACK]
[09/17 サキツミベイビー]
[09/07 matsuZACK]
[09/07 kisato]
[09/07 matsuZACK]
  ★ プロフィール
HN:
matsuZACK
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1962/02/15
自己紹介:
matsuZACKです。
“下天のうちをくらぶれば~”の年齢に到達してしまいました。
ミュージシャンを目指したり、
音楽評論家や文筆業を目指したり、
いろいろと人生の奔流に抵抗してきましたが、
どうやらなすがままに、
フツーの人におさまりつつあります。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ P R
  ★ カウンター
  ★ お天気情報
[120] [119] [118] [117] [116] [115] [114] [113] [112] [111] [110]
★2010/01/31 (Sun)
デイヴ・グロール。

元ニルヴァーナ、フー・ファイターズ、
現在はゼム・クルックド・ヴァルチャーズのドラマー…。

ニルヴァーナもフー・ファイターズもしっかり聴いたことのない私なので、
いつからそうなのかはよくわからないのですが、
『ゼム・クルックド・ヴァルチャーズ』を聴いたかぎりでは、
この人こそ、
ジョン・ボーナムの再来!!!
でたーっ、て感じであります。(笑)

ゼム・クルックド・ヴァルチャーズのベースは、
あのジョン・ポール・ジョーンズで、
ジェイソン・ボーナム&ジミー・ペイジとの
レッド・ツェッペリン再結成をソデにして、
このトリオに合流したということでもあり、
どうもこのグループは、
並の新人ではなさそうです。

アルバムは全編にわたって、
パワフルなリズムに支配されており、
聴けば聴くほど、
デイヴ・グロールのスゴさが堪能できます。

1曲目などは、
ツェッペリンというよりは、
もろディティクティヴ!
2曲目に至っては、
もろパリス!って感じで、
フォロワーたちのエッセンスが感じられるあたりも、
なかなかのものです。

最近は王道のロックから少し離れていたのですが、
ん〜やっぱりロックはいいなぁ…っと、
少しばかり反省してしまう今日この頃です。

それほど、
このグループ、
というより、
このドラマーはスゴい!!!!

機会あればぜひ聴いてください。
昨年12月に発売されたばかりの新譜です。
そして、
感動を共に分ち合いましょう。

興奮し過ぎて、あまり多くを語れません。(笑)






PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
★これは是非とも★
ニルヴァーナもフー・ファイターズもしっかり聴いてるのにこれまだ聴いてないなんて悔しいです(笑) ていうか知らなかった。
聴くぞー
kisato 2010/02/01(Mon)00:01:48 ★編集
★ニルヴァーナもフー・ファイターズも★
私はしっかり聴いていません。
聴くぞーっ、(笑)
matsuZACK 2010/02/03(Wed)20:44:30 ★編集
★なるほどロックだ★
わわわわわかるわかるー聴いてわかった
思ったこと感じたことそのまま正直になんてできないというか。
努めて冷静にならないとネジ取れまくって
後悔するようなこと書いてしまいそうになる~(笑)
変な言い方だけどひさびさにロック聴いた感触
kisato 2010/02/05(Fri)23:48:25 ★編集
★そうです★
これがロックなのだ!(笑)

ジョン・ジーがおとなしめだけど、
6曲目(?だったかな)で、
とつぜんクラビネットが入るあたりで、
あっツェッペリンだっ!
トランプルド・アンダー・フットーっ!(笑)
matsuZACK 2010/02/06(Sat)08:51:20 ★編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする★
Them Crooked Vultures
ゼム・クルックド・ヴァルチャーズ(Them Crooked Vultures)は レッド・ツェッペリンのジョン・ポール・ジョーンズ、 フー・ファイターズのデイヴ・グロール、 クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのジョシュ・オムから成るロックバンド。 matsuZackさんの記事からこのアルバム知って、 これは是非聴かねばと早速聴いた。 ROCKのある風景 ジョン・ボーナムの再来 「かなり久しくロック聴いてなかったんだ。」 このアルバム聴いてて私も思った いや、聴いてた・・...
URL 2010/02/06(Sat)22:15:37
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao