忍者ブログ
「web-magazine GYAN GYAN」では、第三者的な視点でロックを検証してきましたが、当サイトではプライベートな感覚で、より身近にロックを語ってみたいと思います。
  ★ カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
16 18 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29
30 31
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[07/23 matsuZACK]
[07/18 サキツミベイビー]
[07/18 サキツミベイビー]
[07/09 matsuZACK]
[07/03 サキツミベイビー]
  ★ 最新記事
  ★ プロフィール
HN:
matsuZACK
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1962/02/15
自己紹介:
matsuZACKです。
“下天のうちをくらぶれば~”の年齢に到達してしまいました。
ミュージシャンを目指したり、
音楽評論家や文筆業を目指したり、
いろいろと人生の奔流に抵抗してきましたが、
どうやらなすがままに、
フツーの人におさまりつつあります。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ P R
  ★ カウンター
  ★ お天気情報
[495] [494] [493] [492] [491] [490] [489] [488] [487] [486]
★2017/06/25 (Sun)
『Guitar magazine』の快進撃は止まることを知らず…

今年の年明けから、
ブルース、
ジャズファンク、
1970〜80年代の歌謡曲、
ロックンロール(チャック・ベリー)
と続き、
今回は『モータウンの歩き方』…



モータウンを支えたギタリスト達に
スポットを当てた特集でした。

この雑誌を、
7ヶ月で5冊も購入するとは、
ここ20年以上なかったことですが、
どの特集もかなりマニアックで、
読み応えのあるものばかり…

おかげで、
CDのコレクションも着実に増え、
音楽三昧の日々を送っております。

さて、
今回のモータウンの特集は、
ヒット曲量産の裏に、
凄腕ギタリスト達の職人芸があった、
というテーマになっていますが、

これは、
我が国における、
1970~80年代の歌謡曲のシーンとよく似ており、
(同じような切り口で特集されていたので非常にわかりやすい…)
当時の日本の音楽界が、
アメリカを規範にしていたことがよくわかります。

そして、
こういう特集を読めば読むほど、
若き日の自分がいかに間違っていたか、
思い知らされてしまいます。

バンドを組み、
いい楽曲を書いて世に出る…
じつはそれ以前に必要なことがあったのです。

それは…

スタジオセッションなどを通じて、
ギタリストとしての基本テクニックを身につけること。
さらに、
その制限された作業の中でも個性を発揮し、
周囲の評価を得ること。

ミュージシャンとして、
最低限のマナーは身につけておかないと、
生涯の仕事にはならないのです。

他の仕事と同じですね。

したがって、
学校へ行きながら(アルバイト感覚)ではなく、
生活の全てを賭けるようでないと。
モノにならないのです。

若い頃に、
そこまでの考えに至っていれば、
音楽を職業にすることは可能だったかもしれませんが、
それはなかったなぁ…

もっとも、
今の時代に、
プロのミュージシャンでいることの是非は別の話ですね。
我々の感覚では少々居心地が悪いかもしれません。

1970年代…
少し妥協して、
1980年代までがせいぜい、
だったのではないでしょうか。

そう考えると、
あと10年早く生まれていたら…
などと思うことしばし(笑)

今回の『モータウンの歩き方』で紹介されている作品の多くは、
さすがに聴いたことのあるものばかりですが、
中には未聴のものも多く(当時、意識的に避けていたモノ多し…)
これから聴き直してみようと思うCDが数枚ありました。

最近目指しているのは、
職人的アマチュアギタリスト…
ってどういうことでしょう?(笑)

基本テクニックはあり、
理論もわかるぐらいだが、
アマチュアみたいな…
どーだろねーっ?
ますますわからなくなってきましたよ(笑)
PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
★モーターシティ★
買った買った!表紙のデザインが秀逸!モータウンの映画も見たけど、このギター特集も素晴らしい。個人的にはデヴィッドTと「MY GIRL」のイントロのギター、ロバート・ホワイトがお気にです。ワウワウが出てきたのもジミヘンやCREAMのサウンドが無視できなかったからでしょう。あと同じ曲をマーヴィンやミラクルズ、4TOPSなどがかぶって演ってるけどアレンジやリズムが違うので全然別物に聞こえて奥が深い。侮れないのはJ WALKERね。すげぇ~泥臭いFUNKでBASSのジェマーソンが最高だ。72年だったかエドウィン・スターの来日ライブ見て、ギターが日系みたいだったけどアフロ・ヘアで16ビートのワウワウ決めていたっけ。クール&ギャングと並んで思い出深い。モータウンがデトロイトからLAに移動したときあんな良いミュージシャンを皆解雇していったのはもったいなかった。LAのレッキング・クルーもよいけどモータウンのマジックは消えたね。
サキツミベイビー 2017/06/26(Mon)11:46:57 ★編集
★読みごたえがありますね★
じっくり読んでいるので、
まだ終わりません。

テンプテーションズに、
あんなブッ飛んだアルバムがあるとは、
知りませんでした。

シュープリームス後のダイアナ・ロスは、
ほとんど聴いていないのですが、
これもよさげなアルバムがあり…

気になる曲はHMVのHPで試聴できるのが、
ありがたいことです。

便利になりましたね。
matsuZACK 2017/06/28(Wed)12:29:55 ★編集
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao