忍者ブログ
「web-magazine GYAN GYAN」では、第三者的な視点でロックを検証してきましたが、当サイトではプライベートな感覚で、より身近にロックを語ってみたいと思います。
  ★ カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14
17 18 19 20 21 22
23 25 26 27 28 29
  ★ フリーエリア
  ★ 最新コメント
[02/25 matsuZACK]
[02/25 shiba]
[12/30 matsuZACK]
[12/30 shiba]
[12/29 matsuZACK]
  ★ 最新記事
  ★ プロフィール
HN:
matsuZACK
年齢:
58
性別:
男性
誕生日:
1962/02/15
自己紹介:
matsuZACKです。
“下天のうちをくらぶれば~”の年齢に到達してしまいました。
ミュージシャンを目指したり、
音楽評論家や文筆業を目指したり、
いろいろと人生の奔流に抵抗してきましたが、
どうやらなすがままに、
フツーの人におさまりつつあります。
  ★ バーコード
  ★ ブログ内検索
  ★ P R
  ★ カウンター
  ★ お天気情報
[622] [621] [620] [619] [618] [617] [616] [615] [614] [613] [612]
★2019/12/15 (Sun)
MANDARA2でのライブ忘年会の翌週…

まだその余韻が抜け切れていない、
12月11日(水)に、
KISSの東京公演へ行って来ました。

巷では、
X-JAPANのYOSHIKIがアンコールに登場し、
「Beth」でピアノを弾き、
「Rock And Roll All Nite」でドラムを叩き話題になった、
あの瞬間を、
私も共有したというわけです。

私がKISSのコンサートに行ったのは、
1977年の初来日(高校入学の年でした)と、
翌1978年の2回目の来日の際…
そう…
初来日から数えると、
じつに42年が経過したことになります。

今回は、
ジーンがもうツアーをやめたいと言っているようで、
本当に“ファイナル”になる可能性があったので、
チケットを購入しました。

さて、

私をROCKの世界へと誘ったKISSですが、
その後いろいろな音楽に興味を持つに従い、
徐々に関心が薄くなり、
高校3年の頃(1979年)には、
まったく見向きもしなくなり、

ピーターが抜けた…
メイクをとって素顔になった…
エースが抜けた…
エリック・カーが亡くなった…
という彼らの波乱万丈の道のりも、
他人事のように眺めていたのでした。

そんなKISSの動向が気になり始めたのは、
再びメイクをして、
オリジナルメンバーに戻った、
2000年あたりからなのですが…

これは、
紆余曲折の末、
彼らが出した結論…

変化、
というか進化することをやめたことで、
その完成度が際立ったことによります。

この頃から、
ひそかに、
エースのプレイをコピーしたりしていたのも、
そのためだったと思います。

聴き手である我々も、
少年の頃の感覚に戻って、
単純に楽しめばいい…
それがKISSの楽しみ方であり、
彼らが到達した、
揺るぎないコンセプトなのでしょう。

それを確信したのが、
今回の彼らのステージでした。

さて、
当日のセットリストは以下の通りです。
(例によって by SHIBAやん)

1. Detroit Rock City
2. Shout It Out Loud
3. Deuce
4. Say Yeah
5. I Love It Loud
6. Heaven's On Fire
7. War Machine
8. Lick It Up
9. Calling Dr. Love
10. 100,000 Years
11. Cold Gin
12. God Of Thunder
13. Psycho Circus
14. Let Me Go, Rock'n'Roll
15. Love Gun
16. I Was Made For Lovin' You
17. Crazy Crazy Nights
18. Black Diamond
アンコール
19. Beth
20. Rock And Roll All Nite

オープニング、
ラスト、
アンコール…
要所の曲が、
初来日とまったく同じであるだけでなく、
ステージの構成もほぼ同じでした。

そう、
彼らは見事と言えるほど、
変わっていなかったのです。

ジーンが火を吹き、
血を吐き、
ドラムキットがせり上がり、
号砲が轟く…

う〜ん
やっぱりKISSはスゴイ。

さすがに、
ギターがエースではなかったので、
レスポールのフロントピックアップの位置から、
スモークを吐き出すソロはやらなかったものの、
『KISS ALIVE』と同じ、
「100,000 Years」の長尺のドラムソロが再現されたのは、
感激でした。
(そして、エリック・シンガーのプレイが素晴らしかった)

選曲を見ると、
ファースト・アルバムから4曲、
名盤『Destroyer』から4曲…
何度も言っていることですが、
彼らはデビューの時点で、
すでに完成されていたのです。

そう考えると、
本当に彼らの凄さがわかります。

席はアリーナで、
ステージ正面のベストポジション…
加えて、
ポールが飛んで来る櫓に近かったため、
大騒ぎになってしまいました。

↓ポールがこんな近くに…



ポールに「ありがとう」と言いたかったですね。

そして、
完全にミーハーになった私は、
このようなグッズまで購入し、
燃え尽きたのでありました(笑)
(ついでに風邪ひいた)





このように、
少年に戻る日があってもいいなぁ。
PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
★風邪★
風邪移しちゃいましたか、すみません。
shiba 2019/12/15(Sun)18:13:37 ★編集
★風邪★
まぁ…あれだけ騒いで、
汗かけば…ですね。 

疲れも溜まっていたかもしれません。 
年齢を考えると、
無理しないことですな(笑)
matsuZACK 2019/12/15(Sun)22:01:13 ★編集
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao